Range.Name Range.Name Range.Name Property

定義

オブジェクトの名前を設定または返します。 Returns or sets the name of the object.

public:
 property System::Object ^ Name { System::Object ^ get(); void set(System::Object ^ value); };
public object Name { get; set; }
Public Property Name As Object

プロパティ値

注釈

Rangeオブジェクトの名前は、Nameオブジェクトです。 The name of a Range object is a Name object. すべての他のタイプのオブジェクトについて、名前は、文字列です。 For every other type of object, the name is a String.

次の表に、値の例のNameプロパティと関連するプロパティの指定、OLAP データ ソースの一意の名前] [ヨーロッパ] です。[東京都] です。[東京]"OLAP 以外のデータ ソースのアイテム名が「東京」とします。 The following table shows example values of the Name property and related properties given an OLAP data source with the unique name "[Europe].[France].[Paris]" and a non-OLAP data source with the item name "Paris".

Caption Caption 東京 Paris 東京 Paris
名前 Name [都道府県].[東京都].東京 [Europe].[France].Paris 東京 Paris
SourceName SourceName [都道府県].[東京都].東京 [Europe].[France].Paris (SQL プロパティと同じ値、読み取り専用) (Same as SQL property value, read-only)
Value [都道府県].[東京都].東京 [Europe].[France].Paris 東京 Paris

インデックスを指定する場合、PivotItemsコレクションでは、次の表に示すように構文を使用することができます。 When specifying an index into the PivotItems collection, you can use the syntax shown in the following table.

式です。返すプロパティ (「[ヨーロッパ]。 [東京都] です。[東京]") expression.PivotItems("[Europe].[France].[Paris]") 式です。PivotItems("Paris") expression.PivotItems("Paris")

使用する場合、Item(Object)プロパティ、コレクションの特定のメンバーを参照するには、次の表に示すようにテキストをインデックス名を使用することができます。 When using the Item(Object) property to reference a specific member of a collection, you can use the text index name as shown in the following table.

[ヨーロッパ] です。[東京都] です。[東京] [Europe].[France].[Paris] 東京 Paris

適用対象