Button クラス

定義

Microsoft Office Word 文書に追加できる Windows フォームのボタンを表します。

[System.ComponentModel.DefaultEvent("Click")]
[System.ComponentModel.DefaultProperty("Text")]
[System.ComponentModel.ToolboxItem(false)]
public class Button : System.Windows.Forms.Button
継承
Button
属性

注釈

Microsoft.Office.Tools.Word.Controls.Button とは異なり System.Windows.Forms.Button ます。 に Microsoft.Office.Tools.Word.Controls.Button は追加のメンバーがあり、これを使用して Word 文書に追加し、追加のメソッドやプロパティを指定できます。

コンストラクターを使用して新しいを作成しないでください ButtonAddButton新しいをドキュメントに追加するには、メソッドを使用し Button ます。

プロパティ

AltHTML
Automation
Bottom

Button の下端と文書の上端の間の距離 (ポイント単位) を取得します。

Height

Button の高さを取得または設定します。

InlineShape

Button の基になる InlineShape を取得します。

Left

Button の左端と文書の左端の間の距離 (ポイント単位) を取得または設定します。

Right

Button の右端と文書の左端の間の距離 (ポイント単位) を取得します。

Shape

Button の基になる Shape を取得します。

Top

Button の上端と文書の上端の間の距離 (ポイント単位) を取得または設定します。

Width

Button の幅を取得または設定します (ポイント単位)。

メソッド

Activate()

Button をアクティブにします。

Delete()

動的に作成された Button を文書から削除し、ControlCollection からも削除します。

Select()

Button を選択します。

SetBoundsCore(Int32, Int32, Int32, Int32, BoundsSpecified)
SetVisibleCore(Boolean)

適用対象