ControlCollection.AddChart メソッド

定義

オーバーロード

AddChart(Range, String)

新しい Chart コントロールをワークシートの指定の範囲に追加します。Adds a new Chart control to the worksheet at the range specified.

AddChart(Double, Double, Double, Double, String)

新しい Chart コントロールを指定されたサイズおよび位置でワークシートに追加します。Adds a new Chart control to the worksheet in the specified size and location.

AddChart(Range, String)

新しい Chart コントロールをワークシートの指定の範囲に追加します。Adds a new Chart control to the worksheet at the range specified.

public Microsoft.Office.Tools.Excel.Chart AddChart (Microsoft.Office.Interop.Excel.Range range, string name);

パラメーター

range
Range

コントロールの境界を表す RangeA Range that provides the bounds for the control.

name
String

ControlCollection インスタンス内のコントロールにインデックスを付けるために使用できるコントロールの名前。The name of the control that can be used to index the control in the ControlCollection instance.

戻り値

Chart インスタンスに追加された ControlCollection コントロール。The Chart control that was added to the ControlCollection instance.

例外

name 引数または range 引数が null。または、name 引数の長さが 0 の場合。The name or range argument is null, or the name argument has zero length.

同じ名前のコントロールが既に ControlCollection インスタンスに存在します。A control with the same name is already in the ControlCollection instance.

指定された範囲が無効である場合。The range that was specified is not valid. 複数の領域で構成される範囲は使用できません。Multi-area ranges cannot be used. 範囲は、ControlCollection インスタンスと同じワークシート上であることが必要です。The range should be on the same worksheet as the ControlCollection instance.

次のコード例では、16をセルE1からE3までの数値を挿入し、数値を24からセルへのF1からF3まで挿入します。The following code example inserts the number 16 to cells E1 through E3 and the number 24 to cells F1 through F3. 次に、コントロールをChartセルA1からC8に作成し、 **** SetSourceDataセルE1を使用して、グラフにデータを設定するメソッドを渡します。The code then creates a Chart control to cells A1 through C8 and passes cells E1 through F3 to the SetSourceData method to populate the chart with data.

private void ExcelAddRangeChart()
{
    this.Range["E1", "E3"].Value2 = 16;
    this.Range["F1", "F3"].Value2 = 24;

    Microsoft.Office.Tools.Excel.Chart chart1 =
        this.Controls.AddChart(this.Range["A1", "C8"], "Chart1");

    chart1.SetSourceData(this.Range["E1", "F5"], Excel.XlRowCol.xlColumns);
    chart1.ChartType = Excel.XlChartType.xlColumnClustered;
}
Private Sub ExcelAddRangeChart()
    Me.Range("E1", "E3").Value2 = 16
    Me.Range("F1", "F3").Value2 = 24

    Dim Chart1 As Microsoft.Office.Tools.Excel.Chart _
        = Me.Controls.AddChart(Me.Range("A1", "C8"), _
        "Chart1")

    Chart1.SetSourceData(Me.Range("E1", "F5"), _
        Excel.XlRowCol.xlColumns)
    Chart1.ChartType = Excel.XlChartType. _
        xlColumnClustered

End Sub 

注釈

メソッドを使用すると、 Chart ControlCollectionの末尾にコントロールを追加できます。 AddChartThe AddChart method enables you to add Chart controls to the end of the ControlCollection. プログラムによっChartて追加されたコントロールを削除するRemoveには、メソッドを使用します。To remove a Chart control that was previously added programmatically, use the Remove method.

AddChart(Double, Double, Double, Double, String)

新しい Chart コントロールを指定されたサイズおよび位置でワークシートに追加します。Adds a new Chart control to the worksheet in the specified size and location.

public Microsoft.Office.Tools.Excel.Chart AddChart (double left, double top, double width, double height, string name);

パラメーター

left
Double

コントロールの左端からワークシートの左端までの間隔 (ポイント単位)。The distance in points between the left edge of the control and the left edge of the worksheet.

top
Double

コントロールの上端からワークシートの上端までの距離 (ポイント単位)。The distance in points between the top edge of the control and the top edge of the worksheet.

width
Double

コントロールの幅 (ポイント単位)。The width of the control in points.

height
Double

コントロールの高さ (ポイント単位)。The height of the control in points.

name
String

コントロールの名前。The name of the control.

戻り値

Chart インスタンスに追加された ControlCollection コントロール。The Chart control that was added to the ControlCollection instance.

例外

name 引数が null か、または長さが 0 である場合。The name argument is null or has zero length.

同じ名前のコントロールが既に ControlCollection インスタンスに存在します。A control with the same name is already in the ControlCollection instance.

次のコード例では、16をセルE1からE3までの数値を挿入し、数値を24からセルへのF1からF3まで挿入します。The following code example inserts the number 16 to cells E1 through E3 and the number 24 to cells F1 through F3. 次に、ワークシートChartの一番上にコントロールを作成し、セルE1 SetSourceDataからF3を渡して、グラフにデータを設定します。The code then creates a Chart control to the top of the worksheet and passes cells E1 through F3 to the SetSourceData method to populate the chart with data.

private void ExcelAddChart()
{
    this.Range["E1", "E3"].Value2 = 16;
    this.Range["F1", "F3"].Value2 = 24;

    Microsoft.Office.Tools.Excel.Chart chart1 =
        this.Controls.AddChart(0, 0, 130, 130, "chart1");

    chart1.SetSourceData(this.Range["E1", "F3"], Excel.XlRowCol.xlColumns);
    chart1.ChartType = Excel.XlChartType.xlColumnClustered;
}
Private Sub ExcelAddChart()
    Me.Range("E1", "E3").Value2 = 16
    Me.Range("F1", "F3").Value2 = 24

    Dim Chart1 As Microsoft.Office.Tools.Excel. _
        Chart = Me.Controls.AddChart(0, 0, 130, _
        130, "Chart1")

    Chart1.SetSourceData(Me.Range("E1", "F3"), _
        Excel.XlRowCol.xlColumns)
    Chart1.ChartType = Excel.XlChartType. _
        xlColumnClustered

End Sub

注釈

メソッドを使用すると、 Chart ControlCollectionの末尾にコントロールを追加できます。 AddChartThe AddChart method enables you to add Chart controls to the end of the ControlCollection. プログラムによっChartて追加されたコントロールを削除するRemoveには、メソッドを使用します。To remove a Chart control that was previously added programmatically, use the Remove method.

適用対象