ItemType クラス

定義

項目の種類に関する情報の逆シリアル化に使用されます。

public ref class ItemType sealed : Microsoft::Build::Framework::XamlTypes::IProjectSchemaNode, System::ComponentModel::ISupportInitialize
public sealed class ItemType : Microsoft.Build.Framework.XamlTypes.IProjectSchemaNode, System.ComponentModel.ISupportInitialize
type ItemType = class
    interface ISupportInitialize
    interface IProjectSchemaNode
Public NotInheritable Class ItemType
Implements IProjectSchemaNode, ISupportInitialize
継承
ItemType
実装

コンストラクター

ItemType()

コンストラクター

プロパティ

DefaultContentType

IItemType.ItemType をシリアル化します。

DisplayName

IItemType.DisplayName をシリアル化します。

Name

IItemType.Name をシリアル化します。

UpToDateCheckInput

IItemType.UpToDateCheckInput をシリアル化します。

メソッド

BeginInit()

「ISupportInitialize」を参照してください。

EndInit()

「ISupportInitialize」を参照してください。

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。

(継承元 Object)
GetSchemaObjects(Type)

「IProjectSchemaNode」を参照してください。

GetSchemaObjectTypes()

「IProjectSchemaNode」を参照してください。

GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(継承元 Object)

適用対象