PivotTables PivotTables PivotTables Interface

定義

すべてのコレクション、 PivotTable 、指定したワークシート上のオブジェクトです。 A collection of all the PivotTable objects on the specified worksheet.

public interface class PivotTables : System::Collections::IEnumerable
[System.Runtime.InteropServices.Guid("00020873-0000-0000-C000-000000000046")]
[System.Runtime.InteropServices.InterfaceType(2)]
public interface PivotTables : System.Collections.IEnumerable
Public Interface PivotTables
Implements IEnumerable
属性
実装

注釈

使用して、 PivotTables(Object)のピボット テーブルのコレクションを返します。 Use the PivotTables(Object) method to return the PivotTables collection.

使用して、PivotTableWizard(Object, Object, Object, Object, Object, Object, Object, Object, Object, Object, Object, Object, Object, Object, Object, Object)新しいピボット テーブル レポートを作成し、コレクションに追加する方法です。 Use the PivotTableWizard(Object, Object, Object, Object, Object, Object, Object, Object, Object, Object, Object, Object, Object, Object, Object, Object) method to create a new PivotTable report and add it to the collection.

ピボット テーブルを使用して (index)、indexは、ピボット テーブルのインデックス番号または名前、単一のピボット テーブルオブジェクトを取得します。 Use PivotTables(index), where index is the PivotTable index number or name, to return a single PivotTable object.

ピボットテーブル レポートのプログラミングは複雑になることが多いので、一般的には、ピボットテーブル レポートに対する操作を記録して修正をする方が簡単です。 Because PivotTable report programming can be complex, it’s generally easiest to record PivotTable report actions and then revise the recorded code. マクロを記録するには、[ツール] メニューの [マクロ] をポイントし、[新しいマクロの記録] をクリックします。 To record a macro, point to Macro on the Tools menu and click Record New Macro.

プロパティ

Application Application Application

返します、 Application 、Microsoft Excel アプリケーションを表すオブジェクト。 Returns an Application object that represents the Microsoft Excel application. 読み取り専用。 Read-only.

Count Count Count

コレクション内にあるオブジェクトの数を返します。 Returns the number of objects in the collection. 整数型 ( Integer) の値を使用します。 Read-only Integer.

Creator Creator Creator

現在のオブジェクトが作成されたアプリケーションを示す 32 ビットの整数を返します。 Returns a 32-bit integer that indicates the application in which this object was created. オブジェクトは、Microsoft Excel で作成されている場合を返します文字列 XCEL を 16 進数の 5843454c に相当 If the object was created in Microsoft Excel, this property returns the string XCEL, which is equivalent to the hexadecimal number 5843454C. 読み取り専用XlCreator Read-only XlCreator.

Parent Parent Parent

指定されたオブジェクトの親オブジェクトを取得します。値の取得のみ可能です。 Returns the parent object for the specified object. Read-only.

方法

Add(PivotCache, Object, Object, Object, Object) Add(PivotCache, Object, Object, Object, Object) Add(PivotCache, Object, Object, Object, Object)

新しいピボット テーブル レポートを追加します。 Adds a new PivotTable report. 返します、PivotTableオブジェクトです。 Returns a PivotTable object.

GetEnumerator() GetEnumerator() GetEnumerator()
Item(Object) Item(Object) Item(Object)

コレクションから単一のオブジェクトを返します。 Returns a single object from a collection.

適用対象