PivotTable.PivotTableWizard(Object, Object, Object, Object, Object, Object, Object, Object, Object, Object, Object, Object, Object, Object, Object, Object) PivotTable.PivotTableWizard(Object, Object, Object, Object, Object, Object, Object, Object, Object, Object, Object, Object, Object, Object, Object, Object) Method

定義

作成、PivotTableオブジェクトです。 Creates a PivotTable object. このメソッドは、ピボット テーブル ウィザードを表示しません。 This method doesn’t display the PivotTable Wizard. このメソッドは、OLE DB データ ソースで利用できます。 This method isn’t available for OLE DB data sources. 使用して、 Add(PivotCache, Object, Object, Object, Object) 、ピボット テーブル キャッシュを追加し、ピボット テーブル レポートを作成する方法、キャッシュを基にします。 Use the Add(PivotCache, Object, Object, Object, Object) method to add a PivotTable cache, and then create a PivotTable report based on the cache.

public void PivotTableWizard (object SourceType, object SourceData, object TableDestination, object TableName, object RowGrand, object ColumnGrand, object SaveData, object HasAutoFormat, object AutoPage, object Reserved, object BackgroundQuery, object OptimizeCache, object PageFieldOrder, object PageFieldWrapCount, object ReadData, object Connection);
Public Sub PivotTableWizard (Optional SourceType As Object, Optional SourceData As Object, Optional TableDestination As Object, Optional TableName As Object, Optional RowGrand As Object, Optional ColumnGrand As Object, Optional SaveData As Object, Optional HasAutoFormat As Object, Optional AutoPage As Object, Optional Reserved As Object, Optional BackgroundQuery As Object, Optional OptimizeCache As Object, Optional PageFieldOrder As Object, Optional PageFieldWrapCount As Object, Optional ReadData As Object, Optional Connection As Object)

パラメーター

SourceType
Object Object

省略可能なXlPivotTableSourceType Optional XlPivotTableSourceType. レポート データのソースです。 The source of the report data.

SourceData
Object Object

省略可能なオブジェクトです。 Optional Object. 新しいレポートのデータです。 The data for the new report. ことができます、Rangeオブジェクト、セル範囲の配列、または別のレポートの名前を表す文字列定数です。 Can be a Range object, an array of ranges, or a text constant that represents the name of another report. 外部データベースの場合は、SourceDataの各要素が 255 文字までの長さを SQL クエリ文字列を含む文字列の配列です。 For an external database, SourceData is an array of strings containing the SQL query string, where each element is up to 255 characters in length. 使用する必要があります、 Connection 、ODBC 接続文字列を指定する引数です。 You should use the Connection argument to specify the ODBC connection string. 以前のバージョンの Excel と互換性のためSourceData2 つの要素配列にすることができます。 For compatibility with earlier versions of Excel, SourceData can be a two-element array. 最初の要素は、データの ODBC ソースを指定する接続文字列です。 The first element is the connection string specifying the ODBC source for the data. 2 番目の要素は、データを取得するために使用する SQL クエリ文字列です。 The second element is the SQL query string used to get the data. 指定する場合は、SourceDataも指定する必要がありますSourceType If you specify SourceData, you must also specify SourceType. 内にアクティブ セルがある場合、SourceDataの範囲を指定してくださいTableDestinationも同様です。 If the active cell is inside the SourceData range, you must specify TableDestination as well.

TableDestination
Object Object

省略可能なオブジェクトです。 Optional Object. レポートの配置場所を指定するRangeオブジェクトを返します。 A Range object specifying where the report should be placed on the worksheet. この引数を省略した場合、レポートは、アクティブ セルに配置されます。 If this argument is omitted, the report is placed at the active cell.

TableName
Object Object

省略可能なオブジェクトです。 Optional Object. 新しいレポートの名前を指定します。 A string that specifies the name of the new report.

RowGrand
Object Object

省略可能なオブジェクトです。 Optional Object. レポートに行の総計を表示するには、 True を指定します。 True to show grand totals for rows in the report.

ColumnGrand
Object Object

省略可能なオブジェクトです。 Optional Object. レポートに列の総計を表示するには、 True を指定します。 True to show grand totals for columns in the report.

SaveData
Object Object

省略可能なオブジェクトです。 Optional Object. レポートと共にデータを保存します。 True to save data with the report. Falseレポートの定義のみを保存します。 False to save only the report definition.

HasAutoFormat
Object Object

省略可能なオブジェクトです。 Optional Object. True を指定すると自動的にレポートのフォーマットをそれが更新されたとき、またはフィールドが移動します。 True to have Microsoft Excel automatically format the report when it’s refreshed or when fields are moved.

AutoPage
Object Object

省略可能なオブジェクトです。 Optional Object. 有効な場合にのみSourceTypexlConsolidation Valid only if SourceType is xlConsolidation. True統合のページ フィールドを自動的に作成します。 True to have Microsoft Excel create a page field for the consolidation. 場合AutoPageFalse、または複数のページ フィールドを作成する必要があります。 If AutoPage is False, you must create the page field or fields.

Reserved
Object Object

省略可能なオブジェクトです。 Optional Object. Excel では、この引数は使用できません。 Not used by Microsoft Excel.

BackgroundQuery
Object Object

省略可能なオブジェクトです。 Optional Object. True を指定すると、Excel が非同期 (バック グラウンド) でレポートのクエリを実行します。 True to have Excel perform queries for the report asynchronously (in the background). 既定値は False です。 The default value is False.

OptimizeCache
Object Object

省略可能なオブジェクトです。 Optional Object. True の構成時に、ピボット テーブルのキャッシュを最適化するためにします。 True to optimize the PivotTable cache when it's constructed. 既定値は False です。 The default value is False.

PageFieldOrder
Object Object

省略可能なオブジェクトです。 Optional Object. ピボット テーブル レポートのレイアウトに追加するページ フィールドの順序です。 The order in which page fields are added to the PivotTable report’s layout. 次のいずれかのXlOrder定数: xlDownThenOverまたはxlOverThenDownです。 Can be one of the following XlOrder constants: xlDownThenOver or xlOverThenDown. 既定値はxlDownThenOverです。 The default value is xlDownThenOver.

PageFieldWrapCount
Object Object

省略可能なオブジェクトです。 Optional Object. 各列のページ フィールド ピボット テーブル レポート内の行の数です。 The number of page fields in each column or row in the PivotTable report. 既定値は 0 です。 The default value is 0 (zero).

ReadData
Object Object

省略可能なオブジェクトです。 Optional Object. True外部データベースからすべてのレコードを含むピボット テーブル キャッシュを作成するにはこのキャッシュは非常に大きくなることができます。 True to create a PivotTable cache that contains all records from the external database; this cache can be very large. 場合ReadData場合は Falseを設定できます、フィールドのいくつかのサーバー ベースのページ フィールドとして、データが実際に読み取られる前にします。 If ReadData is False, you can set some of the fields as server-based page fields before the data is actually read.

Connection
Object Object

省略可能なオブジェクトです。 Optional Object. ODBC データ ソースに接続できるようにする ODBC 設定を含む文字列です。 A string that contains ODBC settings that allow Excel to connect to an ODBC data source. 接続文字列には、フォームの"ODBC;<接続文字列>」です。 The connection string has the form "ODBC;<connection string>". この引数の以前の設定をオーバーライドする、PivotCacheオブジェクトのConnectionプロパティ。 This argument overrides any previous setting for the PivotCache object’s Connection property.

適用対象