Workbooks.Open(String, Object, Object, Object, Object, Object, Object, Object, Object, Object, Object, Object, Object, Object, Object) Workbooks.Open(String, Object, Object, Object, Object, Object, Object, Object, Object, Object, Object, Object, Object, Object, Object) Method

定義

ブックを開きます。 Opens a workbook.

public Microsoft.Office.Interop.Excel.Workbook Open (string Filename, object UpdateLinks, object ReadOnly, object Format, object Password, object WriteResPassword, object IgnoreReadOnlyRecommended, object Origin, object Delimiter, object Editable, object Notify, object Converter, object AddToMru, object Local, object CorruptLoad);
Public Function Open (Filename As String, Optional UpdateLinks As Object, Optional ReadOnly As Object, Optional Format As Object, Optional Password As Object, Optional WriteResPassword As Object, Optional IgnoreReadOnlyRecommended As Object, Optional Origin As Object, Optional Delimiter As Object, Optional Editable As Object, Optional Notify As Object, Optional Converter As Object, Optional AddToMru As Object, Optional Local As Object, Optional CorruptLoad As Object) As Workbook

パラメーター

Filename
String String

文字列 が必要です。 Required String. 開くブックのファイル名です。 The file name of the workbook to be opened.

UpdateLinks
Object Object

省略可能なオブジェクトです。 Optional Object. ファイル内の方法のリンクが更新されるかを指定します。 Specifies the way links in the file are updated. この引数を省略すると、リンクの更新方法を指定する入力が求められます。 If this argument is omitted, the user is prompted to specify how links will be updated. それ以外の場合、この引数は、次の表に記載されている値のいずれかです。WKS でファイルを開く、Microsoft Excel の場合、[WK1 または WK3 の書式を設定し、UpdateLinksの引数が 2 で、Microsoft Excel ファイルに接続されているグラフからグラフが生成されます。 Otherwise, this argument is one of the values listed in the following table.If Microsoft Excel is opening a file in the WKS, WK1, or WK3 format and the UpdateLinks argument is 2, Microsoft Excel generates charts from the graphs attached to the file. 引数が 0 の場合は、グラフは作成されません。 If the argument is 0, no charts are created.

ReadOnly
Object Object

省略可能なオブジェクトです。 Optional Object. ブックを読み取り専用モードで開くには、True を指定します。 True to open the workbook in read-only mode.

Format
Object Object

省略可能なオブジェクトです。 Optional Object. この引数に Excel は、テキスト ファイルを開くときは、次の表に示すように、区切り文字を指定します。 If Microsoft Excel is opening a text file, this argument specifies the delimiter character, as shown in the following table. この引数を省略すると、現在の区切り記号が使用されます。 If this argument is omitted, the current delimiter is used.

Password
Object Object

省略可能なオブジェクトです。 Optional Object. 保護されたブックを開くためのパスワードを含む文字列です。 A string that contains the password required to open a protected workbook. この引数を省略するし、ブックにパスワードが必要です、パスワードの入力が求められます。 If this argument is omitted and the workbook requires a password, the user is prompted for the password.

WriteResPassword
Object Object

省略可能なオブジェクトです。 Optional Object. 読み取り専用のブックへの書き込みに必要なパスワードを含む文字列です。 A string that contains the password required to write to a write-reserved workbook. この引数を省略するし、ブックにパスワードが必要です、ユーザーはパスワードを求められます。 If this argument is omitted and the workbook requires a password, the user will be prompted for the password.

IgnoreReadOnlyRecommended
Object Object

省略可能なオブジェクトです。 Optional Object. [ 読み取り専用を推奨する] チェック ボックスをオンにして保存されたブックを開くときでも、読み取り専用を推奨するメッセージを非表示にするには、 True を指定します。 True to have Microsoft Excel not display the read-only recommended message (if the workbook was saved with the Read-Only Recommended option).

Origin
Object Object

省略可能なオブジェクトです。 Optional Object. ファイルがテキスト ファイルの場合は、この引数では、発生元、コード ページとキャリッジ リターンとライン フィード (CR-LF) を正しくマップすることができます) ことを示します。 If the file is a text file, this argument indicates where it originated (so that code pages and Carriage Return/Line Feed (CR/LF) can be mapped correctly). 次のいずれかのXlPlatform定数:コード ページとxlWindows、またはするために必要です。 Can be one of the following XlPlatform constants: xlMacintosh, xlWindows, or xlMSDOS. この引数を省略すると、現在のオペレーティング システムが使用されます。 If this argument is omitted, the current operating system is used.

Delimiter
Object Object

省略可能なオブジェクトです。 Optional Object. 場合は、ファイルは、テキスト ファイルで、引数Formatには、6、この引数は、区切り記号として使用する文字を指定する文字列です。 If the file is a text file and the Format argument is 6, this argument is a string that specifies the character to be used as the delimiter. たとえば、タブの Chr(9) を使用して、使用、セミコロン、またはカスタムの文字を使用してコンマを使用しての「;」です。 For example, use Chr(9) for tabs, use "," for commas, use ";" for semicolons, or use a custom character. 文字列の最初の文字のみが使用されます。 Only the first character of the string is used.

Editable
Object Object

省略可能なオブジェクトです。 Optional Object. ファイルが Microsoft Excel 4.0 のアドインの場合、この引数にTrueを表示可能なウィンドウになるようにアドインを開きます。 If the file is a Microsoft Excel 4.0 add-in, this argument is True to open the add-in so that it’s a visible window. この引数がFalseまたは省略すると、アドインを開くと、非表示、再表示にすることはできません。 If this argument is False or omitted, the add-in is opened as hidden, and it cannot be unhidden. Microsoft Excel 5.0 以降で作成されたアドインには、このオプションは適用されません。 This option doesn't apply to add-ins created in Microsoft Excel 5.0 or later. ファイルが Excel テンプレートの場合は、 Trueを使いますを編集用に指定されたテンプレートを開くまたはFalseを指定したテンプレートに基づく新しいブックを開きます。 If the file is an Excel template, use True to open the specified template for editing or False to open a new workbook based on the specified template. 既定値は False です。 The default value is False.

Notify
Object Object

省略可能なオブジェクトです。 Optional Object. 場合ファイルは、読み取り/書き込みモードで開くことができません、この引数にtrue を指定ファイルを通知リストに追加するのには。 If the file cannot be opened in read/write mode, this argument is True to add the file to the file notification list. Microsoft Excel ファイルを読み取り専用として開くには、ポーリング通知リストに、ファイルが利用可能になったらユーザーに通知されます。 Microsoft Excel will open the file as read-only, poll the file notification list, and then notify the user when the file becomes available. この引数がFalseか省略すると、通知を行わず、ファイルへのアクセスは失敗します。 If this argument is False or omitted, no notification is requested, and any attempts to open an unavailable file will fail.

Converter
Object Object

省略可能なオブジェクトです。 Optional Object. ファイルを開くときの最初のファイル コンバーターのインデックス。 The index of the first file converter to try when opening the file. 指定したファイル コンバーターが試みられます。このコンバーターがファイルを認識しない場合は、他のすべてのコンバーターが試行されます。 The specified file converter is tried first; if this converter doesn’t recognize the file, all other converters are tried. コンバーターのインデックスは、によって返されるコンバーターの行番号で構成されています、FileConverters[Object, Object]プロパティ。 The converter index consists of the row numbers of the converters returned by the FileConverters[Object, Object] property.

AddToMru
Object Object

省略可能なオブジェクトです。 Optional Object. 最近使用したファイルの場合は trueの一覧にこのブックを追加するのには。 True to add this workbook to the list of recently used files. 既定値は False です。 The default value is False.

Local
Object Object

省略可能なオブジェクトです。 Optional Object. True の場合は、(コントロール パネルの設定を含む)、Microsoft Excel の言語ファイルを保存します。 True saves files against the language of Microsoft Excel (including control panel settings). False(既定値) ファイルを保存する Visual Basic for Applications の言語 (VBA) では英語 (米国) から Workbooks.Open を実行している VBA プロジェクトが以前の国際化 XL5/95 VBA プロジェクトでない限り)。 False (default) saves files against the language of Visual Basic for Applications (VBA) (which is typically U.S. English unless the VBA project where Workbooks.Open is run from is an old internationalized XL5/95 VBA project).

CorruptLoad
Object Object

省略可能なオブジェクトです。 Optional Object. 使用できる定数は、次のいずれか: xlNormalLoadxlRepairFile、およびxlExtractData Can be one of the following constants: xlNormalLoad, xlRepairFile, and xlExtractData. 値が指定されていない場合の既定の動作は、通常は標準ですが、Excel のファイルを開くことが既に実行しようとしている場合、読み込みやデータの修復があります。 The default behavior if no value is specified is usually normal, but may be safe load or data recovery if Excel has already attempted to open the file. 最初の試行は、正常です。 The first attempt is normal. Excel は、ファイルを開くときに動作を停止する場合、2 回目の試行は、安全な負荷です。 If Excel stops operating while opening the file, the second attempt is safe load. 場合は再度、Excel には、動作が停止した、次の試行は、データ リカバリです。 If Excel again stops operating, the next attempt is data recovery.

戻り値

注釈

既定では、プログラムでファイルを開くときにマクロが有効にします。 By default, macros are enabled when opening files programmatically. 使用して、AutomationSecurityプログラムを使用してファイルを開くときに使用するマクロのセキュリティ モードを設定するプロパティです。 Use the AutomationSecurity property to set the macro security mode used when opening files programmatically.

適用対象