IJSVsaItem インターフェイス

定義

警告

この API は現在使われていません。

.NET スクリプト エンジンに追加するすべての項目のインターフェイスを定義します。項目には、コード項目、参照項目、およびグローバル項目があります。Defines an interface for all items added to the .NET script engine, including code items, reference items, and global items. エンジンが認識するすべての項目型に適用される汎用プロパティおよびメソッドを定義します。It defines generic properties and methods that apply to all item types recognized by the engine.

public interface class IJSVsaItem
[System.Obsolete("Use of this type is not recommended because it is being deprecated in Visual Studio 2005; there will be no replacement for this feature. Please see the ICodeCompiler documentation for additional help.")]
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
[System.Runtime.InteropServices.Guid("1F2377AC-8A09-417B-89DC-D146769F0B45")]
[System.Runtime.InteropServices.InterfaceType(System.Runtime.InteropServices.ComInterfaceType.InterfaceIsIUnknown)]
public interface IJSVsaItem
type IJSVsaItem = interface
Public Interface IJSVsaItem
派生
属性

プロパティ

IsDirty

項目の現在のメモリ上の表現が、永続化された表現と異なっているかどうかを示す値を返します。Returns a value indicating whether the current in-memory representation of the item differs from the persisted representation.

ItemType

指定したオブジェクトの型を取得します。オブジェクトの型は、CreateItem(String, JSVsaItemType, JSVsaItemFlag) メソッドで決定されています。Gets the specified object's type, as determined by the CreateItem(String, JSVsaItemType, JSVsaItemFlag) method.

Name

項目の名前を取得または設定します。Gets or sets the name of the item.

メソッド

GetOption(String)

スクリプト エンジンの実装固有のオプションを取得します。Gets implementation-specific options for a script engine.

SetOption(String, Object)

スクリプト エンジンの実装固有のオプションを設定します。Sets implementation-specific options for a script engine.

適用対象