ConnectionManager クラス

定義

データ ソースに接続する場合に必要な情報を提供します。 ConnectionManager から継承されるすべてのクラスには、同じプロパティおよびメソッドが含まれます。 ConnectionManager クラスは、ランタイムから各種の接続の実装詳細を分離します。 これにより、ランタイムは、一貫した予測可能な方法でそれぞれの接続マネージャーとやり取りを行うことができます。 接続マネージャーには、NameIDDescription、および ConnectionString など、すべての接続に共通のストック プロパティのセットが含まれています。 ただし、それぞれの接続の種類には、それぞれに固有の追加のプロパティがあります。 このようなプロパティは、Properties コレクションを介してアクセスできます。このクラスは継承できません。

public ref class ConnectionManager sealed : Microsoft::SqlServer::Dts::Runtime::DtsObject, IDisposable, Microsoft::SqlServer::Dts::Runtime::IDTSExecutionPath, Microsoft::SqlServer::Dts::Runtime::IDTSName, Microsoft::SqlServer::Dts::Runtime::IDTSObjectHost, Microsoft::SqlServer::Dts::Runtime::IDTSPackagePath, Microsoft::SqlServer::Dts::Runtime::IDTSPersist, Microsoft::SqlServer::Dts::Runtime::IDTSPropertiesProvider, Microsoft::SqlServer::Dts::Runtime::IDTSPropertiesProviderEx, System::ComponentModel::IComponent
public sealed class ConnectionManager : Microsoft.SqlServer.Dts.Runtime.DtsObject, IDisposable, Microsoft.SqlServer.Dts.Runtime.IDTSExecutionPath, Microsoft.SqlServer.Dts.Runtime.IDTSName, Microsoft.SqlServer.Dts.Runtime.IDTSObjectHost, Microsoft.SqlServer.Dts.Runtime.IDTSPackagePath, Microsoft.SqlServer.Dts.Runtime.IDTSPersist, Microsoft.SqlServer.Dts.Runtime.IDTSPropertiesProvider, Microsoft.SqlServer.Dts.Runtime.IDTSPropertiesProviderEx, System.ComponentModel.IComponent
type ConnectionManager = class
    inherit DtsObject
    interface IDTSObjectHost
    interface IDTSPersist
    interface IDTSName
    interface IComponent
    interface IDisposable
    interface IDTSPropertiesProvider
    interface IDTSPropertiesProviderEx
    interface IDTSPackagePath
    interface IDTSExecutionPath
Public NotInheritable Class ConnectionManager
Inherits DtsObject
Implements IComponent, IDisposable, IDTSExecutionPath, IDTSName, IDTSObjectHost, IDTSPackagePath, IDTSPersist, IDTSPropertiesProvider, IDTSPropertiesProviderEx
継承
ConnectionManager
実装

注釈

接続マネージャーとは、接続の論理的な表現です。 デザイン時に、グラフィック ユーザー インターフェイスで接続マネージャーのプロパティを使用して、パッケージの実行時にランタイムが作成する物理接続を記述します。 Integration Services では、さまざまな種類の接続マネージャーが用意されており、これにより、パッケージはさまざまなデータ ソースに接続できます。 たとえば、ADO (ActiveX Data Objects) 接続マネージャー、ADO.NET 接続マネージャー、ODBC 接続マネージャーなどがあります。 詳細については、「 カスタムオブジェクトを使用したパッケージの拡張」を参照してください。

プロパティ

ConnectionString

データ ソースへの接続を確立するために使用する接続文字列を取得します。値の設定も可能です。

CreationName

ランタイムが使用する文字列を返します。ランタイムは、この文字列を使用して ConnectionManager オブジェクトのインスタンスを作成し、Connections コレクションにこのオブジェクトを追加します。 このプロパティは読み取り専用です。

DelayValidation

パッケージが実行されるまでパッケージの検証が遅延されるかどうかを示すブール値を取得または設定します。

Description

ConnectionManager オブジェクトの説明を取得します。値の設定も可能です。

HasExpressions

式を介して設定されたプロパティを接続マネージャーが持つかどうかを示す値を取得します。

HostType

接続を使用しているホストの種類を示す列挙を取得します。 このプロパティは読み取り専用です。

ID

ConnectionManager の ID を取得します。 このプロパティは読み取り専用です。

InnerObject

作成された特定の接続の種類を返します。 このプロパティは読み取り専用です。

Name

ConnectionManager オブジェクトの名前を取得または設定します。

OfflineMode

接続マネージャーがオフライン モードかどうかを示す値を取得します。値の設定も可能です。

Properties

ConnectionManager のプロパティ オブジェクトのコレクションを取得します。 これは、接続マネージャーによってホストされている特定の接続のプロパティにアクセスするメソッドです。 このプロパティは読み取り専用です。

ProtectionLevel

パッケージに含まれている機微なデータに対して実行される暗号化のレベルを取得します。値の設定も可能です。

Qualifier

接続マネージャーの修飾子を取得します。値の設定も可能です。

Scope

接続マネージャーのスコープを取得します。

Site

接続マネージャーのサイトを取得します。値の設定も可能です。

SupportsDTCTransactions

接続が Microsoft 分散トランザクション コーディネーター (MS DTC) トランザクションをサポートするかどうかを示す Boolean を返します。

VariableDispenser

接続マネージャーの変数のディスペンサーを取得します。

Variables

接続マネージャーの変数のコレクションを取得します。

メソッド

AcquireConnection(Object)

接続の種類のインスタンスを作成します。

Dispose()

ConnectionManager で使用したリソースを解放します。

Equals(Object)

2 つのオブジェクト インスタンスが等しいかどうかを判断します。

(継承元 DtsObject)
GetExecutionPath()

接続マネージャーの実行パスを返します。

GetExpression(String)

指定されたプロパティの式を含む文字列を返します。 Null は、式が割り当てられていないことを意味します。

GetHashCode()

このインスタンスのハッシュ コードを返します。

(継承元 DtsObject)
GetPackagePath()

接続が適用されるパッケージのパスを取得します。値の設定も可能です。

LoadFromXML(String, IDTSEvents)

このメソッドをアプリケーション コードから呼び出すことはできません。 .xml として保存されたパッケージを読み込むには、LoadPackage(String, IDTSEvents) メソッドを使用します。

LoadFromXML(XmlNode, IDTSEvents)

このメソッドをアプリケーション コードから呼び出すことはできません。 .xml として保存されたパッケージを読み込むには、LoadPackage(String, IDTSEvents) メソッドを使用します。

ReleaseConnection(Object)

AcquireConnection(Object) の間に確立された接続を解放します。 デザイン時および実行時に呼び出されます。

SaveToXML(XmlDocument, XmlNode, IDTSEvents)

このメソッドをアプリケーション コードから呼び出すことはできません。 パッケージを .xml として保存するには、SaveToXml(String, Package, IDTSEvents) メソッドを使用します。

SetExpression(String, String)

指定した式をプロパティに割り当てます。 Null を指定すると、プロパティから既存の式が削除されます。

SetQualifier(String)

接続マネージャーが作成されてから実行中のパッケージで使用されるまでに、接続マネージャーで修飾子を変更します。

イベント

Disposed

DisposedConnectionManager イベントを待機するイベント ハンドラーを追加します。

適用対象