TextLoader.Options クラス

定義

の設定 TextLoader

public class TextLoader.Options
type TextLoader.Options = class
Public Class TextLoader.Options
継承
TextLoader.Options

コンストラクター

TextLoader.Options()

フィールド

AllowQuoting

入力に二重引用符で囲まれた値を含めできるかどうか。 このパラメーターは、入力値の区切り文字と実際の区切り記号を区別するために使用されます。 の true 場合、二重引用符内の区切り記号は入力値の一部として扱います。 の場合、引用符内の区切り記号も含め、すべての区切り記号は、 false 新しい列を区切るとして扱います。

AllowSparse

入力にスパース表現を含めできるかどうか。 たとえば、"5 2:6 4:3" を含む行は 5 つの列を含み、0 以外の列は、それぞれ 6 と 3 の値を持つ列 2 と 4 を意味します。 列インデックスは 0 から始いので、列 2 と 4 は 3 番目と 5 番目の列を表します。 列には、高密度の値の後に、この方法で表されるスパース値が続く場合があります。 たとえば、"1 2 5 2:6 4:3" を含む行は、1 と 2 の値を持つ 2 つの高密度列を表し、その後に 0、0、6、0、3 の値を持つ 5 つのスパース表現列を表します。 スパース列のインデックスは 0 から始まるが、0 は 3 番目の列を表す。

また、スパース要素の数 (この例では 5) が各行に存在しない場合は InputSize 、 を使用する必要があります。 スパース部分のサイズではなく、合計サイズを指定する必要があります。 ただし、スパース部分のインデックスは、スパース部分の開始位置を基準として相対的です。 が 7 に設定されている場合、行 InputSize "1 2 2:6 4:3" は "1 2 0 0 6 0 4" にマップされますが、10 に設定すると、同じ行が "1 2 0 0 6 0 0 0 0" にマップされます。

Columns

列にマップする必要がある入力列を指定 IDataView します。

DecimalMarker

10 進マーカーとして使用する必要がある文字。 既定値は '.' です。 10 進マーカーとして使用できるのは、'.' と ',' のみです。

EscapeChar

引用符で囲まれたフィールド内の引用符をエスケープするために使用する文字。 区切り記号として使用される文字にできません。

HasHeader

ファイルに機能名を含むヘッダーが含まれています。 の true 場合、 が呼び出された場合、ローダーは最初の Load(IMultiStreamSource) 行をスキップします。 サンプルを使用して、スロット名の注釈が存在する場合は、その注釈を受け取る必要があります。

HeaderFile

機能名を持つヘッダーを含むファイル。 指定した場合、データ ファイルで定義されているヘッダーは に関係なく無視されます HasHeader

InputSize

テキスト データ内のソース列の数。 既定では、スパース行にはサイズ情報が含まれます。

MaxRows

生成する行の最大数。

MissingRealsAsNaNs

true の場合、実際のフィールドが見つからない (つまり、double フィールドまたは単一フィールド) は NaN として読み込まれます。 false の場合、それらは 0 として読み込まれます。 既定値は false です。 空の場合、空白のみがある場合、または特定の行の末尾に列が見つからない場合、フィールドは "欠落" と見なされます。

ReadMultilines

true の場合、引用符で囲まれたフィールド内で新しい行文字を使用できます。したがって、1 つのフィールドに複数行のテキストを含めることができます 。false の場合、このオプション AllowQuoting は無視されます。

Separators

区切り記号列の区切り記号として使用する必要がある文字。

TrimWhitespace

行から末尾の空白文字を削除する Wheter。

UseThreads

個別の解析スレッドを使用するかどうか。

適用対象