IRazorIntermediateNodeLoweringPhase インターフェイス

定義

から中間ノードドキュメントを生成し RazorSyntaxTree ます。

public interface class IRazorIntermediateNodeLoweringPhase : Microsoft::AspNetCore::Razor::Language::IRazorEnginePhase
public interface IRazorIntermediateNodeLoweringPhase : Microsoft.AspNetCore.Razor.Language.IRazorEnginePhase
type IRazorIntermediateNodeLoweringPhase = interface
    interface IRazorEnginePhase
Public Interface IRazorIntermediateNodeLoweringPhase
Implements IRazorEnginePhase
実装

注釈

ドキュメントは、によって最初に生成され IRazorIntermediateNodeLoweringPhase ます。 この時点で、中間ノードパスは実行されませんでした。 既定で IRazorIntermediateNodeLoweringPhase は、構文ツリーから中間ノードへの機械的な変換が実行され、その結果、ほとんどフラットな構造になります。 ドキュメントの種類に応じてドキュメントの構造とセマンティクスを指定するには、これ以降のフェーズが必要です。 既定で IRazorIntermediateNodeLoweringPhase は、インポートされたドキュメントからノードをマージします。

プロパティ

Engine (継承元 IRazorEnginePhase)

メソッド

Execute(RazorCodeDocument) (継承元 IRazorEnginePhase)

適用対象