PivotTables.Add(PivotCache, Object, Object, Object, Object) Method

定義

新しいピボット テーブル レポートを追加します。 Adds a new PivotTable report. 返します、PivotTableオブジェクトです。 Returns a PivotTable object.

public Microsoft.Office.Interop.Excel.PivotTable Add (Microsoft.Office.Interop.Excel.PivotCache PivotCache, object TableDestination, object TableName, object ReadData, object DefaultVersion);

パラメーター

PivotCache
PivotCache

返すメソッドをが必要です。 Required PivotCache. ピボット テーブル キャッシュ新しいピボット テーブル レポートの基になります。 The PivotTable cache on which the new PivotTable report is based. キャッシュでは、レポートのデータを提供します。 The cache provides data for the report.

TableDestination
Object

オブジェクトが必要です。 Required Object. ピボット テーブル レポートの配置先範囲 (結果のレポートを配置するワークシート上の範囲) の左上隅のセルです。 The cell in the upper-left corner of the PivotTable report's destination range (the range on the worksheet where the resulting report will be placed). 含まれるワークシートの変換先の範囲を指定する必要があります、PivotTablesで指定されたオブジェクトexpression You must specify a destination range on the worksheet that contains the PivotTables object specified by expression.

TableName
Object

省略可能なオブジェクトです。 Optional Object. 作成するピボットテーブル レポートの名前を指定します。 The name of the new PivotTable report.

ReadData
Object

省略可能なオブジェクトです。 Optional Object. True外部データベースからすべてのレコードを含むピボット テーブル キャッシュを作成するにはこのキャッシュは非常に大きくなることができます。 True to create a PivotTable cache that contains all records from the external database; this cache can be very large. データが実際に読み取られる前に、一部のフィールドがサーバー ベースのページ フィールドとして設定を有効にします。 False to enable setting some of the fields as server-based page fields before the data is actually read.

DefaultVersion
Object

省略可能なオブジェクトです。 Optional Object. ピボットテーブルが作成された Microsoft Excel のバージョンを指定します。 The version of Microsoft Excel the PivotTable was originally created in.

戻り値

適用対象