Range.ShowDetail Range.ShowDetail Range.ShowDetail Property

定義

(列または行の詳細が見えるように) に、指定した範囲のアウトラインが展開されている場合はTrueを返します。 Returns True if the outline is expanded for the specified range (so that the detail of the column or row is visible).

public:
 property System::Object ^ ShowDetail { System::Object ^ get(); void set(System::Object ^ value); };
public object ShowDetail { get; set; }
Public Property ShowDetail As Object

プロパティ値

注釈

指定した範囲は、1 つの集計列または行のアウトラインにする必要があります。 The specified range must be a single summary column or row in an outline.

範囲は、ピボット テーブル レポートでは、アイテムの詳細を表示する場合に、このプロパティがTrueに設定します。 If the range is in a PivotTable report, this property is set to True if the item is showing detail.

ピボットテーブル レポート内のセル範囲以外が対象のとき、次のことに注意します。 If the specified range isn’t in a PivotTable report, the following statements are true:

  • セル範囲は、単一の集計行または集計列である必要があります。 The range must be in a single summary row or column.
  • 対象グループ内の詳細行または詳細列が 1 つでも非表示のとき、このプロパティは False になります。 This property returns False if any of the children of the row or column are hidden.
  • Trueにこのプロパティを設定することは、サマリー行または列のすべての子を表示するのと同じです。 Setting this property to True is equivalent to showing all the children of the summary row or column.
  • このプロパティに False を設定すると、集計行または集計列に対応する詳細行または詳細列をすべて非表示にすることになります。 Setting this property to False is equivalent to hiding all the children of the summary row or column.
  • ピボットテーブル レポート内のセル範囲が対象のとき、連続しているセル範囲の場合に限り、一度に複数のセル範囲をこのプロパティに指定することができます。セル範囲が単一セルの場合だけ、このプロパティで値を返すことができます。 If the specified range is in a PivotTable report, it’s possible to set this property for more than one cell at a time if the range is contiguous. This property can be returned only if the range is a single cell.

OLAP データ ソースでは、このプロパティを使用できません。 This property isn’t available for OLAP data sources.

適用対象