PivotCache PivotCache PivotCache Interface

定義

ピボットテーブル レポートのキャッシュ メモリを表します。 Represents the memory cache for a PivotTable report.

public interface class PivotCache
[System.Runtime.InteropServices.Guid("0002441C-0000-0000-C000-000000000046")]
[System.Runtime.InteropServices.InterfaceType(2)]
public interface PivotCache
Public Interface PivotCache
属性

注釈

PivotCacheオブジェクトのメンバーである、PivotCachesコレクションです。 The PivotCache object is a member of the PivotCaches collection.

使用して、 PivotCache() (各レポートは、1 つだけのキャッシュを持つ)、ピボット テーブル レポートのPivotCacheオブジェクトを取得するメソッドです。 Use the PivotCache() method to return a PivotCache object for a PivotTable report (each report has only one cache).

PivotCachesを使用 (index)、indexは、ブックのPivotCachesコレクションから 1 つのPivotCacheオブジェクトを取得するのには、ピボット テーブル キャッシュの数。 Use PivotCaches(index), where index is the PivotTable cache number, to return a single PivotCache object from the PivotCaches collection for a workbook.

プロパティ

ADOConnection ADOConnection ADOConnection

ピボット テーブル キャッシュが OLE DB データ ソースに接続されている場合は、ADO 接続オブジェクトを返します。 Returns an ADO connection object if the PivotTable cache is connected to an OLE DB data source.

Application Application Application

返します、 Application 、Microsoft Excel アプリケーションを表すオブジェクト。 Returns an Application object that represents the Microsoft Excel application.

BackgroundQuery BackgroundQuery BackgroundQuery

True のピボット テーブル レポートまたはクエリ テーブルのクエリが非同期 (バック グラウンド) で実行される場合です。 True if queries for the PivotTable report or query table are performed asynchronously (in the background).

CommandText CommandText CommandText

指定したデータ ソースにコマンド文字列を設定または返します。 Returns or sets the command string for the specified data source.

CommandType CommandType CommandType

取得または設定の値の型を記述する定数を設定しますCommandTextプロパティ。 Returns or sets a constant describing the value type of the CommandText property. 既定値は、 xlCmdSQLです。 The default value is xlCmdSQL.

Connection Connection Connection

ピボット テーブル キャッシュの接続情報を設定または返します。 Returns or sets connection information for a PivotTable cache.

Creator Creator Creator

現在のオブジェクトが作成されたアプリケーションを示す 32 ビットの整数を返します。 Returns a 32-bit integer that indicates the application in which this object was created.

EnableRefresh EnableRefresh EnableRefresh

True の場合は、ユーザーがピボット テーブルのキャッシュまたはクエリ テーブルを更新することができます。 True if the PivotTable cache or query table can be refreshed by the user. 既定値は True です。 The default value is True.

Index Index Index

ようなオブジェクトのコレクション内のオブジェクトのインデックス番号を返します。 Returns the index number of the object within the collection of similar objects.

IsConnected IsConnected IsConnected

True を設定する場合はMaintainConnectionプロパティがTrueで、ピボット テーブル キャッシュが現在ソースに接続されています。 Returns True if the MaintainConnection property is True and the PivotTable cache is currently connected to its source. ソースに現在接続されていない場合はFalseを返します。 Returns False if it is not currently connected to its source.

LocalConnection LocalConnection LocalConnection

取得またはオフライン キューブ ファイルに接続文字列を設定します。 Returns or sets the connection string to an offline cube file.

MaintainConnection MaintainConnection MaintainConnection

True の場合、更新後もブックが閉じられるまで、指定したデータ ソースへの接続を維持します。 True if the connection to the specified data source is maintained after the refresh and until the workbook is closed. 既定値は True です。 The default value is True.

MemoryUsed MemoryUsed MemoryUsed

オブジェクトによって現在使用されているバイトのメモリの量を返します。 Returns the amount of memory in bytes currently being used by the object.

MissingItemsLimit MissingItemsLimit MissingItemsLimit

レコードのキャッシュでは基礎となるデータがあるない場合でも保持されているピボット テーブルのフィールドごとの固有のアイテムの最大数を設定または返します。 Returns or sets the maximum quantity of unique items per PivotTable field that are retained even when they have no supporting data in the cache records.

OLAP OLAP OLAP

ピボット テーブルのキャッシュは、オンライン分析処理 (OLAP) サーバーに接続されている場合はTrueを返します。 Returns True if the PivotTable cache is connected to an Online Analytical Processing (OLAP) server.

OptimizeCache OptimizeCache OptimizeCache

True の場合は、ピボット テーブル キャッシュの最適化を構築するときです。 True if the PivotTable cache is optimized when it’s constructed. 既定値は False です。 The default value is False.

Parent Parent Parent

指定されたオブジェクトの親オブジェクトを返します。 Returns the parent object for the specified object.

QueryType QueryType QueryType

ピボット テーブル キャッシュを作成するのには、Microsoft Excel で使用されるクエリの種類を示します。 Indicates the type of query used by Microsoft Excel to populate the PivotTable cache.

RecordCount RecordCount RecordCount

ピボット テーブルのキャッシュまたは指定されたアイテムを含むキャッシュ レコードの数のレコードの数を返します。 Returns the number of records in the PivotTable cache or the number of cache records that contain the specified item.

Recordset Recordset Recordset

取得または指定されたクエリ テーブルまたはピボット テーブル キャッシュのデータ ソースとして使用するRecordsetオブジェクトを設定します。 Returns or sets a Recordset object that’s used as the data source for the specified query table or PivotTable cache.

RefreshDate RefreshDate RefreshDate

ピボット テーブル キャッシュを最後に更新された日付を返します。 Returns the date on which the PivotTable cache was last refreshed.

RefreshName RefreshName RefreshName

ピボット テーブル キャッシュを最後に更新した人の名前を返します。 Returns the name of the person who last refreshed the PivotTable cache.

RefreshOnFileOpen RefreshOnFileOpen RefreshOnFileOpen

True の場合、ピボット テーブルのキャッシュを自動的に更新するたびに、ブックが開かれます。 True if the PivotTable cache is automatically updated each time the workbook is opened. 既定値は False です。 The default value is False.

RefreshPeriod RefreshPeriod RefreshPeriod

返すまたは、更新間隔を分単位の数を設定します。 Returns or sets the number of minutes between refreshes.

RobustConnect RobustConnect RobustConnect

ピボット テーブル キャッシュがデータ ソースに接続する方法を設定または返します。 Returns or sets how the PivotTable cache connects to its data source.

SavePassword SavePassword SavePassword

True指定されたクエリを使用して、ODBC 接続文字列のパスワード情報が保存されている場合です。 True if password information in an ODBC connection string is saved with the specified query. False場合は、パスワードを削除します。 False if the password is removed.

SourceConnectionFile SourceConnectionFile SourceConnectionFile

Microsoft Office データ接続ファイルまたはピボット テーブルの作成に使用した同様のファイルを示す文字列を設定または返します。 Returns or sets a String indicating the Microsoft Office Data Connection file or similar file that was used to create the PivotTable.

SourceData SourceData SourceData

ピボット テーブル レポートのデータ ソースを返します。 Returns the data source for the PivotTable report.

SourceDataFile SourceDataFile SourceDataFile

ピボット テーブルのキャッシュのソース データ ファイルを示す文字列を返します。 Returns a String indicating the source data file for the cache of the PivotTable.

SourceType SourceType SourceType

公開されている項目の種類を識別する値を返します。 Returns a value that identifies the type of item being published.

Sql Sql Sql

内部使用のため予約済みです。 Reserved for internal use.

UpgradeOnRefresh UpgradeOnRefresh UpgradeOnRefresh

アップグレードするかどうかに関する情報が含まれています、PivotCacheとすべての接続されたPivotTables次の更新時にします。 Contains information on whether to upgrade the PivotCache and all connected PivotTables on the next refresh. 値の取得および設定が可能です。 Read/write.

UseLocalConnection UseLocalConnection UseLocalConnection

Trueの場合、LocalConnectionプロパティを使用して Excel データ ソースへの接続を可能にする文字列を指定します。 True if the LocalConnection property is used to specify the string that enables Microsoft Excel to connect to a data source. False を指定して接続文字列を指定した場合、Connectionプロパティを使用します。 False if the connection string specified by the Connection property is used.

Version Version Version

Microsoft Excel のバージョンを取得、PivotCacheが作成されました。 Returns the version of Microsoft Excel in which the PivotCache was created. 読み取り専用。 Read-only.

WorkbookConnection WorkbookConnection WorkbookConnection

現在のブックとの間の接続を確立し、PivotCacheオブジェクトです。 Establishes a connection between the current workbook and the PivotCache object. 読み取り専用。 Read-only.

方法

CreatePivotChart(Object, Object, Object, Object, Object, Object) CreatePivotChart(Object, Object, Object, Object, Object, Object) CreatePivotChart(Object, Object, Object, Object, Object, Object)

PivotCacheオブジェクトからには、スタンドアロンのピボット グラフを作成します。 Creates a standalone PivotChart from a PivotCache object. AShapeオブジェクトが返されます。 A Shape object is returned.

CreatePivotTable(Object, Object, Object, Object) CreatePivotTable(Object, Object, Object, Object) CreatePivotTable(Object, Object, Object, Object)

に基づいてピボット テーブル レポートを作成、PivotCacheオブジェクトです。 Creates a PivotTable report based on a PivotCache object.

MakeConnection() MakeConnection() MakeConnection()

指定されたピボットテーブル キャッシュの接続を確立します。 Establishes a connection for the specified PivotTable cache.

Refresh() Refresh() Refresh()

キャッシュを更新、PivotTableオブジェクトです。 Updates the cache of the PivotTable object.

ResetTimer() ResetTimer() ResetTimer()

設定した間隔に指定されたピボット テーブル レポートの更新タイマーをリセットしますRefreshPeriodプロパティ。 Resets the refresh timer for the specified PivotTable report to the last interval you set using the RefreshPeriod property.

SaveAsODC(String, Object, Object) SaveAsODC(String, Object, Object) SaveAsODC(String, Object, Object)

ピボット テーブル キャッシュ ソースを Microsoft Office データ接続ファイルとして保存します。 Saves the PivotTable cache source as a Microsoft Office Data Connection file.

適用対象