KeyBindings.Add(WdKeyCategory, String, Int32, Object, Object) KeyBindings.Add(WdKeyCategory, String, Int32, Object, Object) Method

定義

返します、KeyBindingマクロ、組み込みコマンド、フォント、定型句、スタイル、またはシンボルの新しいショートカット キーを表すオブジェクト。 Returns a KeyBinding object that represents a new shortcut key for a macro, built-in command, font, AutoText entry, style, or symbol.

public Microsoft.Office.Interop.Word.KeyBinding Add (Microsoft.Office.Interop.Word.WdKeyCategory KeyCategory, string Command, int KeyCode, ref object KeyCode2, ref object CommandParameter);
Public Function Add (KeyCategory As WdKeyCategory, Command As String, KeyCode As Integer, Optional ByRef KeyCode2 As Object, Optional ByRef CommandParameter As Object) As KeyBinding
パラメーター
KeyCategory
WdKeyCategory WdKeyCategory

必要なWdKeyCategory Required WdKeyCategory. キー定義の分類を指定します。 The category of the key assignment.

Command
String String

文字列 が必要です。 Required String. 指定されたキーの組み合わせによって実行されるコマンドを指定します。 The command that the specified key combination executes.

KeyCode
Int32 Int32

整数が必要です。 Required Integer. いずれかを使用して、指定したキー、WdKey定数。 A key you specify by using one of the WdKey constants.

KeyCode2
Object Object

省略可能なオブジェクトです。 Optional Object. 2 番目のキーのいずれかを使用して指定する、WdKey定数。 A second key you specify by using one of the WdKey constants.

CommandParameter
Object Object

省略可能なオブジェクトです。 Optional Object. 追加テキストは、必要な場合などで指定されたコマンドのCommand Additional text, if any, required for the command specified by Command. 詳細については、「備考」を参照してください。 For details, see the Remarks section below.

戻り値

注釈

使用することができます、BuildKeyCode(WdKey, Object, Object, Object)を作成する方法、KeyCodeまたはKeyCode2の引数です

、次の表に、左側の列に、コマンドの値を必要とするコマンドが含まれていて、右側の列の説明を指定するのには行う必要がありますCommandParameterの各コマンド。(同等の操作をキーボードのユーザー設定] ダイアログ ボックス ([ツール] メニュー) を指定することでCommandParameter[コマンド] ボックスで次のコマンドのいずれかを選択するときに表示されるリスト ボックスで項目を選択すること)

罫線、または網かけの設定いくつかの
1 ~ 45 の数値、文字列として指定されている-を適用する列の数に対応する
0.1 ポイントと 12.75 ポイントとの間のテキスト単位の 縮小0.05 ポイント単位 (72 ポイント = 1 インチ) で指定された
FileOpenFile拡張の 0.1 ポイントの間でおよび 12.75 ポイントが 0.05 ポイント単位 (72 ポイント = 1 インチ) で指定されたテキスト単位開かれるファイルのパスとファイル名です。パスが指定されていない、現在のフォルダーが使用されます
フォント サイズ正の値では 0.5 ポイント単位 (72 ポイント = 1 インチ) で指定
下げる上げる1 ポイントの間で、64 ポイント、0.5 ポイント単位 (72 ポイント = 1 インチ) で指定されている A のテキストの測定
シンボルchr()と記号フォントの名前を連結することによって作成された文字列 (たとえば、Chr(167) & 「シンボル」)

You can use the BuildKeyCode(WdKey, Object, Object, Object) method to create the KeyCode or KeyCode2 argument.

In the following table, the left-hand column contains commands that require a command value, and the right-hand column describes what you must do to specify CommandParameter for each of these commands. (The equivalent action in the Customize Keyboard dialog box (Tools menu) to specifying CommandParameter is selecting an item in the list box that appears when you select one of the following commands in the Commands box.)

Borders, Color, or ShadingA number— specified as text— corresponding to the position of the setting selected in the list box that contains values, where 0 (zero) is the first item, 1 is the second item, and so on
Columns A number between 1 and 45— specified as text— corresponding to the number of columns you want to apply
Condensed A text measurement between 0.1 point and 12.75 points specified in 0.05-point increments (72 points = 1 inch)
Expanded A text measurement between 0.1 point and 12.75 points specified in 0.05-point increments (72 points = 1 inch)
FileOpenFile The path and file name of the file to be opened. If the path isn't specified, the current folder is used.
Font Size A positive text measurement, specified in 0.5-point increments (72 points = 1 inch)
Lowered, RaisedA text measurement between 1 point and 64 points, specified in 0.5-point increments (72 points = 1 inch)
Symbol A string created by concatenating a Chr() instruction and the name of a symbol font (for example, Chr(167) & "Symbol")

適用対象