ProjectOnErrorInstance クラス

定義

OnError 要素をラップします

public ref class ProjectOnErrorInstance sealed : Microsoft::Build::Execution::ProjectTargetInstanceChild
public sealed class ProjectOnErrorInstance : Microsoft.Build.Execution.ProjectTargetInstanceChild
type ProjectOnErrorInstance = class
    inherit ProjectTargetInstanceChild
Public NotInheritable Class ProjectOnErrorInstance
Inherits ProjectTargetInstanceChild
継承
ProjectOnErrorInstance

注釈

これは変更できないクラスです

プロパティ

Condition

未評価の条件。 空の文字列の場合もあります。

ConditionLocation

条件の場所 (ある場合)

ConditionLocation

元の Condition 属性の場所 (ある場合)

(継承元 ProjectTargetInstanceChild)
ExecuteTargets

未評価の ExecuteTargets 値。 空の文字列の場合もあります。

ExecuteTargetsLocation

実行ターゲット属性の場所 (ある場合)

FullPath

元の要素が最初に定義されたファイルの完全なパス。 読み込まれておらず、パスも指定されていないプロジェクトで発生した場合は、空の文字列を返します。

(継承元 ProjectTargetInstanceChild)
Location

要素の場所

Location

元の要素の位置

(継承元 ProjectTargetInstanceChild)

メソッド

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(継承元 Object)

適用対象