Microsoft.ReportingServices.RdlObjectModel 名前空間

RDL オブジェクト モデルで使用されるクラスを格納します。 RDL オブジェクト モデルは、レポートの操作に利用できます。レポートの処理中に、RDL オブジェクト モデルを使用してレポートのデータや外観をカスタマイズしてから、レポートを表示することができます。

クラス

Action

レポートのアイテムに関連付けられたハイパーリンク、ブックマーク リンク、またはドリルスルー アクションが含まれています。

ActionInfo

レポート アイテムに関連付けられたアクションの一覧とアクション スタイルを格納します。

AltReportItem

サーバーまたはレンダラーがカスタム レポート アイテムをサポートしていない場合、代わりに使用するレポート アイテムを表します。

ArgumentConstraintException

適用されている制約をプロパティの値が超えたときにスローされる例外。

ArgumentTooLargeException

プロパティの値が許容される最大値よりも大きい場合にスローされる例外。

ArgumentTooSmallException

プロパティの値が許容される最小値よりも小さい場合にスローされる例外。

BackFrame

ゲージまたはゲージ パネルのフレームとその背景を表します。

BackgroundImage

レポート定義の背景画像を表します。

BaseGaugeImage

ゲージの一部として表示される画像を表します。

Body

レポート本文の外観的要素、データの構造と分類を定義し、外観的要素をレポートのデータにバインドします。

Border

オブジェクトの既定の罫線プロパティを表します。

CapImage

放射状ゲージのポインター キャップに使用される画像を表します。

CellContents

Tablix の本体、ヘッダー、コーナーの各セルに格納されるレポート アイテムを表します。

CellDefinition

セル定義を表します。

Chart

単一のデータ ビジュアル化データ領域として描画するグラフ領域のセットを表します。 グラフは Tablix と同様に定義されますが、列、行、およびセルの代わりに、カテゴリ、系列、およびデータ ポイントで構成されます。

Chart.Defaults

グラフの既定のプロパティの値を提供します。

ChartAlignType

対象となるグラフ領域にグラフ領域のどの側を揃えるかを定義します。

ChartArea

グラフ データ領域に描画するグラフ領域を表します。

ChartAxis

軸のラベル、タイトル、およびグリッド線のプロパティを表します。

ChartAxisScaleBreak

軸のスケール区切りのプロパティが含まれます。

ChartAxisTitle

軸のタイトルを表します。

ChartBorderSkin

プロット エリアの周りの罫線スキンの外観を表します。

ChartCategoryHierarchy

グラフのカテゴリ階層を表します。

ChartCodeParameter

グラフのコード パラメーターを表します。

ChartData

複数の系列へのデータ分割を表します。

ChartDataLabel

データ値に表示するデータ ラベルを表します。

ChartDataPoint

グラフのデータ ポイントを表します。 データポイントは、1つの値式 (横棒グラフや折れ線グラフなど)、または複数の値式 (株価チャートおよびバブルチャート) で構成されている場合があります。

ChartDataPointValues

グラフのデータ ポイントのデータ値のセットが含まれています。

ChartDerivedSeries

別の系列に適用された式から計算される派生系列を表します。

ChartElementPosition

グラフ要素を描画する位置を表します。

ChartEmptyPoints

系列の空のポイントの動作を表します。

ChartFormulaParameter

派生系列の式のパラメーターを表します。

ChartGridLines

軸に沿ったグリッド線を表します。

ChartItemInLegend

凡例に表示される系列またはデータポイントのセットの動作を表します。

ChartLegend

グラフの凡例に系列グループのインスタンスを表示するときに使用できるプロパティを表します。

ChartLegendColumn

凡例の列を表します。

ChartLegendColumnHeader

凡例内の列ヘッダーを表します。

ChartLegendCustomItem

カスタムの凡例項目を表します。

ChartLegendCustomItemCell

カスタムの凡例項目内のセルを表します。

ChartLegendTitle

凡例のタイトルを表します。

ChartMarker

表示されるグラフの値のマーカーを表します。

ChartMember

グラフ階層のカテゴリまたは系列のメンバーを表します。

ChartNoMoveDirections

スマート ラベルを動かすことのできない方向を定義します。

ChartSeries

1 つの系列のデータ ポイントの一覧を表します。

ChartSeriesHierarchy

グラフ内の系列の階層を表します。

ChartSmartLabel

スマート ラベルの動作を定義します。

ChartStripLine

軸のカスタム ストリップ ラインを表します。

ChartThreeDProperties

3D レイアウトに関するプロパティを格納します。

ChartTickMarks

軸の目盛りを表します。

ChartTitle

グラフのタイトルを表します。

Class

レポートの初期化中にインスタンス化するクラスについての情報が格納されます。 このクラスのインスタンスは、レポート内の式で使用できます。

CodeObject

カスタム コードが格納されます。

ColorProperty

レポートの色のプロパティを表します。

ComparablePropertyDefinition<T>
ComponentMetadata

レポート パーツに関連付けられた一連のメタデータを表します。

ConnectionProperties

データ ソース接続に関する情報が含まれます。

Constants

オブジェクト モデルで使用される定数を格納します。

ContainedObject

含まれているオブジェクトを表します。

CustomData

カスタム レポート アイテムに渡すデータと、データのグループ化、並べ替え、フィルター、および集計方法を表します。

CustomLabel

スケールのカスタム ラベルを表します。

CustomProperty

表示コンポーネントとカスタム レポート アイテム コンポーネントに渡される CustomProperty の内容を表します。

CustomReportItem

RDL の中でネイティブに定義されていないレポート アイテムを表します。

DataCell

CustomData のリーフノード グループの特定の組み合わせについて、カスタム レポート アイテムに渡すデータ値リストを定義します。

DataCellScopeServiceImpl

データ セル スコープのサービスの実装を表します。

DataHierarchy

データ メンバーの階層を表します。

DataMember

データ階層内のメンバーの基本クラスを表します。

DataRegion

Tablix のようなデータ領域の基本クラスを表します。

DataRegionBody

データ領域の本体を表します。

DataRegionCell

データ領域内のセルを表します。

DataRegionPlaceholder

データ領域のプレースホルダーを表します。

DataRow

データ行を表します。

DataSet

データセットを表します。

DataSetBase

データセットの基本クラスを表します。

DataSetInfo

データセットに関する情報が格納されます。

DataSetReference

既定のパラメーターまたは有効なパラメーター値の一覧を含んだデータセットを表します。

DataSource

データ ソースを表します。

DataSourceCredentials

データ ソース資格情報のセットを表します。

DataValue

グラフのデータ ポイントの 1 つの値を定義します。

DefaultValue

パラメーターに使用する既定値を指定します。

DoubleProperty

レポート内の double 値のプロパティを表します。

Drillthrough

ドリルスルー アクションを表します。

EmbeddedImage

埋め込み画像を表します。

EmptyBorder

スペースを持った透明の枠を表します。

EmptyColorStyle

無色に使用されるスタイルのプロパティが格納されます。

EnumProperty

特定の列挙型のレポート列挙プロパティを表します。

ExternalXmlElement

外部 XML 要素を表します。

Field

データセット内のフィールドを表します。

Filter

データセット内またはデータ領域内のデータの行を制限するフィルターの一覧、または、グループのグループ インスタンスを制限するフィルターの一覧が格納されます。

FrameBackground

ゲージまたはゲージ パネルのフレームの背景を表します。

FrameImage

ゲージまたはゲージ パネルのフレームの背景に使用する画像を表します。

Gauge

ゲージ パネル内に描画されるゲージを表します。

GaugeImage

ゲージの画像を表します。

GaugeInputValue

ゲージで使用される式と省略可能な式を表します。

GaugeLabel

ゲージ パネル内に表示するラベルを表します。

GaugeMember

データのグループ、並べ替え、およびフィルターの動作を表します。

GaugePanel

データ ポイントまたはデータ ポイント セットのゲージ パネルを表します。

GaugePanelItem

ゲージ パネル内に描画されるアイテムを表します。

GaugePointer

スケールに対して描画されるポインターを表します。

GaugeScale

ゲージ内に描画されるスケールを表します。

GaugeTickMarks

スケール沿いの目盛りを表します。

GridLayoutDefinition

レポートパラメーターレイアウトグリッドを表します。

Group

データ グループを表します。

HierarchyMember

階層内のメンバーを表します。

Image

画像を表します。

IndicatorImage

状態インジケーター画像のプロパティを表します。

IndicatorState

状態インジケーターの現在の状態を表します。

IntProperty

レポート内の整数プロパティを表します。

InvalidReportException

レポートが無効な場合にスローされる例外です。

Line

線のレポート アイテムを表します。

LinearGauge

ゲージ パネル内に描画される線形ゲージを表します。

LinearPointer

線形スケールに対して描画される線形ポインターを表します。

LinearScale

線形ゲージ内に描画される線形スケールを表します。

Map

マップに基づくデータのビジュアル化を表します。

MapAppearanceRule

マップの多角形レイヤー、ポイント レイヤー、または線レイヤー内のマップ アイテムに使用する外観のルールを表します。

MapBindingFieldPair

マップの多角形レイヤー、マップのポイント レイヤー、またはマップの線レイヤーの空間要素を、レイヤーに関連付けられているデータ領域にバインドするために使用するフィールドおよび式を表します。

MapBorderSkin

マップの周りの罫線の外観を表します。

MapBucket

MapColorRangeRuleMapColorPaletteRuleMapCustomColorRuleMapSizeRule、または MapMarkerRule で分析データ分布に使用するカスタムの開始値と終了値の範囲を表します。

MapColorPaletteRule

マップの多角形レイヤー、ポイント レイヤー、または線レイヤーのマップ アイテムの色パレットを表します。

MapColorRangeRule

マップの多角形レイヤー、ポイント レイヤー、または線レイヤーでマップ アイテムの色分けに使用する色の範囲を表します。

MapColorRule

マップの色ルールを表します。

MapColorScale

マップのカラー スケールを表します。

MapColorScaleTitle

マップ カラー スケールのタイトルを表します。

MapCustomColorRule

マップの多角形レイヤー、マップのポイントレイヤー、または MapColorPaletteRule プロパティの値に基づくマップの線レイヤーのマップアイテムに対してユーザー定義の色のセットを表します。

MapCustomView

任意の点に基づくマップ ビューポートの中心を表します。

MapDataBoundView

データにバインドされているマップ アイテムに基づくマップ ビューポートの中心を表します。

MapDataRegion

マップの多角形レイヤー、マップのポイント レイヤー、またはマップの線レイヤーにフィルター処理やグループ化を適用した後、分析データを提供します。

MapDistanceScale

マップ距離スケールを表します。

MapDockableSubItem

マップ アイテム内のドッキング可能なアイテムを表します。

MapElementView

マップの空間要素に基づくマップ ビューポートの中心を表します。

MapField

マップの多角形、ポイント、または線に関連付ける名前と値を表します。

MapFieldDefinition

MapField のメタデータを表します。

MapGridLines

マップのグリッド線を表します。

MapLayer

マップに描画するレイヤーを表します。

MapLegend

マップに描画する凡例を表します。

MapLegendTitle

マップの凡例のタイトルを表します。

MapLimits

マップ ビューポートの制限を表します。

MapLine

マップの線レイヤーに埋め込む線ベースの空間要素を表します。

MapLineLayer

マップに描画する線ベースのレイヤーを表します。

MapLineRules

マップの線に適用する一連のルールを表します。

MapLineTemplate

マップの線レイヤーで線に適用するテンプレートを表します。

MapLocation

マップ ビューポートの位置を表します。

MapMarker

マップのポイントまたは多角形の中心点に適用するマーカーを表します。

MapMarkerImage

マップ マーカーに適用する画像を表します。

MapMarkerRule

マップの多角形レイヤーまたはポイント レイヤーでマップ ポイントに使用するマーカーのセットを表します。

MapMarkerTemplate

マップ マーカーに適用するテンプレートを表します。

MapMember

マップまたは親マップ メンバーのデータのグループおよびフィルター情報を表します。

MapPoint

マップの線レイヤーに埋め込むポイント ベースの空間要素を表します。

MapPointLayer

マップに描画するポイント ベースのレイヤーを表します。

MapPointRules

親レイヤーのマップ ポイントに適用する一連のルールを表します。

MapPointTemplate

マップ ポイントに適用するテンプレートを表します。

MapPolygon

マップの多角形レイヤーに埋め込む多角形ベースの空間要素 (たとえば、大陸、国、州など) を表します。

MapPolygonLayer

マップに描画する多角形ベースのレイヤーを表します。

MapPolygonRules

親レイヤーのマップの多角形に適用する一連のルールを表します。

MapPolygonTemplate

マップの多角形レイヤーのマップの多角形に適用するテンプレートを表します。

MapShapefile

空間データと非空間データ (オプション) のファイルに基づくソースを表します。

MapSize

マップ ビューポート、マップのタイトル、マップの凡例、マップの距離スケール、またはマップのカラー スケールのサイズを表します。

MapSizeRule

マップのポイント レイヤーまたは線レイヤーでマップ アイテムのサイズ調整に使用するサイズの範囲を表します。

MapSpatialData

空間データのソースを表します。

MapSpatialDataRegion

空間データのデータ領域に基づくソースを表します。

MapSpatialDataSet

空間データと非空間データ (オプション) のデータセットに基づくソースを表します。

MapSpatialElement

マップ内の空間要素を表します。

MapSpatialElementTemplate

マップ内の空間要素のテンプレートを表します。

MapSubItem

マップ レポート アイテム内のサブアイテムを表します。

MapTile

マップのタイル レイヤーに埋め込むマップ タイル画像を表します。

MapTileLayer

マップに描画するラスター ベースのマップ レイヤーを表します。

MapTitle

マップに描画するタイトルを表します。

MapVectorLayer

ベクトルに基づくマップ レイヤーを表します。

MapVectorLayer.Defaults

の既定値MapVectorLayerを表します。

MapView

マップ ビューポートの中心を表します。

MapViewport

マップ ビューポートを表します。

MetadataProperties

レポート パーツのメタデータのプロパティを表します。

MetadataProperty

MetadataProperties 内のメタデータ プロパティを表します。

MetadataValue

MetadataValuesメタデータ値を表します。

MetadataValues

MetadataProperty の有効な値を表します。

NameChanges

オブジェクトの名前の変更を表します。

NumericIndicator

数値インジケーターを表します。

NumericIndicatorRange

数値インジケーターの範囲情報が格納されます。

Page

レポート内のページを表します。

PageBreak

グループまたはレポート アイテムの改ページの動作を定義します。

PageSection

レポートの各ページの上部または下部に表示されるレポート アイテムのレイアウトを表します。

Paragraph

テキスト ボックス内のテキストの段落を表し、TextRun 要素のコレクションを格納します。

Parameter

サブレポートまたはドリルスルーのパラメーターに関する情報を格納します。

ParameterValue

パラメーター値を表します。

PinLabel

スケールの一端にあるピン値のラベルを表します。

PointerCap

放射状ゲージのポインター キャップを表します。

PointerImage

ゲージのポインターに使用される画像を表します。

PropertyDefinition

プロパティ定義を表します。

PropertyDefinition<T>

プロパティ定義を表します。

Query

クエリを表します。

QueryBase

クエリ オブジェクトの基本クラスを表します。

QueryParameter

クエリパラメーターを表します。

RadialGauge

ゲージパネル内に描画される放射状ゲージを表します。

RadialPointer

放射状スケールに対して描画される放射状ポインターを表します。

RadialScale

放射状ゲージ内に描画される放射状スケールを表します。

RdlCollection<T>

RDL のコレクションを表します。

RdlCollectionBase<T>

RDL コレクションの基本クラスを表します。

Rectangle

四角形を表します。

Report

オブジェクト モデル レポートを表します。

ReportElement

レポート要素の基本クラスを表します。

ReportExpression.Collections

レポート式のコレクションを列挙します。

ReportExpression.FieldProperties

フィールドのプロパティを指定します。

ReportExpression.Functions

式の関数を実行する一連のステートメントを表します。

ReportExpression.GlobalProperties

式のグローバルプロパティを表します。

ReportExpression.ParameterProperties

パラメーターのプロパティを表します。

ReportExpression.UserProperties

ユーザー プロパティの型を指定します。

ReportItem

長方形、Tablix などのレポート アイテムを表します。

ReportObject

レポート オブジェクトを表します。

ReportObjectBase

レポート オブジェクトの基本クラスを表します。

ReportParameter

レポートのパラメーターに関する情報が含まれています。

ReportParametersLayout

レポートパラメーターのレイアウトを表します。

ReportSection

レポート内のセクションを表します。

ReportSizeConverter

レポートのサイズを変換します。

ScaleLabels

スケール上のラベルの外観を定義します。

ScalePin

スケールの一端にあるピン値を表します。

ScaleRange

スケールに対して描画される範囲を表します。

SharedDataSet

共有データセットを表します。

SizeProperty

レポートのサイズ プロパティを表します。

SortExpression

並べ替え式を表します。

StateIndicator

状態インジケーターを表します。

StringProperty

レポートの文字列プロパティを表します。

Style

レポート アイテムのスタイルに関する情報が格納されます。

Subreport

オブジェクト モデル サブレポートを表します。

Tablix

Tablix を表します。Tablix は、反復的な列グループと行グループが入れ子になった、柔軟なレイアウト グリッドです。

TablixBody

Tablix のデータ要素を含む右下の領域のレイアウトと構造を定義します。

TablixCell

Tablix の本体セクションの各セルのコンテンツを表します。

TablixColumn

Tablix の本体セクションの列を表します。

TablixCorner

Tablix の左上コーナーのレイアウトと構成を定義します。 コーナーの高さは列ヘッダーの高さの合計です。 コーナーの幅は行ヘッダーの幅の合計です。

TablixCornerCell

Tablix の各コーナー セルのコンテンツを表します。

TablixCornerRow

Tablix コーナー セクションの行のセルのリストを表します。

TablixHeader

Tablix のグループ ヘッダーを表します。

TablixHierarchy

Tablix のメンバーの階層を表します。

TablixMember

Tablix 階層内のメンバーを表します。

TablixRow

一連のセルを持つ Tablix 行を表します。

Textbox

テキスト ボックスを表します。

TextRun

テキスト ランを表します。

Thermometer

線形ゲージの温度計のポインターに関する表示プロパティを定義します。

TickMarkImage

目盛りの画像を表します。

TickMarkStyle

カスタム ラベルに関連付けられている目盛りを表します。

ToggleImage

テキスト ボックスの一部として表示される切り替えイメージを表します。

TopImage

ゲージの一番上に表示される画像を表します。

UserSort

エンド ユーザーの並べ替えコントロールを表します。

ValidValues

ユーザーに表示されるパラメーター リストの内容として設定できる一連の値を提供します。

Variable

変数を表します。

VectorData

マップの空間要素のベクトル データを表します。

Visibility

表示レポートにレポート アイテムを表示するかどうかを定義します。

構造体

ImageData

画像データを表します。

ReportColor

レポート内の色を表します。

ReportExpression

レポートの式を表します。

ReportExpression<T>

レポート内の式を表します。

ReportSize

レポートでの長さの単位を表します。

インターフェイス

IContainedObject

含まれているオブジェクトを表します。

IDataCell

DataCell のインターフェイスを表します。

IDataScope

データ スコープを表します。

IDataScopeService

のサービスIDataScopeを提供します。

IExpression

式を表します。

IHierarchy

階層を表します。

IHierarchyMember

階層のメンバーを表します。

INamedObject

名前付きオブジェクトを表します。

IPropertyDefinition

プロパティ定義を表します。

IReportData

レポート データのプロパティを定義します。

列挙型

AccentSensitivities

データでアクセントを区別するかどうかを指定します。

AntiAliasingTypes

ゲージ パネルのアンチエイリアシングの種類を指定します。

BackgroundGradients

レポート アイテムの背景のグラデーションの種類を指定します。

BackgroundHatchTypes

レポート アイテムの陰影パターンを指定します。

BackgroundPositions

BackgroundImage プロパティの値が BackgroundRepeat に設定されている場合の Clip の描画位置を指定します。

BackgroundRepeatTypes

BackgroundImage がコンテナー レポート アイテム内の利用可能なスペースを埋める方法を指定します。

BarStartTypes

TypeBar に設定されている場合の線形ポインターの開始位置を指定します。

BorderStyles

Border のスタイルを指定します。

BreakLocations

Group または ReportItem で改ページするかどうかを指定します。

Calendars

日付の書式設定に使用するカレンダーを指定します。

CapStyles

PointerCap の種類を指定します。

CaseSensitivities

データで大文字と小文字を区別するかどうかを指定します。

Chart.DesignerModes

グラフのデザイナー モードを列挙します。

ChartAlignOrientations

グラフ領域を対象となるグラフ領域と揃える方向を指定します。

ChartAllowOutSidePlotAreaTypes

スマート ラベルをプロット エリアの外側に描画できるかどうかを指定します。

ChartArrowsTypes

軸ラベルに表示する矢印の種類を指定します。

ChartAxisLocations

軸を既定の側と反対側のどちらに描画する必要があるかを指定します。

ChartAxisMarginVisibleTypes

軸の余白が表示されるかどうかを指定します。

ChartAxisTitlePositions

軸のタイトルを軸に沿ってどの位置に配置するかを指定します。

ChartBorderSkinTypes

グラフの罫線スキンの種類を表します。

ChartBreakLineTypes

スケール区切りの線に使用する線の種類を指定します。

ChartCalloutLineAnchorTypes

アンカーの図形を表します。

ChartCalloutLineStyles

引き出し線のスタイルを指定します。

ChartCalloutStyles

引き出し線を描画するときに使用するスタイルを指定します。

ChartColumnSeparatorTypes

列の区切り線の種類を表します。

ChartDataLabelPositions

ChartDataLabel の位置を指定します。

ChartFormulas

1 つまたは複数のグラフの系列に適用される式を指定します。

ChartGridLinesEnabledTypes

グリッド線または補助グリッド線を有効にするかどうかを指定します。

ChartHeaderSeparatorTypes

凡例の見出しに使用する区切り線の種類を指定します。

ChartIncludeZeroTypes

軸のスケールにゼロを含めるかどうかを指定します。

ChartIntervalOffsetTypes

グラフの軸を区切る目盛りの間隔のオフセットを表します。

ChartIntervalTypes

間隔の単位を指定します。

ChartLabelRotationTypes

Chart 内に収まるように自動調整される軸ラベルの回転増分です。

ChartLegendColumnTypes

凡例の列の種類を表します。

ChartLegendItemAlignmentTypes

グラフ内の凡例項目の配置オプションを表します。

ChartLegendItemCellTypes

凡例項目内のセルの種類を表します。

ChartLegendItemSeparatorTypes

凡例項目に使用する区切り線の種類を指定します。

ChartLegendLayouts

凡例内のラベルの配置を指定します。

ChartLegendReversedTypes

凡例に項目を追加する順序を指定します。

ChartMarkerTypes

マーカーの種類を指定します。

ChartPaletteHatchBehaviorTypes

グラフ内のデータ ポイントに陰影を自動的に適用するかどうかを指定します。

ChartPalettes

グラフ アイテムのカラー パレットを指定します。

ChartPositions

グラフ要素の配置位置を表します。

ChartProjectionModes

3D 表示に使用する投影モードを指定します。

ChartSeriesDrawingStyle

横棒グラフまたは縦棒グラフの系列の描画スタイルを表します。

ChartShadings

3D 表示に使用する投影モードを指定します。

ChartStripWidthTypes

ストリップ ラインの間隔の種類を表します。

ChartSubtypes

ChartSeries のビジュアル化のサブタイプを指定します。

ChartTickMarksEnabledTypes

目盛りまたは補助目盛りを有効にするかどうかを指定します。

ChartTickMarkTypes

目盛りの種類を指定します。

ChartTitleSeparatorTypes

凡例のタイトル間に使用する区切り線の種類を指定します。

ChartTypes

ChartSeries のビジュアル化の種類を指定します。

ChartVisibleTypes

グラフ要素が表示されるかどうかを指定します。

CommandTypes

データ ソースを照会するために使用できるクエリ コマンドの種類を表します。

DataElementOutputTypes

アイテムをデータ表示に含めるかどうかを示します。

DataElementStyles

テキストボックスの値やグラフのデータ値などのリーフレベルの値を要素または属性として表示するかどうかを示します。

DataTypes

データ型を表します。

EvaluationMode

レポート式の評価モードを表します。

FontStyles

レポート アイテム内のテキストのフォント スタイルを指定します。

FontWeights

レポート アイテム内のテキストのフォントの太さを指定します。

FormulaTypes

Value が表す値に複数の値が存在する場合に実行する計算の種類を指定します。

FrameShapes

BackFrame の形状を指定します。

FrameStyles

フレームに使用できるスタイルを表します。

GaugeBackgroundGradients

ScaleRange の背景のグラデーションの種類を指定します。

GaugeShowSigns

数値インジケーターに番号記号を表示する方法を表します。

GaugeStateIndicatorStyles

状態インジケーターのスタイルを表します。

GaugeTransformationType

状態インジケーターのデータ変換の種類を表します。

GlassEffects

フレームに適用されたガラス効果を指定します。

InterpretSubtotalsAsDetailsTypes

集計行ではなく詳細行として小計行を解釈するかどうかを指定します。

KanatypeSensitivities

データでかなを区別するかどうかを指定します。

KeepWithGroupTypes

静的メンバーを、表示可能な前後の動的メンバーと同じページに表示するかどうかを指定します。

LayoutDirections

Tablix のレイアウトの全体的な方向を指定します。

LinearPointerTypes

LinearPointer の種類を指定します。

ListStyle

段落がリスト段落の一部かどうかを指定し、段落番号の種類を指定します。

MapAntiAliasings

マップのアンチエイリアシングの種類を表します。

MapAutoBools

のブール型の列挙体を表し Map ます。

MapBorderSkinTypes

マップの罫線スキンの種類を表します。

MapCoordinateSystems

マップの座標系を表します。

MapDataTypes

マップ フィールドのデータ型を表します。

MapGridlinesTypes

マップ内のグリッド線の種類を表します。

MapLabelBehaviors

マップ カラー スケールでラベルに値を表示する方法を指定します。

MapLabelPlacements

マップカラースケールのラベル配置オプションを表します。

MapLabelPositions

マップのグリッド線のラベル位置を表します。

MapLegendLayouts

マップの凡例のラベル レイアウトを表します。

MapLegendTitleSeparators

マップの凡例のタイトルに使用する区切り線の種類を表します。

MapLineLabelPlacements

マップの線レイヤーのラベル配置を表します。

MapMarkerStyles

マップ マーカーのスタイルを表します。

MapPalettes

マップ アイテムの色分けに使用できるパレットを表します。

MapPointLabelPlacements

マップ ポイント レイヤーのラベル配置を表します。

MapPolygonLabelPlacements

マップの多角形レイヤーのラベル配置を表します。

MapPositions

マップ内のアイテムの位置を表します。

MapProjections

マップに使用される投影法を表します。

MapResizeModes

マーカー画像のサイズ変更モードを表します。

MapRuleDistributionTypes

マップ ルールの分布タイプを表します。

MapTextAntiAliasingQualities

マップのテキストのアンチエイリアシング品質を表します。

MapTileStyles

マップのタイル スタイルを表します。

MapUnits

マップ アイテムの測定単位を表します。

MapVisibilityModes

マップレイヤーの表示モードを表します。

MarkerStyles

GaugePointer のマーカーの種類を指定します。

MarkupType

テキスト ランに表示されるマークアップを処理するかどうかを指定します。

NameChanges.EntryType

モデルオブジェクトのエントリの種類を指定します。

NeedleStyles

RadialPointer 針のスタイルを指定します。

NumericIndicatorStyles

数値インジケーターに使用できるスタイルを表します。

Operators

使用できる論理演算子を表します。

Orientations

タイトル テキストの向きを指定します。

Placements

ゲージに使用できる配置オプションを表します。

RadialPointerTypes

RadialPointer の種類を指定します。

ResizeModes

GaugeLabel の空き領域に合わせてコンテンツのサイズを調整するかどうかを指定します。

SecurityTypeEnum

データ ソースへのアクセスに使用するセキュリティの種類を表します。

SizeTypes

レポートのサイズに使用できる単位を表します。

Sizings

Image および Microsoft.ReportingServices.RdlObjectModel.Image.Height により表される画像の指定サイズ内に実際の画像が収まらない場合の Microsoft.ReportingServices.RdlObjectModel.Image.Width の動作を指定します。

SortDirections

並べ替えの方向を指定します。

SourceType

Image のソースの種類を指定します。

StateIndicatorIconsSet

状態インジケーターに使用できるアイコン セットを表します。

TextAlignments

レポート アイテム内のテキストの横方向の配置を指定します。

TextAntiAliasingQualityTypes

テキストのアンチエイリアシング品質を表します。

TextDecorations

レポート アイテム内のテキストの特殊なテキスト形式を指定します。

TextDirections

レポート アイテム内のテキストを左から右へ記述するか、右から左へ記述するかを指定します。

TextEffects

レポート アイテム内のテキストに適用する文字飾りを指定します。

TextOrientations

タイトル テキストの向きを指定します。

ThermometerStyles

温度計 LinearPointer に使用する温度計の種類を指定します。

UnicodeBiDiTypes

双方向の埋め込みレベルを示します。

UsedInQueryTypes

このパラメーターがレポート内のデータに直接的または間接的に影響を及ぼすかどうかを指定します。

VerticalAlignments

レポート アイテム内のテキストの縦方向の配置を指定します。

WatermarkText

ウォーター マーク テキストの種類を表します。

WidthSensitivities

データで文字幅を区別するかどうかを指定します。

WritingModes

テキストを縦書きにするか横書きにするかを指定します。

代理人

ReportObject.SwapValue<T>

SwapValue ' 1 オブジェクトを表します。

VisitPropertyObject

訪問するプロパティ オブジェクトを表します。