IDTSBuffer100 インターフェイス

定義

public interface class IDTSBuffer100
[System.Runtime.InteropServices.ComConversionLoss]
[System.Runtime.InteropServices.Guid("C52D4833-C82E-4853-B88B-6B523AEE7735")]
[System.Runtime.InteropServices.InterfaceType(System.Runtime.InteropServices.ComInterfaceType.InterfaceIsIUnknown)]
public interface IDTSBuffer100
[<System.Runtime.InteropServices.ComConversionLoss>]
[<System.Runtime.InteropServices.Guid("C52D4833-C82E-4853-B88B-6B523AEE7735")>]
[<System.Runtime.InteropServices.InterfaceType(System.Runtime.InteropServices.ComInterfaceType.InterfaceIsIUnknown)>]
type IDTSBuffer100 = interface
Public Interface IDTSBuffer100
属性

注釈

IDTSBuffer100 は、行と列を含む、メモリ内の2次元データ構造体です。 バッファーの各列には、データ型、行のメモリ内オフセット位置、最大サイズ、コンポーネントの列の系列 ID を記述する情報があります。

各列のデータにアクセスするには、 DTP_BUFFCOL 構造体で定義されているオフセットを使用するか、 SetData メソッドとメソッドを使用し GetData ます。この場合、バッファー内の列のデータの場所は、その行と列のハンドルによって定義されます。

IDTSBufferManager100 によって作成されるバッファーには、プライベートとパブリックの 2 種類があります。 プライベート バッファーは、データ フロー コンポーネントによって要求されると作成され、コンポーネントによって内部的に使用されます。 パブリック バッファーは、データ フロー グラフのコンポーネントに提供され、転送先に到着する前にデータの入力と操作が行われます。 パブリック バッファーは、IDTSBufferManager100 によって作成、管理、および破棄されます。

バッファーはハンドルによって識別され、1から始まります。これは、無効な場合を除き、0または null の値を持つことができないことを意味します。

マネージコンポーネントの開発者は、通常、プライベートバッファーを作成し、マネージコードとネイティブコード間の相互運用に必要なコードを実装しない限り、IDTSBuffer100 オブジェクトを使用しません。 代わりに、マネージド PipelineBuffer クラスを使用します。

メソッド

AddBLOBData(Int32, Int32, Byte, UInt32)
AddRow(IntPtr)
Clone(IDTSComponentMetaData100)
DirectErrorRow(Int32, Int32, Int32, Int32)
DirectRow(Int32, Int32)
GetBLOBData(Int32, Int32, UInt32, Byte, UInt32, UInt32)
GetBLOBLength(Int32, Int32, UInt32)
GetBLOBObject(Int32, Int32)
GetBLOBStream(Int32, Int32)
GetBoundaryInfo(UInt32, UInt32)
GetColumnCount()
GetColumnInfo(Int32, DTP_BUFFCOL)
GetData(Int32, Int32)
GetDataByRef(Int32, Int32)
GetFlatMemory()
GetID()
GetManager()
GetRowCount()
GetRowDataBytes(Int32, Int32, IntPtr)
GetRowStarts(UInt32, IntPtr)
GetStatus(Int32, Int32, UInt32)
GetType()
IsEndOfRowset()
IsNull(Int32, Int32, Boolean)
LockData()
MoveRow(Int32, Int32)
PrepareDataStatusForInsert(Int32)
RemoveRow(Int32)
ResetBLOBData(Int32, Int32)
SetBLOBFromObject(Int32, Int32, IDTSBLOBObject100)
SetBLOBFromStream(Int32, Int32, ISequentialStream)
SetData(Int32, Int32, DTP_VARIANT)
SetEndOfRowset()
SetErrorInfo(Int32, Int32, Int32, Int32)
SetStatus(Int32, Int32, UInt32)
SwapRows(Int32, Int32)
UnlockData()

適用対象