Microsoft.AspNetCore.Identity 名前空間

ASP.NET Core で Id を持つ Entity Framework Core を使用するための型が含まれています。

クラス

AspNetRoleManager<TRole>

永続化ストアでロールを管理するための Api を提供します。

AspNetUserManager<TUser>

永続化ストアでユーザーを管理するための Api を提供します。

AuthenticatorTokenProvider<TUser>

認証子コードの検証に使用されます。

ClaimsIdentityOptions

既知のクレームに使用される要求の種類を構成するために使用されるオプション。

DataProtectionTokenProviderOptions

のオプションを格納 DataProtectorTokenProvider<TUser> します。

DataProtectorTokenProvider<TUser>

Id トークンの保護と検証を提供します。

DefaultPersonalDataProtector

IPersonalDataProtectorとを使用して ILookupProtectorKeyRingILookupProtector {キー id}: {protectedData} のペイロード形式でデータを保護するの既定の実装

DefaultUserConfirmation<TUser>

IUserConfirmation<TUser> の既定の実装。

EmailTokenProvider<TUser>

TokenProvider は、ユーザーのセキュリティスタンプからトークンを生成し、電子メールでユーザーに通知します。

ExternalLoginInfo

ユーザーレコードのログイン情報、ソース、および外部ソースプリンシパルを表します。

IdentityBuilder

Id サービスを構成するためのヘルパー関数。

IdentityBuilderExtensions

Id サービスを構成するためのヘルパー関数。

IdentityBuilderUIExtensions

の既定の UI 拡張機能 IdentityBuilder

IdentityConstants

Id システムで使用される cookie ミドルウェアの構成に使用できるすべてのオプションを表します。

IdentityCookieAuthenticationBuilderExtensions

Id サービスを構成するためのヘルパー関数。

IdentityCookieOptions

Id システムによるクッキーミドルウェア uesd の構成に使用できるすべてのオプションを表します。

IdentityCookiesBuilder

Id クッキーオプションを構成するために使用します。

IdentityError

Id サブシステムからのエラーをカプセル化します。

IdentityErrorDescriber

アプリケーションに接続する id エラーのローカライズを有効にするサービス。

IdentityMarkerService

ServiceCollection で AddIdentity が呼び出されたことを確認するために使用されます

IdentityOptions

Id システムの構成に使用できるすべてのオプションを表します。

IdentityResult

ID 操作の結果を表します。

IdentityRole

IdentityRole<TKey>主キーとして文字列を使用するの既定の実装。

IdentityRole<TKey>

Id システムのロールを表します。

IdentityRoleClaim<TKey>

ロール内のすべてのユーザーに付与されるクレームを表します。

IdentityUser

IdentityUser<TKey>主キーとして文字列を使用するの既定の実装。

IdentityUser<TKey>

Id システムのユーザーを表します。

IdentityUserClaim<TKey>

ユーザーが所有するクレームを表します。

IdentityUserLogin<TKey>

ユーザーのログインとそれに関連付けられているプロバイダーを表します。

IdentityUserRole<TKey>

ユーザーとロールの間のリンクを表します。

IdentityUserToken<TKey>

ユーザーの認証トークンを表します。

LockoutOptions

ユーザーロックアウトを構成するためのオプション。

PasswordHasher<TUser>

標準の Id パスワードのハッシュを実装します。

PasswordHasherOptions

パスワードハッシュのオプションを指定します。

PasswordOptions

パスワード要件のオプションを指定します。

PasswordValidator<TUser>

Id の既定のパスワードポリシーを提供します。

PersonalDataAttribute

あるものが個人データと見なされることを示すために使用されます。

PhoneNumberTokenProvider<TUser>

ユーザーのセキュリティスタンプからトークンを生成し、電話番号を使用してユーザーに送信するトークンプロバイダーを表します。

ProtectedPersonalDataAttribute

あるものが個人データと見なされ、保護される必要があることを示すために使用されます。

RoleManager<TRole>

永続化ストアでロールを管理するための Api を提供します。

RoleStoreBase<TRole,TKey,TUserRole,TRoleClaim>

ロールの永続化ストアの新しいインスタンスを作成します。

RoleValidator<TRole>

ロールの既定の検証を提供します。

SecurityStampRefreshingPrincipalContext

セキュリティー検証イベント中に情報を渡すために使用されます。

SecurityStampValidator

ユーザーのセキュリティスタンプに対してクッキーを検証するための CookieAuthenticationNotifications を構成するために使用される静的ヘルパークラス。

SecurityStampValidator<TUser>

セキュリティスタンプの検証関数の既定の実装を提供します。

SecurityStampValidatorOptions

のオプション ISecurityStampValidator です。

SignInManager<TUser>

ユーザーサインイン用の Api を提供します。

SignInOptions

サインインを構成するためのオプション。

SignInResult

サインイン操作の結果を表します。

StoreOptions

ストア固有のオプションに使用されます

TokenOptions

ユーザートークンのオプション。

TokenProviderDescriptor

の TokenMap 内のトークンプロバイダーを表すために使用され TokenOptions ます。

TotpSecurityStampBasedTokenProvider<TUser>

ユーザーのセキュリティスタンプを使用して時間ベースのコードを生成するトークンプロバイダーを表します。

TwoFactorSecurityStampValidator<TUser>

2要素 id cookie セキュリティスタンプの検証を担当します。

UpperInvariantLookupNormalizer

ILookupNormalizerキーを大文字と小文字を区別するカルチャ表現に変換することによってを実装します。

UserClaimsPrincipalFactory<TUser>

指定されたユーザーの要求プリンシパルを作成するメソッドを提供します。

UserClaimsPrincipalFactory<TUser,TRole>

指定されたユーザーの要求プリンシパルを作成するメソッドを提供します。

UserLoginInfo

ユーザーレコードのログイン情報とソースを表します。

UserManager<TUser>

永続化ストアでユーザーを管理するための Api を提供します。

UserOptions

ユーザー検証のオプション。

UserStoreBase<TUser,TKey,TUserClaim,TUserLogin,TUserToken>

指定されたユーザー型の永続化ストアの新しいインスタンスを表します。

UserStoreBase<TUser,TRole,TKey,TUserClaim,TUserRole,TUserLogin,TUserToken,TRoleClaim>

指定されたユーザーおよびロールの種類に対する永続化ストアの新しいインスタンスを表します。

UserValidator<TUser>

ユーザークラスの検証サービスを提供します。

インターフェイス

ILookupNormalizer

検索のためにキー (電子メール/名前) を標準化するための抽象化を提供します。

ILookupProtector

特定のキーを使用して参照の保護/保護解除を行うために使用されます。

ILookupProtectorKeyRing

参照を保護するために使用される名前付きキーを管理するために使用される抽象化です。

IPasswordHasher<TUser>

パスワードをハッシュするための抽象化を提供します。

IPasswordValidator<TUser>

パスワードを検証するための抽象化を提供します。

IPersonalDataProtector

個人データの暗号化に使用される抽象化を提供します。

IProtectedUserStore<TUser>

ストアがフラグをサポートしていることを通知するために使用されるマーカーインターフェイス ProtectPersonalData

IQueryableRoleStore<TRole>

ロールストア内のロールに対してクエリを実行するための抽象型を提供します。

IQueryableUserStore<TUser>

ユーザーストア内のユーザーに対してクエリを実行するための抽象化を提供します。

IRoleClaimStore<TRole>

ロール固有の要求のストアの抽象化を提供します。

IRoleStore<TRole>

ロールのストレージと管理の抽象化を提供します。

IRoleValidator<TRole>

ロールを検証するための抽象化を提供します。

ISecurityStampValidator

受信 id のセキュリティスタンプを検証し、検証結果に基づいて id を再生成または拒否するための抽象化を提供します。

ITwoFactorSecurityStampValidator

クライアント cookie のセキュリティスタンプを記憶する2つの要素を検証するために使用されます。

IUserAuthenticationTokenStore<TUser>

ユーザーの認証トークンを格納するための抽象化を提供します。

IUserAuthenticatorKeyStore<TUser>

ユーザーの認証子に関する情報を格納するストアの抽象化を提供します。

IUserClaimsPrincipalFactory<TUser>

ユーザーからを作成するためのファクトリの抽象化を提供 ClaimsPrincipal します。

IUserClaimStore<TUser>

ユーザーの要求のストアの抽象化を提供します。

IUserConfirmation<TUser>

ユーザーアカウントの確認のための抽象化を提供します。

IUserEmailStore<TUser>

ユーザーの電子メールアドレスを保存および管理するための抽象化を提供します。

IUserLockoutStore<TUser>

アカウントのロックアウトを実装するために使用できる情報を格納するための抽象化を提供します。これには、アクセスエラーやロックアウトの状態などが含まれます。

IUserLoginStore<TUser>

Microsoft アカウント、Facebook などによって提供される外部ログイン情報をユーザーアカウントにマップする情報を格納するための抽象化を提供します。

IUserPasswordStore<TUser>

ユーザーのパスワードハッシュを格納するストアの抽象化を提供します。

IUserPhoneNumberStore<TUser>

ユーザーの電話番号を含むストアの抽象化を提供します。

IUserRoleStore<TUser>

ユーザーをロールにマップするストアの抽象化を提供します。

IUserSecurityStampStore<TUser>

ユーザーのセキュリティスタンプを格納するストアの抽象化を提供します。

IUserStore<TUser>

ユーザーアカウントを管理するストアの抽象化を提供します。

IUserTwoFactorRecoveryCodeStore<TUser>

ユーザーの回復コードを格納するストアの抽象化を提供します。

IUserTwoFactorStore<TUser>

ユーザーが2要素認証を有効にしているかどうかを示すフラグを格納するための抽象化を提供します。

IUserTwoFactorTokenProvider<TUser>

2要素トークンジェネレーターの抽象化を提供します。

IUserValidator<TUser>

ユーザー検証の抽象化を提供します。

列挙型

PasswordHasherCompatibilityMode

パスワードのハッシュに使用する形式を指定します。

PasswordVerificationResult

パスワードの検証の結果を指定します。

注釈

Id の詳細については、「 ASP.NET Core の id の概要」を参照してください。