PivotTable.EnableWriteback PivotTable.EnableWriteback PivotTable.EnableWriteback Property

定義

取得または指定したピボット テーブルのデータ ソースへの書き戻しが有効になっているかどうかを設定します。 Gets or sets whether writing back to the data source is enabled for the specified PivotTable.

public:
 property bool EnableWriteback { bool get(); void set(bool value); };
public bool EnableWriteback { get; set; }
Public Property EnableWriteback As Boolean

プロパティ値

指定されたピボット テーブルの場合はtrueデータ ソースへの書き戻しが有効にそれ以外の場合、 false を指定します。 true if writing back to the data source is enabled for the specified PivotTable; otherwise, false. 既定値は、 false を指定します。 The default value is false.

注釈

値の取得および設定が可能です。 Read/write.

OLAP データ ソースを設定するのは、EnableWritebackプロパティをtrueには、書き戻しを有効にし、ユーザーがピボット テーブルのデータ領域の値を上書きするときの警告を無効にします。 For OLAP data sources, setting to the EnableWriteback property to true to enables writeback and disables the alert for when the user overwrites values in the data area of the PivotTable. 非 OLAP データ ソースの設定、EnableWritebackプロパティをtrueにはコードでは、書き戻しを有効にし、ユーザーが以前は変更されないデータの値を変更することもできます。 For non-OLAP data sources, setting the EnableWriteback property to true enables write-back in code, and also allows the user to change data values that previously could not be changed.

EnableWritebackEnableDataValueEditingのプロパティのPivotTableオブジェクトは、同時にtrueに設定できません。 The EnableWriteback and EnableDataValueEditing properties of the PivotTable object cannot be set to true at the same time.

場合、EnableDataValueEditingプロパティがtrueに設定し、EnableWritebackプロパティがtrueに設定、EnableDataValueEditingプロパティをfalseに自動的に、ピボット テーブルが更新され、データ値を実行中の編集が失われます。 If the EnableDataValueEditing property is set to true and then the EnableWriteback property is set to true, the EnableDataValueEditing property is set to false automatically, the PivotTable is refreshed, and any editing performed on data values is lost.

場合、EnableWritebackプロパティがtrueに設定し、EnableDataValueEditingプロパティがtrueに設定、EnableWritebackプロパティをfalseに自動的に、ピボット テーブルは更新されませんが、データ ソースの値が復元されます。 If the EnableWriteback property is set to true and then the EnableDataValueEditing property is set to true, the EnableWritebackproperty is set to false automatically, the PivotTable is not refreshed, and the data source values are restored.

OLAP 以外のデータ ソースの場合、このプロパティを設定すると、実行時エラーが生成されます。 For non-OLAP data sources, setting this property generates a run-time error.

適用対象