RequestFormLimitsAttribute クラス

定義

に指定された制限を設定し Form ます。

public ref class RequestFormLimitsAttribute : Attribute, Microsoft::AspNetCore::Mvc::Filters::IFilterFactory, Microsoft::AspNetCore::Mvc::Filters::IOrderedFilter
[System.AttributeUsage(System.AttributeTargets.Class | System.AttributeTargets.Method, AllowMultiple=false, Inherited=true)]
public class RequestFormLimitsAttribute : Attribute, Microsoft.AspNetCore.Mvc.Filters.IFilterFactory, Microsoft.AspNetCore.Mvc.Filters.IOrderedFilter
[<System.AttributeUsage(System.AttributeTargets.Class | System.AttributeTargets.Method, AllowMultiple=false, Inherited=true)>]
type RequestFormLimitsAttribute = class
    inherit Attribute
    interface IFilterFactory
    interface IFilterMetadata
    interface IOrderedFilter
Public Class RequestFormLimitsAttribute
Inherits Attribute
Implements IFilterFactory, IOrderedFilter
継承
RequestFormLimitsAttribute
属性
実装

コンストラクター

RequestFormLimitsAttribute()

プロパティ

BufferBody

完全な要求本文のバッファリングを有効にします。 複数のコンポーネントで raw ストリームを読み取る必要がある場合は、この値を使用します。 既定値は false です。

BufferBodyLengthLimit

が有効になっている場合 BufferBody 、これはバッファーされる合計バイト数の制限になります。 この制限を超えるフォームは、 InvalidDataException 解析時にをスローします。

IsReusable

の結果を要求間で再利用できるかどうかを CreateInstance(IServiceProvider) 示す値を取得します。

KeyLengthLimit

個々のキーの長さの制限。 この制限を超えるキーを含むフォームは、 InvalidDataException 解析時にをスローします。

MemoryBufferThreshold

BufferBodyが有効になっている場合、本文の多くのバイトがメモリにバッファリングされます。 このしきい値を超えた場合、バッファーはディスク上の一時ファイルに移動されます。 これは、個々のマルチパートセクション本体をバッファリングするときにも適用されます。

MultipartBodyLengthLimit

各マルチパート本体の長さの制限。 この制限を超えるフォームセクションでは、 InvalidDataException 解析時にがスローされます。

MultipartBoundaryLengthLimit

境界識別子の長さの制限。 この制限を超える境界を持つフォームでは、解析時にがスローされ InvalidDataException ます。

MultipartHeadersCountLimit

各マルチパートセクションで許可するヘッダーの数の制限。 同じ名前のヘッダーが結合されます。 この制限を超えるフォームセクションでは、 InvalidDataException 解析時にがスローされます。

MultipartHeadersLengthLimit

各マルチパートセクションのヘッダーキーと値の合計の長さの制限。 この制限を超えるフォームセクションでは、 InvalidDataException 解析時にがスローされます。

Order

フィルターの実行順序を決定するための順序の値を取得します。 フィルターは、プロパティの昇順の数値で実行さ Order れます。

ValueCountLimit

許可するフォームエントリの数の制限。 この制限を超えるフォームは、 InvalidDataException 解析時にをスローします。

ValueLengthLimit

個々のフォーム値の長さに対する制限。 この制限を超える値を含むフォームは、 InvalidDataException 解析時にをスローします。

メソッド

CreateInstance(IServiceProvider)

実行可能フィルターのインスタンスを作成します。

適用対象