Host.CreateDefaultBuilder メソッド

定義

オーバーロード

CreateDefaultBuilder()

事前構成済みの既定値を使用して HostBuilder 、クラスの新しいインスタンスを初期化します。

CreateDefaultBuilder(String[])

事前構成済みの既定値を使用して HostBuilder 、クラスの新しいインスタンスを初期化します。

CreateDefaultBuilder()

事前構成済みの既定値を使用して HostBuilder 、クラスの新しいインスタンスを初期化します。

public:
 static Microsoft::Extensions::Hosting::IHostBuilder ^ CreateDefaultBuilder();
public static Microsoft.Extensions.Hosting.IHostBuilder CreateDefaultBuilder ();
static member CreateDefaultBuilder : unit -> Microsoft.Extensions.Hosting.IHostBuilder
Public Shared Function CreateDefaultBuilder () As IHostBuilder

戻り値

IHostBuilder

初期化済みの IHostBuilder

注釈

返される既定値には、次の既定値が適用されます HostBuilder

  • の結果GetCurrentDirectory()に設定しますContentRootPath
  • プレフィックスが付いた "DOTNET_" 環境変数からホスト IConfiguration を読み込みます。
  • 'appsettings.json' と 'appsettings.[EnvironmentName] からアプリIConfigurationを読み込みます。json'。
  • エントリ アセンブリを使用して "開発" の場合EnvironmentNameは、ユーザー シークレットからアプリIConfigurationを読み込みます。
  • 環境変数からアプリ IConfiguration を読み込みます。
  • ILoggerFactoryコンソール、デバッグ、およびイベント ソースの出力にログを記録するように構成します。
  • "開発" の場合 EnvironmentName は、依存関係挿入コンテナーのスコープ検証を有効にします。

適用対象

CreateDefaultBuilder(String[])

事前構成済みの既定値を使用して HostBuilder 、クラスの新しいインスタンスを初期化します。

public:
 static Microsoft::Extensions::Hosting::IHostBuilder ^ CreateDefaultBuilder(cli::array <System::String ^> ^ args);
public static Microsoft.Extensions.Hosting.IHostBuilder CreateDefaultBuilder (string[] args);
public static Microsoft.Extensions.Hosting.IHostBuilder CreateDefaultBuilder (string[]? args);
static member CreateDefaultBuilder : string[] -> Microsoft.Extensions.Hosting.IHostBuilder
Public Shared Function CreateDefaultBuilder (args As String()) As IHostBuilder

パラメーター

args
String[]

コマンド ライン引数。

戻り値

IHostBuilder

初期化済みの IHostBuilder

注釈

返される既定値には、次の既定値が適用されます HostBuilder

  • の結果GetCurrentDirectory()に設定しますContentRootPath
  • プレフィックスが付いた "DOTNET_" 環境変数からホスト IConfiguration を読み込みます。
  • 指定されたコマンド ライン引数からホスト IConfiguration を読み込みます。
  • 'appsettings.json' と 'appsettings.[EnvironmentName] からアプリIConfigurationを読み込みます。json'。
  • エントリ アセンブリを使用して "開発" の場合EnvironmentNameは、ユーザー シークレットからアプリIConfigurationを読み込みます。
  • 環境変数からアプリ IConfiguration を読み込みます。
  • 指定されたコマンド ライン引数からアプリ IConfiguration を読み込みます。
  • ILoggerFactoryコンソール、デバッグ、およびイベント ソースの出力にログを記録するように構成します。
  • "開発" の場合 EnvironmentName は、依存関係挿入コンテナーのスコープ検証を有効にします。

適用対象