Documents.Add(Object, Object, Object, Object) Documents.Add(Object, Object, Object, Object) Method

定義

開いてDocumentいるドキュメントのコレクションに追加された新しい空のドキュメントを表すオブジェクトを返します。Returns a Document object that represents a new, empty document added to the collection of open documents.

public Microsoft.Office.Interop.Word.Document Add (ref object Template, ref object NewTemplate, ref object DocumentType, ref object Visible);
Public Function Add (Optional ByRef Template As Object, Optional ByRef NewTemplate As Object, Optional ByRef DocumentType As Object, Optional ByRef Visible As Object) As Document

パラメーター

Template

省略可能なオブジェクトです。Optional Object. 新しいドキュメントに使用されるテンプレートの名前です。The name of the template to be used for the new document. この引数を省略した場合、標準テンプレートが使用されます。If this argument is omitted, the Normal template is used.

NewTemplate

省略可能なオブジェクトです。Optional Object. True を設定すると、テンプレートとしてドキュメントを開きます。True to open the document as a template. 既定値は False です。The default value is False.

DocumentType

省略可能なオブジェクトです。Optional Object. WdNewDocumentTypeの定数のいずれか: Wdnewば documentwdnewblankdocumentWdnewframeset、またはwdnewweb ページを使用できます。Can be one of the following WdNewDocumentType constants: wdNewBlankDocument, wdNewEmailMessage, wdNewFrameset, or wdNewWebPage. 既定の定数は wdNewBlankDocument です。The default constant is wdNewBlankDocument.

Visible

省略可能なオブジェクトです。Optional Object. True を設定すると、可視ウィンドウにドキュメントを開きます。True to open the document in a visible window. この値をfalseに設定すると、文書が開かれますVisibleが、文書ウィンドウのプロパティはfalseに設定されます。If this value is False, Microsoft Word opens the document but sets the Visible property of the document window to False. 既定値は True です。The default value is True.

戻り値

適用対象