Documents.Open(Object, Object, Object, Object, Object, Object, Object, Object, Object, Object, Object, Object, Object, Object, Object, Object) Documents.Open(Object, Object, Object, Object, Object, Object, Object, Object, Object, Object, Object, Object, Object, Object, Object, Object) Method

定義

指定された文書を開き、 Documentsコレクションに追加します。Opens the specified document and adds it to the Documents collection.

public Microsoft.Office.Interop.Word.Document Open (ref object FileName, ref object ConfirmConversions, ref object ReadOnly, ref object AddToRecentFiles, ref object PasswordDocument, ref object PasswordTemplate, ref object Revert, ref object WritePasswordDocument, ref object WritePasswordTemplate, ref object Format, ref object Encoding, ref object Visible, ref object OpenAndRepair, ref object DocumentDirection, ref object NoEncodingDialog, ref object XMLTransform);
Public Function Open (ByRef FileName As Object, Optional ByRef ConfirmConversions As Object, Optional ByRef ReadOnly As Object, Optional ByRef AddToRecentFiles As Object, Optional ByRef PasswordDocument As Object, Optional ByRef PasswordTemplate As Object, Optional ByRef Revert As Object, Optional ByRef WritePasswordDocument As Object, Optional ByRef WritePasswordTemplate As Object, Optional ByRef Format As Object, Optional ByRef Encoding As Object, Optional ByRef Visible As Object, Optional ByRef OpenAndRepair As Object, Optional ByRef DocumentDirection As Object, Optional ByRef NoEncodingDialog As Object, Optional ByRef XMLTransform As Object) As Document

パラメーター

FileName

必要なオブジェクトRequired Object. 文書の名前を指定します。パスを指定することもできます。The name of the document (paths are accepted).

ConfirmConversions

省略可能なオブジェクトです。Optional Object. True ファイルが Word 形式でない場合は、[ ファイルの変換] ダイアログ ボックスを表示します。True to display the Convert File dialog box if the file isn't in Microsoft Word format.

ReadOnly

省略可能なオブジェクトです。Optional Object. True の場合は、ドキュメントを読み取り専用で開きます。メモ この引数を指定しても、保存されているドキュメントの読み取り専用の推奨設定は無効になりません。True to open the document as read-only.Note This argument doesn't override the read-only recommended setting on a saved document. たとえば、ドキュメントが読み取り専用を推奨する設定で保存されている場合、引数ReadOnlyFalseに設定しても、ファイルを読み取り/書き込み可能として開くことはありません。For example, if a document has been saved with read-only recommended turned on, setting the ReadOnly argument to False will not cause the file to be opened as read/write.

AddToRecentFiles

省略可能なオブジェクトです。Optional Object. True を設定すると、[ファイル] メニューの最下部の最近使用したファイルの一覧にファイル名を追加します。True to add the file name to the list of recently used files at the bottom of the File menu.

PasswordDocument

省略可能なオブジェクトです。Optional Object. 文書を開くためのパスワードを指定します。The password for opening the document.

PasswordTemplate

省略可能なオブジェクトです。Optional Object. テンプレートを開くためのパスワードを指定します。The password for opening the template.

Revert

省略可能なオブジェクトです。Optional Object. 開いている文書FileNameの名前がの場合の処理を制御します。Controls what happens if FileName is the name of an open document. True を設定すると、保存されていない開いている文書への変更を破棄して、ファイルを再度開きます。True to discard any unsaved changes to the open document and reopen the file. False を設定すると、開いている文書をアクティブにします。False to activate the open document.

WritePasswordDocument

省略可能なオブジェクトです。Optional Object. 文書への変更を保存するためのパスワードを指定します。The password for saving changes to the document.

WritePasswordTemplate

省略可能なオブジェクトです。Optional Object. テンプレートへの変更を保存するためのパスワードを指定します。The password for saving changes to the template.

Format

省略可能なオブジェクトです。Optional Object. 文書を開くために使用するファイル コンバーターを指定します。The file converter to be used to open the document. 定数にWdOpenFormatすることができます。外部ファイル形式を指定するには、 OpenFormatこの引数とFileConverter共に使用する値を決定するために、オブジェクトにプロパティを適用します。Can be a WdOpenFormat constant.To specify an external file format, apply the OpenFormat property to a FileConverter object to determine the value to use with this argument.

Encoding

省略可能なオブジェクトです。Optional Object. 保存された文書を表示するときに Microsoft Word で使用する、文書のエンコード (コード ページまたは文字セット) を指定します。The document encoding (code page or character set) to be used by Microsoft Word when you view the saved document. 任意の有効なMsoEncoding定数を使用できます。Can be any valid MsoEncoding constant. 既定値はシステム コード ページです。The default value is the system code page.

Visible

省略可能なオブジェクトです。Optional Object. True の 表示ウィンドウで、ドキュメントが開かれている場合です。True if the document is opened in a visible window. 既定値は、 true を指定 します。The default value is True.

OpenAndRepair

省略可能なオブジェクトです。Optional Object. 文書の破損を防ぐために文書を修復します。True to repair the document to prevent document corruption.

DocumentDirection

省略可能なオブジェクトです。定数にWdDocumentDirectionすることができます。Optional Object. Can be a WdDocumentDirection constant.

NoEncodingDialog

省略可能なオブジェクトです。Optional Object. True を設定すると、エンコード方法が認識されない場合には、エンコード方法を指定するダイアログ ボックスが表示されません。True to skip displaying the Encoding dialog box that Word displays if the text encoding cannot be recognized. 既定値は False です。The default value is False.

XMLTransform

省略可能なオブジェクトです。Optional Object. 使用する変換を指定します。Specifies a transform to use.

戻り値

注釈

アプリケーションにハードコードされたパスワードを使わないでください。プロシージャでパスワードが必要な場合は、ユーザーに要求したパスワードを変数に格納し、プログラムでその変数を使います。Avoid using hard-coded passwords in your applications. If a password is required in a procedure, request the password from the user, store it in a variable, and then use the variable in your code.

適用対象