Range.Range[Object, Object] Range.Range[Object, Object] Property

定義

返します、 Range 、セルまたはセル範囲を表すオブジェクト。 Returns a Range object that represents a cell or a range of cells.

public:
 property Microsoft::Office::Interop::Excel::Range ^ Range[System::Object ^, System::Object ^] { Microsoft::Office::Interop::Excel::Range ^ get(System::Object ^ Cell1, System::Object ^ Cell2); };
public Microsoft.Office.Interop.Excel.Range Range[object Cell1, object Cell2] { get; }

パラメーター

Cell1
Object Object

オブジェクトが必要です。 Required Object. 範囲の名前を指定します。 The name of the range. マクロの言語での A1 形式の参照でなければなりません。 This must be an A1-style reference in the language of the macro. それは、範囲演算子 (コロン)、交差演算子 (スペース)、または union 演算子 (コンマ) を含めることができます。 It can include the range operator (a colon), the intersection operator (a space), or the union operator (a comma). ドル記号 ($) を含めることもできますが、無視されます。 It can also include dollar signs, but they’re ignored. 範囲の任意の部分でローカルに定義された名前を使用することができます。 You can use a local defined name in any part of the range. 名を使用する場合、名前は、マクロの言語であると見なされます。 If you use a name, the name is assumed to be in the language of the macro.

Cell2
Object Object

省略可能なオブジェクトです。 Optional Object. 範囲の左上隅と右下隅のセルです。 The cell in the upper-left and lower-right corner of the range. Rangeオブジェクトを含む、1 つのセル、列全体、または全体の行、またはマクロの言語で単一のセルの名前を示す文字列にすることができます。 Can be a Range object that contains a single cell, an entire column, or entire row, or it can be a string that names a single cell in the language of the macro.

プロパティ値

注釈

このプロパティは、 Rangeオブジェクトを基準とします。 This property is relative to the Range object. たとえば、選択範囲がセル C3 の場合は、Selection.Range("B1") を返します。 セル D3 から返されたRangeオブジェクトを基準にすることがあるため、Selectionプロパティ。 For example, if the selection is cell C3, then Selection.Range("B1") returns cell D3 because it’s relative to the Range object returned by the Selection property. 一方、ActiveSheet.Range("B1") は、セル B1 を常に返します。 On the other hand, ActiveSheet.Range("B1") always returns cell B1.

適用対象