PivotCache.MissingItemsLimit PivotCache.MissingItemsLimit PivotCache.MissingItemsLimit Property

定義

レコードのキャッシュでは基礎となるデータがあるない場合でも保持されているピボット テーブルのフィールドごとの固有のアイテムの最大数を設定または返します。 Returns or sets the maximum quantity of unique items per PivotTable field that are retained even when they have no supporting data in the cache records.

public:
 property Microsoft::Office::Interop::Excel::XlPivotTableMissingItems MissingItemsLimit { Microsoft::Office::Interop::Excel::XlPivotTableMissingItems get(); void set(Microsoft::Office::Interop::Excel::XlPivotTableMissingItems value); };
public Microsoft.Office.Interop.Excel.XlPivotTableMissingItems MissingItemsLimit { get; set; }
Public Property MissingItemsLimit As XlPivotTableMissingItems

プロパティ値

注釈

XlPivotTableMissingItems XlPivotTableMissingItems定数は、次のいずれかできます。 XlPivotTableMissingItems can be one of the following XlPivotTableMissingItems constants:

xlMissingItemsDefault ピボットテーブルごとに既定数の固有のアイテムが許可されます。 xlMissingItemsDefault The default number of unique items per PivotField allowed.

xlMissingItemsMax ピボットテーブルごとに最大数の固有のアイテムが許可されます (32,500)。 xlMissingItemsMax The maximum number of unique items per PivotField allowed (32,500).

xlMissingItemsNone ピボットテーブルごとに固有のアイテムは許可されません (ゼロ)。 xlMissingItemsNone No unique items per PivotField allowed (zero).

このプロパティは、0 ~ 32500 の値を設定できます。 This property can be set to a value between 0 and 32500. 0 未満の整数が指定されている場合これは、 xlMissingItemsDefaultを指定することに相当します。 If an integer less than zero is specified, this is equivalent to specifying xlMissingItemsDefault. 32,500 より大きい整数を指定できますが、 xlMissingItemsMaxを指定すると同じ効果があります。 Integers greater than 32,500 can be specified but will have the same effect as specifying xlMissingItemsMax.

MissingItemsLimitプロパティのみの動作の非 OLAP ピボット テーブルです。それ以外の場合、実行時エラーが発生することができます。 The MissingItemsLimit property only works for non-OLAP PivotTables; otherwise, a run-time error can occur.

適用対象