Range.Parse(Object, Object) Range.Parse(Object, Object) Method

定義

範囲のデータを解析し、複数のセルに分割します。 Parses a range of data and breaks it into multiple cells.

public object Parse (object ParseLine, object Destination);
Public Function Parse (Optional ParseLine As Object, Optional Destination As Object) As Object

パラメーター

ParseLine
Object Object

省略可能なオブジェクトです。 Optional Object. セルを分割する位置を示すために左と右の角かっこを含む文字列です。たとえば、"[xxx] [xxx]"は変換先の範囲の最初の列に最初の 3 文字を挿入すると、2 番目の列に次の 3 つの文字を挿入します。この引数を省略すると、区切り位置の範囲の左上のセルの間隔に基づいて列を分割します。 A string that contains left and right brackets to indicate where the cells should be split.For example, "[xxx][xxx]" would insert the first three characters into the first column of the destination range, and it would insert the next three characters into the second column.If this argument is omitted, Microsoft Excel guesses where to split the columns based on the spacing of the top left cell in the range. 入力ラインを推測する別の範囲を使用する場合は、 Rangeオブジェクトとしてを使用して、ParseLineの引数です。 If you want to use a different range to guess the parse line, use a Range object as the ParseLine argument. その範囲は、解析されるセルの 1 つである必要があります。 That range must be one of the cells that's being parsed. ParseLine引数は、角かっことスペースを含めて 255 文字より長くすることはできません。 The ParseLine argument cannot be longer than 255 characters, including the brackets and spaces.

Destination
Object Object

省略可能なオブジェクトです。 Optional Object. ARange解析されたデータの変換先の範囲の左上隅を表すオブジェクト。 A Range object that represents the upper-left corner of the destination range for the parsed data. この引数を省略すると、Microsoft Excel で解析します。 If this argument is omitted, Microsoft Excel parses in place.

戻り値

注釈

いくつかの隣接する列のセル範囲の内容を配布しています。 Distributes the contents of the range to fill several adjacent columns. 範囲は、複数の列の幅であることができます。 The range can be no more than one column wide.

適用対象