COMCharStream クラス

定義

データを IMessageReceiver に送信するストリームを表します。Represents a stream that sends its data to an IMessageReceiver. データは、データがフラッシュされるかストリームが閉じられるまで、バッファーに格納されます。The data is stored in a buffer until the data is flushed or the stream is closed.

この API は製品インフラストラクチャをサポートします。コードから直接使用するものではありません。

public ref class COMCharStream : System::IO::Stream
public class COMCharStream : System.IO.Stream
type COMCharStream = class
    inherit Stream
Public Class COMCharStream
Inherits Stream
継承

コンストラクター

COMCharStream(IMessageReceiver)

COMCharStream クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the COMCharStream class.

プロパティ

CanRead

現在のストリームが読み込みをサポートしているかどうかを示す値を取得します。Gets a value that indicates whether the current stream supports reading.

CanSeek

現在のストリームがシークをサポートしているかどうかを示す値を取得します。Gets a value that indicates whether the current stream supports seeking.

CanTimeout

現在のストリームがタイムアウトできるかどうかを決定する値を取得します。Gets a value that determines whether the current stream can time out.

(継承元 Stream)
CanWrite

現在のストリームが書き込みをサポートしているかどうかを示す値を取得します。Gets a value that indicates whether the current stream supports writing.

Length

ストリームの長さを取得します。Gets the length of the stream.

Position

ストリームの現在の位置を取得します。Gets the current position in the stream. set メソッドは何も実行しません。The set method does not do anything.

ReadTimeout

ストリームがタイムアウト前に読み取りを試みる期間を決定する値 (ミリ秒単位) を取得または設定します。Gets or sets a value, in milliseconds, that determines how long the stream will attempt to read before timing out.

(継承元 Stream)
WriteTimeout

ストリームがタイムアウト前に書き込みを試行する期間を決定する値 (ミリ秒単位) を取得または設定します。Gets or sets a value, in milliseconds, that determines how long the stream will attempt to write before timing out.

(継承元 Stream)

メソッド

BeginRead(Byte[], Int32, Int32, AsyncCallback, Object)

非同期の読み込み動作を開始します。Begins an asynchronous read operation. (代わりに、ReadAsync(Byte[], Int32, Int32) の使用を検討してください。)(Consider using ReadAsync(Byte[], Int32, Int32) instead.)

(継承元 Stream)
BeginWrite(Byte[], Int32, Int32, AsyncCallback, Object)

非同期の書き込み操作を開始します。Begins an asynchronous write operation. (代わりに、WriteAsync(Byte[], Int32, Int32) の使用を検討してください。)(Consider using WriteAsync(Byte[], Int32, Int32) instead.)

(継承元 Stream)
Close()

このストリームのデータを IMessageReceiver に送信し、そのバッファーをクリアします。Sends this stream's data to the IMessageReceiver and clears its buffer.

CopyTo(Stream)

現在のストリームからバイトを読み取り、別のストリームに書き込みます。Reads the bytes from the current stream and writes them to another stream.

(継承元 Stream)
CopyTo(Stream, Int32)

指定されたバッファー サイズを使用して、現在のストリームからバイトを読み取り、別のストリームに書き込みます。Reads the bytes from the current stream and writes them to another stream, using a specified buffer size.

(継承元 Stream)
CopyToAsync(Stream)

現在のストリームからすべてのバイトを非同期に読み取り、別のストリームに書き込みます。Asynchronously reads the bytes from the current stream and writes them to another stream.

(継承元 Stream)
CopyToAsync(Stream, CancellationToken)

指定されたバッファー サイズを使用して、現在のストリームからバイトを非同期に読み取り、指定されたキャンセル トークンを使用して、別のストリームに書き込みます。Asynchronously reads the bytes from the current stream and writes them to another stream, using a specified cancellation token.

(継承元 Stream)
CopyToAsync(Stream, Int32)

指定されたバッファー サイズを使用して、現在のストリームからバイトを非同期に読み取り、別のストリームに書き込みます。Asynchronously reads the bytes from the current stream and writes them to another stream, using a specified buffer size.

(継承元 Stream)
CopyToAsync(Stream, Int32, CancellationToken)

指定されたバッファー サイズを使用して、現在のストリームからバイトを非同期に読み取り、指定されたバッファー サイズとキャンセル トークンを使用して、別のストリームに書き込みます。Asynchronously reads the bytes from the current stream and writes them to another stream, using a specified buffer size and cancellation token.

(継承元 Stream)
CreateObjRef(Type)

リモート オブジェクトとの通信に使用するプロキシの生成に必要な情報をすべて格納しているオブジェクトを作成します。Creates an object that contains all the relevant information required to generate a proxy used to communicate with a remote object.

(継承元 MarshalByRefObject)
CreateWaitHandle()

WaitHandle オブジェクトを割り当てます。Allocates a WaitHandle object.

(継承元 Stream)
Dispose()

Stream によって使用されているすべてのリソースを解放します。Releases all resources used by the Stream.

(継承元 Stream)
Dispose(Boolean)

Stream によって使用されているアンマネージド リソースを解放し、オプションでマネージド リソースも解放します。Releases the unmanaged resources used by the Stream and optionally releases the managed resources.

(継承元 Stream)
DisposeAsync()

Stream によって使用されているアンマネージ リソースを非同期に解放します。Asynchronously releases the unmanaged resources used by the Stream.

(継承元 Stream)
EndRead(IAsyncResult)

保留中の非同期読み取りが完了するまで待機します。Waits for the pending asynchronous read to complete. (代わりに、ReadAsync(Byte[], Int32, Int32) の使用を検討してください。)(Consider using ReadAsync(Byte[], Int32, Int32) instead.)

(継承元 Stream)
EndWrite(IAsyncResult)

非同期書き込み操作を終了します。Ends an asynchronous write operation. (代わりに、WriteAsync(Byte[], Int32, Int32) の使用を検討してください。)(Consider using WriteAsync(Byte[], Int32, Int32) instead.)

(継承元 Stream)
Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判定します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
Flush()

このストリームのデータを IMessageReceiver に送信し、そのバッファーをクリアします。Sends this stream's data to the IMessageReceiver and clears its buffer.

FlushAsync()

ストリームに対応するすべてのバッファーを非同期にクリアし、バッファー内のデータを基になるデバイスに書き込みます。Asynchronously clears all buffers for this stream and causes any buffered data to be written to the underlying device.

(継承元 Stream)
FlushAsync(CancellationToken)

ストリームに対応するすべてのバッファーを非同期にクリアし、バッファー内のデータを基になるデバイスに書き込み、キャンセル要求を監視します。Asynchronously clears all buffers for this stream, causes any buffered data to be written to the underlying device, and monitors cancellation requests.

(継承元 Stream)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetLifetimeService()

対象のインスタンスの有効期間ポリシーを制御する、現在の有効期間サービス オブジェクトを取得します。Retrieves the current lifetime service object that controls the lifetime policy for this instance.

(継承元 MarshalByRefObject)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
InitializeLifetimeService()

このインスタンスの有効期間ポリシーを制御する有効期間サービス オブジェクトを取得します。Obtains a lifetime service object to control the lifetime policy for this instance.

(継承元 MarshalByRefObject)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
MemberwiseClone(Boolean)

現在の MarshalByRefObject オブジェクトの簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current MarshalByRefObject object.

(継承元 MarshalByRefObject)
ObjectInvariant()

Contract のサポートを提供します。Provides support for a Contract.

(継承元 Stream)
Read(Byte[], Int32, Int32)

常に NotSupportedException 例外をスローします。Throws a NotSupportedException exception in all cases.

Read(Span<Byte>)

派生クラスによってオーバーライドされた場合は、現在のストリームからバイト シーケンスを読み取り、読み取ったバイト数の分だけストリームの位置を進めます。When overridden in a derived class, reads a sequence of bytes from the current stream and advances the position within the stream by the number of bytes read.

(継承元 Stream)
ReadAsync(Byte[], Int32, Int32)

現在のストリームからバイト シーケンスを非同期に読み取り、読み取ったバイト数だけストリーム内の位置を進めます。Asynchronously reads a sequence of bytes from the current stream and advances the position within the stream by the number of bytes read.

(継承元 Stream)
ReadAsync(Byte[], Int32, Int32, CancellationToken)

現在のストリームからバイト シーケンスを非同期に読み取り、読み取ったバイト数だけストリーム内の位置を進め、キャンセル要求を監視します。Asynchronously reads a sequence of bytes from the current stream, advances the position within the stream by the number of bytes read, and monitors cancellation requests.

(継承元 Stream)
ReadAsync(Memory<Byte>, CancellationToken)

現在のストリームからバイト シーケンスを非同期に読み取り、読み取ったバイト数だけストリーム内の位置を進め、キャンセル要求を監視します。Asynchronously reads a sequence of bytes from the current stream, advances the position within the stream by the number of bytes read, and monitors cancellation requests.

(継承元 Stream)
ReadByte()

ストリームから 1 バイトを読み取り、ストリーム内の位置を 1 バイト進めます。ストリームの末尾の場合は -1 を返します。Reads a byte from the stream and advances the position within the stream by one byte, or returns -1 if at the end of the stream.

(継承元 Stream)
Seek(Int64, SeekOrigin)

現在のストリーム内の位置を設定します。Sets the position in the current stream. このメソッドは何も実行しません。This method does not do anything. 常に 0 を返します。It always returns 0.

SetLength(Int64)

ストリームの長さを設定します。Sets the length of the stream.

ToString()

現在のオブジェクトを表す string を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)
Write(Byte[], Int32, Int32)

指定したバイト データをストリームに書き込みます。Writes the specified byte data to the stream.

Write(ReadOnlySpan<Byte>)

派生クラスによってオーバーライドされた場合は、現在のストリームにバイト シーケンスを書き込み、書き込んだバイト数の分だけストリームの現在位置を進めます。When overridden in a derived class, writes a sequence of bytes to the current stream and advances the current position within this stream by the number of bytes written.

(継承元 Stream)
WriteAsync(Byte[], Int32, Int32)

現在のストリームにバイト シーケンスを非同期に書き込み、書き込んだバイト数だけストリーム内の現在位置を進めます。Asynchronously writes a sequence of bytes to the current stream and advances the current position within this stream by the number of bytes written.

(継承元 Stream)
WriteAsync(Byte[], Int32, Int32, CancellationToken)

現在のストリームにバイト シーケンスを非同期に書き込み、書き込んだバイト数だけストリーム内の現在位置を進め、キャンセル要求を監視します。Asynchronously writes a sequence of bytes to the current stream, advances the current position within this stream by the number of bytes written, and monitors cancellation requests.

(継承元 Stream)
WriteAsync(ReadOnlyMemory<Byte>, CancellationToken)

現在のストリームにバイト シーケンスを非同期に書き込み、書き込んだバイト数だけストリーム内の現在位置を進め、キャンセル要求を監視します。Asynchronously writes a sequence of bytes to the current stream, advances the current position within this stream by the number of bytes written, and monitors cancellation requests.

(継承元 Stream)
WriteByte(Byte)

ストリームの現在位置にバイトを書き込み、ストリームの位置を 1 バイトだけ進めます。Writes a byte to the current position in the stream and advances the position within the stream by one byte.

(継承元 Stream)

明示的なインターフェイスの実装

IDisposable.Dispose()

Stream によって使用されているすべてのリソースを解放します。Releases all resources used by the Stream.

(継承元 Stream)

適用対象

こちらもご覧ください