IDTSFriendlyEnumCollection100 インターフェイス

定義

public interface class IDTSFriendlyEnumCollection100 : System::Collections::IEnumerable
[System.Runtime.InteropServices.Guid("AF91D371-BF90-47AE-B210-F01B76407202")]
[System.Runtime.InteropServices.TypeLibType(System.Runtime.InteropServices.TypeLibTypeFlags.FDispatchable | System.Runtime.InteropServices.TypeLibTypeFlags.FDual)]
public interface IDTSFriendlyEnumCollection100 : System.Collections.IEnumerable
[<System.Runtime.InteropServices.Guid("AF91D371-BF90-47AE-B210-F01B76407202")>]
[<System.Runtime.InteropServices.TypeLibType(System.Runtime.InteropServices.TypeLibTypeFlags.FDispatchable | System.Runtime.InteropServices.TypeLibTypeFlags.FDual)>]
type IDTSFriendlyEnumCollection100 = interface
    interface IEnumerable
Public Interface IDTSFriendlyEnumCollection100
Implements IEnumerable
属性
実装

注釈

IDTSFriendlyEnumCollection100 コレクションは、列挙体がオブジェクトの値として指定されている場合に、ネイティブ C++ コンポーネント開発者が列挙体の値の名前を公開するために使用するヘルパーインターフェイスです IDTSCustomProperty100 。 IDTSFriendlyEnumCollection100 と IDTSFriendlyEnum100 は、次のマクロと組み合わせて使用され、DTS デザイナーの列挙値のわかりやすい名前を提供します。

マクロ 説明
BEGIN_FRIENDLY_NAME_ENUM_LIST 表示名の列挙一覧を開始します。
BEGIN_FRIENDLY_NAME_ENUM(EnumerationName, IsFlags) 表示名の列挙一覧ブロックを開始します。 これは、列挙ごとに 1 回指定されます。 EnumerationName パラメーターは列挙の名前を指定し、IsFlags パラメーターは列挙の値を OR で結合できるかどうかを指定します。
FRIENDLY_NAME(Value, NameID) BEGIN_FRIENDLY_NAME_ENUM で指定されている列挙の特定の値に対する表示名を追加します。 Value パラメーターは列挙の項目を指定し、NameID パラメーターは列挙値に対して表示される文字列を指定します。
END_FRIENDLY_NAME_ENUM 表示名の列挙の終了を示します。BEGIN_FRIENDLY_ENUM マクロごとに 1 回指定されます。
END_FRIENDLY_ENUM_LIST 表示名の列挙一覧を終了します。

上記のマクロを使用して表示名の列挙を定義すると、TypeConverter オブジェクトの IDTSCustomProperty100 プロパティには、BEGIN_FRIENDLY_NAME_ENUM マクロで指定された EnumerationName パラメーターの値が割り当てられます。

プロパティ

Count
IsFlags
Item[Object]

メソッド

GetEnumerator()

適用対象