CManagedComponentWrapperClass.SetUsageType(Int32, IDTSVirtualInput100, Int32, DTSUsageType) メソッド

定義

IDTSInputColumn100コンポーネントの内にオブジェクトを作成 IDTSInputColumnCollection100 し、列の使い方の種類のプロパティを設定します。

public:
 virtual Microsoft::SqlServer::Dts::Pipeline::Wrapper::IDTSInputColumn100 ^ SetUsageType(int lInputID, Microsoft::SqlServer::Dts::Pipeline::Wrapper::IDTSVirtualInput100 ^ pIDTSVirtualInputObject, int lLineageID, Microsoft::SqlServer::Dts::Pipeline::Wrapper::DTSUsageType eUsageType) = Microsoft::SqlServer::Dts::Pipeline::Wrapper::IDTSDesigntimeComponent100::SetUsageType;
[System.Runtime.InteropServices.DispId(16)]
public virtual Microsoft.SqlServer.Dts.Pipeline.Wrapper.IDTSInputColumn100 SetUsageType (int lInputID, Microsoft.SqlServer.Dts.Pipeline.Wrapper.IDTSVirtualInput100 pIDTSVirtualInputObject, int lLineageID, Microsoft.SqlServer.Dts.Pipeline.Wrapper.DTSUsageType eUsageType);
[<System.Runtime.InteropServices.DispId(16)>]
abstract member SetUsageType : int * Microsoft.SqlServer.Dts.Pipeline.Wrapper.IDTSVirtualInput100 * int * Microsoft.SqlServer.Dts.Pipeline.Wrapper.DTSUsageType -> Microsoft.SqlServer.Dts.Pipeline.Wrapper.IDTSInputColumn100
override this.SetUsageType : int * Microsoft.SqlServer.Dts.Pipeline.Wrapper.IDTSVirtualInput100 * int * Microsoft.SqlServer.Dts.Pipeline.Wrapper.DTSUsageType -> Microsoft.SqlServer.Dts.Pipeline.Wrapper.IDTSInputColumn100
Public Overridable Function SetUsageType (lInputID As Integer, pIDTSVirtualInputObject As IDTSVirtualInput100, lLineageID As Integer, eUsageType As DTSUsageType) As IDTSInputColumn100

パラメーター

lInputID
Int32

IDTSInput100 オブジェクトの ID です。

pIDTSVirtualInputObject
IDTSVirtualInput100

IDTSVirtualInput100 オブジェクト。

lLineageID
Int32

LineageID オブジェクトの IDTSVirtualInputColumn100 です。

eUsageType
DTSUsageType

入力列の使用法の種類です。

戻り値

IDTSInputColumn100

IDTSInputColumn100使用法の種類が設定されている。または、列がコレクションから削除された場合は null。

実装

属性

次のコード例は、SetUsageType を使用して、コンポーネントで使用される列を上流コンポーネントから選択する方法を示しています。 この例では、パッケージが既に作成または読み込まれていて、データ フロー タスクとコンポーネントが既にパッケージに追加されていることを前提としています。

IDTSComponentMetaData100 md = dataFlow.ComponentMetaDataCollection[1];  
CManagedComponentWrapper wrp = md.Instantiate();  
IDTSInput100 input = md.InputCollection[0];  
IDTSVirtualInput100 vInput = input.GetVirtualInput();  

foreach(IDTSVirtualInputColumn100 vCol in vInput.VirtualInputColumnCollection)  
{  
    wrp.SetUsageType(input.ID,vInput,vCol.LineageID,DTSUsageType.UT_READWRITE);  
}  

注釈

このメソッドは、データ フロー グラフの上流コンポーネントから、コンポーネントで使用される列を選択するために使用されます。 コンポーネントの IDTSInputColumn100 に対して InputColumnCollection を追加または削除するには、このメソッドを呼び出します。 また、コンポーネントが列への読み取り専用アクセス権を持っているかどうか、または実行中に列の値を上書きできるかどうかを指定します。

eusageTypeUT_READONLY または UT_READWRITE である場合、コンポーネントは入力列コレクションに列を追加し、実行中にデータ フロー エンジンに列を提供します。 UT_IGNORED が指定され、列が以前にコレクションに追加されていた場合、その列は削除されます。

適用対象