Microsoft.ReportingServices.DataProcessing 名前空間

Microsoft.ReportingServices.DataProcessing 名前空間は、Microsoft .NET データ プロバイダー インターフェイスのサブセット後でモデル化されます。 これらのインターフェイスには、カスタム データを処理するためにレポート サーバーで必要とされる .NET データ プロバイダー機能の最小サブセットが含まれており、完全に実装された .NET データ プロバイダーには反映されません。 既存のデータ プロバイダーがデータ処理拡張機能のインターフェイスを既に実装している場合、Reporting Services の新しいデータ処理拡張機能を作成する必要はありません。 .NET データ プロバイダーの場合と同様、Reporting Services データ処理拡張機能を使用すると、データ ソースに接続してデータを取得できるようになります。

インターフェイス

IDataMultiValueParameter

Commandオブジェクトの複数値パラメーターを表します。

IDataParameter

Commandオブジェクトのパラメーターを表します。

IDataParameterCollection

Commandオブジェクトに関連するすべてのパラメーターのコレクションを表します。

IDataReader

データ ソースでコマンドを実行することによって取得される結果セットの 1 つ以上の順方向専用ストリームを読み取る手段を提供します。また、リレーショナル データベースにアクセスする Reporting Services データ処理拡張機能によって実装されています。

IDataReaderExtension

データ ソースでコマンドを実行することによって取得される、結果セットの 1 つ以上の順方向専用ストリームを読み取る手段を提供します。また、結果セットに関する集計固有の情報を取得するために SQL Server Reporting Services によって使用されます。

IDataReaderFieldProperties

IDataReader または IDataReaderExtension インターフェイスを使用して取得した結果セットからフィールド プロパティを読み取る手段を提供します。

IDbCollationProperties

データ ソースへの接続の照合順序プロパティを表し、リレーショナル データベースにアクセスする SQL Server Reporting Services データ処理拡張機能によって実装されています。

IDbCommand

データ ソースへの開いている接続が存在するときに実行されるステートメントを表します。

IDbCommandAnalysis

クエリを分析し、クエリで使用されるパラメーター名の一覧を返す追加コマンド情報を表します。

IDbCommandRewriter

書き換えられたコマンド テキストを提供します。

IDbConnection

データ ソースに対して開いている接続を表し、リレーショナル データベースにアクセスする SQL Server Reporting Services データ処理拡張機能によって実装されています。

IDbConnectionExtension

SQL Server Reporting Services データ処理拡張機能で実装できる追加の接続プロパティを表します。

IDbConnectionWrapper

IDbConnection オブジェクトにラッパーを提供します。

IDbTransaction

データ ソースで実行されるトランザクションを表します。

IDbTransactionExtension

SQL Server Reporting Services データ処理拡張機能により実装可能な、追加のトランザクション プロパティを表します。

ITokenDataExtension

SharePoint データ ソースにアクセスする SharePoint ユーザー トークンを使用するために、データ処理拡張機能のサポートを定義します。

列挙型

CommandBehavior

クエリの結果と、それがデータベースに与える影響を記述します。

CommandType

コマンド文字列を解釈する方法を指定します。