PivotTable.VisualTotals PivotTable.VisualTotals PivotTable.VisualTotals Property

定義

場合は true。(既定値) の場合、オンライン分析処理 (OLAP) ピボット テーブルのアイテムがビューから非表示にされた後の合計を再計算を有効にします。 True (default) to enable Online Analytical Processing (OLAP) PivotTables to recalculate the total after an item has been hidden from view. ブール型 ( Boolean) の値を使用します。 Read/write Boolean.

public:
 property bool VisualTotals { bool get(); void set(bool value); };
public bool VisualTotals { get; set; }
Public Property VisualTotals As Boolean

プロパティ値

注釈

非 OLAP ピボット テーブル、項目を非表示にする場合、ピボット テーブルで表示されているアイテムのみを反映するために合計が再計算されます。 In non-OLAP PivotTables, if you hide an item, the total is recomputed to reflect only the items that remain visible in the PivotTable. OLAP ピボット テーブルでは、合計はサーバーが計算され、影響がないため、ピボット テーブル ビューでアイテムが非表示かどうかによって。 In an OLAP PivotTable, the total is computed on the server and is therefore unaffected by whether any items are hidden in the PivotTable view. ただし、 VisualTotalsプロパティは、OLAP ピボット テーブルをFalseに設定されて、する場合、OLAP ピボット テーブルの結果と一致の非 OLAP ピボット テーブル。 However, if the VisualTotals property is set to False for an OLAP PivotTable, then the results of the OLAP PivotTable will match those of the non-OLAP PivotTable.

OLAP ピボット テーブルの場合、 VisualTotalsプロパティの設定値は True (既定値) も同様の非 OLAP ピボット テーブルを説明するようです。 For OLAP PivotTables, a VisualTotals property setting of True (default) works the same way as described for non-OLAP PivotTables.

VisualTotalsプロパティは、すべて新しいピボット テーブルの場合にTrueを返します。 The VisualTotals property returns True for all new PivotTables. ただし、現在のバージョンの Excel でブックを開くし、Excel の以前のバージョンで作成したピボット テーブル、 VisualTotalsプロパティはFalseを返します。 However, if you open a workbook in the current version of Microsoft Excel and the PivotTable had been created in a previous version of Excel, the VisualTotals property will return False.

適用対象