MvcViewOptions クラス

定義

MVC フレームワーク内のビューのプログラムによる構成を提供します。

public ref class MvcViewOptions
public ref class MvcViewOptions : System::Collections::Generic::IEnumerable<Microsoft::AspNetCore::Mvc::Infrastructure::ICompatibilitySwitch ^>
public class MvcViewOptions
public class MvcViewOptions : System.Collections.Generic.IEnumerable<Microsoft.AspNetCore.Mvc.Infrastructure.ICompatibilitySwitch>
type MvcViewOptions = class
type MvcViewOptions = class
    interface seq<ICompatibilitySwitch>
    interface IEnumerable
Public Class MvcViewOptions
Public Class MvcViewOptions
Implements IEnumerable(Of ICompatibilitySwitch)
継承
MvcViewOptions
実装

コンストラクター

MvcViewOptions()

プロパティ

AllowRenderingMaxLengthAttribute

互換性のある HTML 要素がいずれかの属性でマークされた StringLengthAttribute モデルにバインドされているときに、maxlength 属性をレンダリングするかどうかを示す値を取得または MaxLengthAttribute 設定します。

ClientModelValidatorProviders

インスタンスの一覧を IClientModelValidatorProvider 取得します。

HtmlHelperOptions

HTML ヘルパーおよび ViewContext.

SuppressTempDataAttributePrefix

注釈が付TempDataAttributeけられたプロパティのキーにITempDataDictionaryプレフィックス TempDataProperty-が含まれるかどうかを決定する値を取得または設定します。

指定しない場合 Key 、注釈付きの TempDataAttribute プロパティの参照キーは、プロパティ名から派生します。 ASP.NET Core 2.1 より前のリリースでは、計算されるキーは、TempDataProperty-という値のプレフィックスが付いたプロパティ名でした。 たとえば、 TempDataProperty-SuccessMessage などです。 このオプションが true の場合、プロパティの計算キーはプロパティ名 ( SuccessMessage など) です。

既定値は false です

ViewEngines

このアプリケーションで使用されるリストを取得します IViewEngine

明示的なインターフェイスの実装

IEnumerable.GetEnumerator()
IEnumerable<ICompatibilitySwitch>.GetEnumerator()

適用対象