PivotCache.RobustConnect PivotCache.RobustConnect PivotCache.RobustConnect Property

定義

ピボット テーブル キャッシュがデータ ソースに接続する方法を設定または返します。 Returns or sets how the PivotTable cache connects to its data source.

public:
 property Microsoft::Office::Interop::Excel::XlRobustConnect RobustConnect { Microsoft::Office::Interop::Excel::XlRobustConnect get(); void set(Microsoft::Office::Interop::Excel::XlRobustConnect value); };
public Microsoft.Office.Interop.Excel.XlRobustConnect RobustConnect { get; set; }
Public Property RobustConnect As XlRobustConnect

プロパティ値

注釈

XlRobustConnect以下が可能のいずれかのことができます。 XlRobustConnect can be one of the following XlRobustConnect constants:

xlAlwaysキャッシュは、外部ソースの情報を常に使用 (で定義されている、SourceConnectionFileまたはSourceDataFileプロパティ) に再接続します。 xlAlways The cache always uses external source information (as defined by the SourceConnectionFile or SourceDataFile property) to reconnect.

xlAsRequiredキャッシュを使用して再接続するのには外部ソースの情報を使用して、Connectionプロパティ。 xlAsRequired The cache uses external source info to reconnect using the Connection property.

xlNeverキャッシュは、再接続にソース情報を使用しません。 xlNever The cache never uses source info to reconnect.

適用対象