PivotCache.MakeConnection PivotCache.MakeConnection PivotCache.MakeConnection Method

定義

指定されたピボットテーブル キャッシュの接続を確立します。 Establishes a connection for the specified PivotTable cache.

public:
 void MakeConnection();
public void MakeConnection ();
Public Sub MakeConnection ()

注釈

キャッシュ接続が切断され、ユーザーが接続を再確立する後は、 MakeConnectionメソッドを使用することができます。 The MakeConnection method can be used after the cache drops a connection and the user wants to re-establish the connection.

キャッシュが接続していない場合、さまざまなオブジェクトおよびメソッドが実行時エラーを返します。このメソッドによって、他のオブジェクトまたはメソッドを実行する前に、接続を確立しておくことができます。 Various objects and methods might return a run-time error if the cache is not connected. Use of this method assures a connection before executing other objects or methods.

この方法と、実行時エラーの場合、MaintainConnectionFalseに指定されたピボット テーブル キャッシュのプロパティが設定されて、SourceTypexlExternalでは、指定されたピボット テーブル キャッシュのプロパティが設定されていない、または接続が ole DB ではない場合は. This method will result in a run-time error if the MaintainConnection property of the specified PivotTable cache has been set to False, the SourceType property of the specified PivotTable cache has not been set to xlExternal, or if the connection is not OLEDB.

適用対象