ProducesErrorResponseTypeAttribute クラス

定義

で注釈が付けられたコントローラーによって既定で返される型を指定し ApiControllerAttribute ます。

TypeProducesResponseTypeAttribute値が指定されていない場合に、クライアントエラー (HTTP ステータスコード 4xx) のに関連付けられたエラーモデルの種類を指定します。 値が指定されていない場合、MVC では、クライアントエラーの種類として、 ProblemDetails マッピングクライアントエラー () が使用されていると想定され ClientErrorMapping ます。

Attributeアプリケーションでカスタムエラーの種類を使用して応答する場合は、この値を使用して既定のエラーの種類を構成します。

public ref class ProducesErrorResponseTypeAttribute sealed : Attribute
[System.AttributeUsage(System.AttributeTargets.Assembly | System.AttributeTargets.Class | System.AttributeTargets.Method, AllowMultiple=false, Inherited=true)]
public sealed class ProducesErrorResponseTypeAttribute : Attribute
[<System.AttributeUsage(System.AttributeTargets.Assembly | System.AttributeTargets.Class | System.AttributeTargets.Method, AllowMultiple=false, Inherited=true)>]
type ProducesErrorResponseTypeAttribute = class
    inherit Attribute
Public NotInheritable Class ProducesErrorResponseTypeAttribute
Inherits Attribute
継承
ProducesErrorResponseTypeAttribute
属性

コンストラクター

ProducesErrorResponseTypeAttribute(Type)

ProducesErrorResponseTypeAttribute の新しいインスタンスを初期化します。

プロパティ

Type

既定のエラーの種類を取得します。

適用対象