PivotCache.CreatePivotTable(Object, Object, Object, Object) PivotCache.CreatePivotTable(Object, Object, Object, Object) Method

定義

に基づいてピボット テーブル レポートを作成、PivotCacheオブジェクトです。 Creates a PivotTable report based on a PivotCache object.

public Microsoft.Office.Interop.Excel.PivotTable CreatePivotTable (object TableDestination, object TableName, object ReadData, object DefaultVersion);
Public Function CreatePivotTable (TableDestination As Object, Optional TableName As Object, Optional ReadData As Object, Optional DefaultVersion As Object) As PivotTable

パラメーター

TableDestination
Object Object

オブジェクトが必要です。 Required Object. ピボット テーブル レポートの配置先範囲 (結果のピボット テーブル レポートをどこに配置するワークシート上の範囲) の左上隅のセルです。 The cell in the upper-left corner of the PivotTable report’s destination range (the range on the worksheet where the resulting PivotTable report will be placed). 貼り付け先の範囲は、式で指定されたPivotCacheオブジェクトが含まれているブックのワークシートにする必要があります。 The destination range must be on a worksheet in the workbook that contains the PivotCache object specified by expression.

TableName
Object Object

省略可能なオブジェクトです。 Optional Object. 作成するピボットテーブル レポートの名前を指定します。 The name of the new PivotTable report.

ReadData
Object Object

省略可能なオブジェクトです。 Optional Object. Trueのすべての外部データベースからレコードを含むピボット テーブル キャッシュを作成するにはこのキャッシュは非常に大きくなることができます。 True to create a PivotTable cache that contains all of the records from the external database; this cache can be very large. データが実際に読み取られる前に、一部のフィールドがサーバー ベースのページ フィールドとして設定を有効にします。 False to enable setting some of the fields as server-based page fields before the data is actually read.

DefaultVersion
Object Object

省略可能なオブジェクトです。 Optional Object. ピボットテーブル レポートの既定のバージョンを指定します。 The default version of the PivotTable report.

戻り値

注釈

ピボット テーブル キャッシュに基づいてピボット テーブル レポートを作成する別の方法を参照してください、Add(PivotCache, Object, Object, Object, Object)のメソッドのPivotTableオブジェクトです。 For an alternative way to create a PivotTable report based on a PivotTable cache, see the Add(PivotCache, Object, Object, Object, Object) method of the PivotTable object.

適用対象