PivotCache.LocalConnection PivotCache.LocalConnection PivotCache.LocalConnection Property

定義

取得またはオフライン キューブ ファイルに接続文字列を設定します。 Returns or sets the connection string to an offline cube file.

public:
 property System::Object ^ LocalConnection { System::Object ^ get(); void set(System::Object ^ value); };
public object LocalConnection { get; set; }
Public Property LocalConnection As Object

プロパティ値

注釈

OLAP 以外のデータ ソースの場合、 LocalConnectionプロパティの値は空の文字列、およびUseLocalConnectionプロパティがFalseに設定します。 For a non-OLAP data source, the value of the LocalConnection property is an empty string, and the UseLocalConnection property is set to False.

LocalConnectionプロパティを設定すると、データ ソースへの接続はすぐに開始します。 Setting the LocalConnection property doesn’t immediately initiate the connection to the data source. 最初を使用する必要があります、Refresh()の接続を行い、データを取得するメソッドです。 You must first use the Refresh() method to make the connection and retrieve the data.

場合、 LocalConnectionプロパティの値が使用される、UseLocalConnectionプロパティがTrueに設定します。 The value of the LocalConnection property is used if the UseLocalConnection property is set to True. UseLocalConnectionプロパティが false に設定されている場合、Connectionプロパティは、ローカル キューブ ファイル以外のソースを基にクエリ テーブルの接続文字列を指定します。 If the UseLocalConnection property is set to False, the Connection property specifies the connection string for query tables based on sources other than local cube files.

接続文字列の構文の詳細については、のヘルプ トピックを参照してください、 Add(PivotCache, Object, Object, Object, Object)ピボット テーブルのコレクションのメソッド。 For more information about the syntax for connection strings, see the Help topic for the Add(PivotCache, Object, Object, Object, Object) method of the PivotTables collection.

適用対象