PivotCache.ADOConnection PivotCache.ADOConnection PivotCache.ADOConnection Property

定義

ピボット テーブル キャッシュが OLE DB データ ソースに接続されている場合は、ADO 接続オブジェクトを返します。 Returns an ADO connection object if the PivotTable cache is connected to an OLE DB data source.

public:
 property System::Object ^ ADOConnection { System::Object ^ get(); };
public object ADOConnection { get; }
Public ReadOnly Property ADOConnection As Object

プロパティ値

注釈

ADOConnectionプロパティは、データ プロバイダーは、ユーザーが Excel が ADO (リレーショナル ソース) または ADOMD (OLAP ソース) で使用しているのと同じセッションのコンテキスト内でコードを記述できるようにする Microsoft Excel の接続を公開します。 The ADOConnection property exposes Microsoft Excel's connection to the data provider, allowing the user to write code within the context of the same session that Excel is using with ADO (relational source) or ADOMD (OLAP source).

ADOConnectionプロパティは、使用可能なセッションに対してのみデータ ソースが OLE DB データ ソースにあります。 The ADOConnection property is available only for sessions where the data source is an OLE DB data source. ADO セッションがない場合に、クエリは、実行時エラーになります。 When there is no ADO session the query will result in a run-time error.

ADOConnectionプロパティは、ADO を使って、ole DB ベースのキャッシュを使用できます。 The ADOConnection property can be used for any OLEDB-based cache with ADO. ADO 接続オブジェクトは、キャッシュの基になる OLAP キューブに関する情報を検索するため、ADOMD で使用できます。 The ADO connection object can be used with ADOMD for finding information about OLAP Cubes on which the cache is based.

適用対象