IDTSInput100.GetVirtualInput メソッド

定義

public:
 Microsoft::SqlServer::Dts::Pipeline::Wrapper::Sql2014::IDTSVirtualInput100 ^ GetVirtualInput();
[System.Runtime.InteropServices.DispId(105)]
public Microsoft.SqlServer.Dts.Pipeline.Wrapper.Sql2014.IDTSVirtualInput100 GetVirtualInput ();
[<System.Runtime.InteropServices.DispId(105)>]
abstract member GetVirtualInput : unit -> Microsoft.SqlServer.Dts.Pipeline.Wrapper.Sql2014.IDTSVirtualInput100
Public Function GetVirtualInput () As IDTSVirtualInput100

戻り値

IDTSVirtualInput100

IDTSVirtualInput100 オブジェクトの IDTSInput100 オブジェクトです。

属性

次のコード例では、仮想入力の各列で Setの Type を呼び出します。

Private Sub MapAllColumns(ByVal input As IDTSInput100)   
 Dim vInput As IDTSVirtualInput100 = input.GetVirtualInput   
 For Each vCol As IDTSVirtualInputColumn100 In vInput.VirtualInputColumnCollection   
   vInput.SetUsageType(vCol.LineageID, DTSUsageType.UT_READWRITE)   
 Next   
End Sub  
private void MapAllColumns( IDTSInput100 input )  
{  
    IDTSVirtualInput100 vInput = input.GetVirtualInput();  

    foreach( IDTSVirtualInputColumn100 vCol in vInput.VirtualInputColumnCollection )  
    {  
        vInput.SetUsageType( vCol.LineageID, DTSUsageType.UT_READWRITE);  
    }  
}  

注釈

GetVirtualInput メソッドは、オブジェクトを使用して IDTSVirtualInput100 、に接続されているコンポーネントのに公開されている列のコレクションを含むオブジェクトを取得し IDTSOutput100 IDTSInput100 IDTSPath100 ます。

IDTSVirtualInput100 オブジェクトは、保存されたコレクションではなく、単に上流コンポーネントの IDTSOutput100 のビューです。 したがって、IDTSVirtualInput100 に含まれている VirtualInputColumnCollection または列を変更することは可能ですが、IDTSOutput100 にもその列にも何の影響も与えないため、そのような変更はしないでください。

VirtualInputColumnCollection からの列を InputColumnCollection オブジェクトの IDTSInput100 に対して追加および削除するには、SetUsageType オブジェクトの IDTSVirtualInput100 メソッドを呼び出します。

IDTSInput100オブジェクトが上流コンポーネントにアタッチされていない場合 ( IsAttached プロパティが false の場合)、のは空になり VirtualInputColumnCollection IDTSVirtualInput100 ます。

適用対象