ConnectionManager.LoadFromXML メソッド

定義

XML からコンポーネント情報を読み込みます。 .xml として保存されたパッケージを読み込むには、LoadPackage(String, IDTSEvents) メソッドを使用します。

オーバーロード

LoadFromXML(XmlNode, IDTSEvents)

このメソッドをアプリケーション コードから呼び出すことはできません。 .xml として保存されたパッケージを読み込むには、LoadPackage(String, IDTSEvents) メソッドを使用します。

LoadFromXML(String, IDTSEvents)

このメソッドをアプリケーション コードから呼び出すことはできません。 .xml として保存されたパッケージを読み込むには、LoadPackage(String, IDTSEvents) メソッドを使用します。

LoadFromXML(XmlNode, IDTSEvents)

このメソッドをアプリケーション コードから呼び出すことはできません。 .xml として保存されたパッケージを読み込むには、LoadPackage(String, IDTSEvents) メソッドを使用します。

public:
 virtual void LoadFromXML(System::Xml::XmlNode ^ node, Microsoft::SqlServer::Dts::Runtime::IDTSEvents ^ events);
public void LoadFromXML (System.Xml.XmlNode node, Microsoft.SqlServer.Dts.Runtime.IDTSEvents events);
abstract member LoadFromXML : System.Xml.XmlNode * Microsoft.SqlServer.Dts.Runtime.IDTSEvents -> unit
override this.LoadFromXML : System.Xml.XmlNode * Microsoft.SqlServer.Dts.Runtime.IDTSEvents -> unit
Public Sub LoadFromXML (node As XmlNode, events As IDTSEvents)

パラメーター

node
XmlNode

読み込む接続マネージャー情報を含むノードです。

events
IDTSEvents

保存中にイベント (エラー、警告など) を発生させるための IDTSEvents インターフェイスを実装するオブジェクトです。

実装

注釈

このメソッド LoadFromXML は、カスタムオブジェクトを作成するときに継承するインターフェイス上でパブリックであるか、SSIS ランタイムに付属するオブジェクトによって公開されているため、使用できます。 このメソッドは継承専用であり、それ以外の目的でコードから呼び出すことはできません。 カスタムオブジェクトを作成し、独自のメソッドを記述する方法に関する情報が必要な場合は LoadFromXML 、「 カスタムオブジェクトを使用したパッケージの拡張」を参照してください。

XML として保存されているパッケージを読み込む場合は、Microsoft.SqlServer.Dts.Runtime.Application.LoadPackage メソッドを使用します。 パッケージがファイル システムに保存されている場合は、Microsoft.SqlServer.Dts.Runtime.Application.LoadFromSqlServer を使用します。 パッケージが MSDB データベースに保存されている場合は、メソッドを使用し Microsoft.SqlServer.Dts.Runtime.Application.LoadFromDtsServer ます。

Application でいずれかの読み込みメソッドを呼び出すと、ランタイムは、タスク、接続マネージャー、ログ プロバイダー、およびパッケージに含まれるその他のすべてのオブジェクトの繰り返し処理を実行し、それぞれに対して LoadFromXML メソッドを呼び出します。 含まれているオブジェクトには、 LoadFromXML オブジェクトが再作成する必要がある各プロパティの XmlElement を解析するコードと、要素に対して保存された値があります。 したがって、個々のオブジェクトで LoadFromXML を直接呼び出すのではなく、Application オブジェクトでこのメソッドを呼び出します。これにより、ランタイムによってパッケージが連鎖的に処理され、オブジェクトで LoadFromXML が呼び出されます。

適用対象

LoadFromXML(String, IDTSEvents)

このメソッドをアプリケーション コードから呼び出すことはできません。 .xml として保存されたパッケージを読み込むには、LoadPackage(String, IDTSEvents) メソッドを使用します。

public:
 void LoadFromXML(System::String ^ xmlString, Microsoft::SqlServer::Dts::Runtime::IDTSEvents ^ events);
public void LoadFromXML (string xmlString, Microsoft.SqlServer.Dts.Runtime.IDTSEvents events);
member this.LoadFromXML : string * Microsoft.SqlServer.Dts.Runtime.IDTSEvents -> unit
Public Sub LoadFromXML (xmlString As String, events As IDTSEvents)

パラメーター

xmlString
String

XML を表す文字列です。

events
IDTSEvents

保存中にイベント (エラー、警告など) を発生させるための IDTSEvents インターフェイスを実装するオブジェクトです。

適用対象