Package クラス

定義

パッケージ コンテナーを表します。 このクラスは継承できません。

public ref class Package sealed : Microsoft::SqlServer::Dts::Runtime::EventsProvider, Microsoft::SqlServer::Dts::Runtime::IDTSConfigurationControl, Microsoft::SqlServer::Dts::Runtime::IDTSExecutionPath, Microsoft::SqlServer::Dts::Runtime::IDTSPackagePath, Microsoft::SqlServer::Dts::Runtime::IDTSPropertiesProvider, Microsoft::SqlServer::Dts::Runtime::IDTSPropertiesProviderEx, Microsoft::SqlServer::Dts::Runtime::IDTSSequence
public sealed class Package : Microsoft.SqlServer.Dts.Runtime.EventsProvider, Microsoft.SqlServer.Dts.Runtime.IDTSConfigurationControl, Microsoft.SqlServer.Dts.Runtime.IDTSExecutionPath, Microsoft.SqlServer.Dts.Runtime.IDTSPackagePath, Microsoft.SqlServer.Dts.Runtime.IDTSPropertiesProvider, Microsoft.SqlServer.Dts.Runtime.IDTSPropertiesProviderEx, Microsoft.SqlServer.Dts.Runtime.IDTSSequence
type Package = class
    inherit EventsProvider
    interface IDTSSequence
    interface IDTSPropertiesProvider
    interface IDTSPropertiesProviderEx
    interface IDTSPackagePath
    interface IDTSExecutionPath
    interface IDTSConfigurationControl
Public NotInheritable Class Package
Inherits EventsProvider
Implements IDTSConfigurationControl, IDTSExecutionPath, IDTSPackagePath, IDTSPropertiesProvider, IDTSPropertiesProviderEx, IDTSSequence
継承
実装

注釈

パッケージは、他のコンテナー、接続、タスク、変換、変数、構成、および優先順位制約のコレクションです。 パッケージは、プログラムで作成することも、SSIS デザイナーのグラフィカル ツールを使用して作成することもできます。 パッケージは、や XML ファイルなどのさまざまな場所に保存でき Microsoft SQL Server ます。

パッケージの詳細については、「 Integration Services (SSIS) パッケージ」を参照してください。

コンストラクター

Package()

Package クラスの新しいインスタンスを初期化します。

フィールド

m_executable

実行可能ファイルです。

(継承元 Executable)

プロパティ

CertificateContext

パッケージの X.509 証明書オブジェクトを取得します。値の設定も可能です。

CertificateObject

パッケージの X.509 証明書オブジェクトを取得します。値の設定も可能です。

CheckpointFileName

パッケージの再開を有効にするチェックポイント情報をキャプチャするファイルの名前を取得します。値の設定も可能です。

CheckpointUsage

パッケージが再起動されるかどうか、またはいつパッケージが再起動されるかを示す値を取得します。値の設定も可能です。

CheckSignatureOnLoad

パッケージを読み込むときにデジタル署名を確認するかどうかを示す値を取得します。値の設定も可能です。

Configurations

パッケージの構成のコレクションを取得します。 パッケージは、複数の構成をこのパッケージに関連付けることができます。 このプロパティは読み取り専用です。

Connections

パッケージの接続マネージャーのコレクションを取得します。

CreationDate

パッケージが作成された日時を取得します。値の設定も可能です。

CreationName

DtsContainer オブジェクトのインスタンスを作成するために使用される文字列を返します。 このプロパティは読み取り専用です。

(継承元 DtsContainer)
CreatorComputerName

パッケージが作成されたコンピューターの名前を取得します。値の設定も可能です。

CreatorName

パッケージを作成した個人の名前を取得します。値の設定も可能です。

DebugMode

DtsContainerオブジェクトがデバッグモードであるかどうか、および実行中にイベントを発生させるかどうかを示すブール値を取得または設定し OnBreakpointHit(IDTSBreakpointSite, BreakpointTarget) ます。

(継承元 DtsContainer)
DelayValidation

実行時までタスクの検証が遅延されるかどうかを示すブール値を取得または設定します。 既定値は false です。

(継承元 DtsContainer)
Description

DtsContainer オブジェクトの説明を取得します。値の設定も可能です。

(継承元 DtsContainer)
DesignEvents

デザイナーまたは他のサード パーティ クライアントがデザイン時にイベントを受け取るかどうかを示す IDTSEvents を取得します。値の設定も可能です。

DesignTimeProperties

パッケージのデザイン時プロパティ (レイアウト情報など) を取得します。値の設定も可能です。

Disable

オブジェクトが無効かどうかを示すブール値 DtsContainer

(継承元 DtsContainer)
DisableEventHandlers

タスクのイベントハンドラーが無効かどうかを示すブール値を取得または設定します。

(継承元 EventsProvider)
DumpDescriptor

ダンプ ファイルをいつ生成するかを指定します。

DumpOnAnyError

パッケージの実行中にエラーが発生した場合にダンプ ファイルを生成するかどうかを指定します。

EnableConfigurations

パッケージが構成を読み込むかどうかを示す値を取得または設定します。

EnableDump

ダンプ ファイルの生成を有効にするかどうかを指定します。

EncryptCheckpoints

チェックポイント ファイルが暗号化されるかどうかを示す値を取得します。値の設定も可能です。

Errors

パッケージに関連付けられているエラーのコレクションを取得します。 このフィールドは読み取り専用です。

EventHandlers

イベント ハンドラー オブジェクトのコレクションを返します。 このフィールドは読み取り専用です。

(継承元 EventsProvider)
EventInfos

EventInfo オブジェクトのコレクションを返します。 このフィールドは読み取り専用です。

(継承元 EventsProvider)
Executables

パッケージ ワークフローの一部であるパッケージに含まれる実行可能オブジェクトのコレクションを取得します。

ExecutionDuration

コンテナーが実行中に費やした時間をミリ秒単位で示す値を返します。 このプロパティは読み取り専用です。

(継承元 DtsContainer)
ExecutionResult

DtsContainer オブジェクトの実行が成功したかどうかを示す値を返します。

(継承元 DtsContainer)
ExecutionStatus

呼び出し時における DtsContainer オブジェクトの実行の現在の状態を示す値を返します。

(継承元 DtsContainer)
ExtendedProperties

パッケージの ExtendedProperties コレクションを取得します。

FailPackageOnFailure

パッケージ内のタスクまたはコンポーネントが失敗したときにパッケージが失敗するかどうかを示す値を取得します。値の設定も可能です。

FailParentOnFailure

子コンテナーが失敗したときに親コンテナーが失敗するかどうかを定義する Boolean を取得または設定します。

(継承元 DtsContainer)
ForcedExecutionValue

ForceExecutionValueプロパティが True に設定されている場合、パッケージが返すオプションの実行値を示す値を取得または設定します。

(継承元 DtsContainer)
ForceExecutionResult

コンテナーの強制実行結果を指定する DTSForcedExecResult 列挙値を取得または設定します。

(継承元 DtsContainer)
ForceExecutionValue

コンテナーの実行値に特定の値を強制的に含めるかどうかを示すブール値を取得または設定します。

(継承元 DtsContainer)
HasExpressions

パッケージが式を持つかどうかを示す値を取得します。

ID

DtsContainer の ID を返します。この ID は GUID です。 この値は読み取り専用です。

(継承元 DtsContainer)
IgnoreConfigurationsOnLoad

パッケージが読み込まれるときに構成を無視するかどうかを示す値を取得します。値の設定も可能です。

InteractiveMode

実行中にタスクがユーザー インターフェイス オブジェクトを表示する必要があるかどうかを示す値を取得します。値の設定も可能です。

IsDefaultLocaleID

コンテナーが既定のロケールを使用するかどうかを示すブール値。 このプロパティは読み取り専用です。

(継承元 DtsContainer)
IsolationLevel

DtsContainer オブジェクト内のトランザクションの分離レベルを取得または設定します。

(継承元 DtsContainer)
LocaleID

オブジェクトの実行時に使用する Microsoft Win32® localeID を示す整数を取得または設定し DtsContainer ます。

(継承元 DtsContainer)
LogEntryInfos

LogEntryInfos オブジェクトを返します。 このプロパティは読み取り専用です。

(継承元 DtsContainer)
LoggingMode

コンテナーのログ モードを示す有効な値を DTSLoggingMode 列挙から取得または設定します。

(継承元 DtsContainer)
LoggingOptions

コンテナーのフィルターおよびログ記録のリソースを示すプロパティを表すオブジェクトを返します。 このプロパティは読み取り専用です。

(継承元 DtsContainer)
LogProviders

パッケージに関連付けられているログ プロバイダーのコレクションを取得します。

MaxConcurrentExecutables

パッケージが作成できるスレッドの数を取得します。値の設定も可能です。

MaximumErrorCount

オブジェクトが実行を停止する前に発生する可能性があるエラーの最大数を示す整数値を取得または設定し DtsContainer ます。

(継承元 DtsContainer)
Name

DtsContainer の名前を取得または設定します。

(継承元 DtsContainer)
OfflineMode

パッケージがオフライン モードで動作しているかどうかを示す値を取得します。値の設定も可能です。

PackagePassword

パッケージのパスワードの値を設定します。 このプロパティは書き込み専用です。

PackagePriorityClass

パッケージ スレッドの Win32 スレッド優先度クラスを指定します。

PackageType

パッケージを作成したツールを識別する値を指定します。

PackageUpgradeOptions

パッケージのアップグレード オプションを取得します。値の設定も可能です。

Parameters

パッケージのパラメーター コレクションを取得します。

Parent

親コンテナーを返します。 この値は読み取り専用です。

(継承元 DtsContainer)
PrecedenceConstraints

PrecedenceConstraint オブジェクトのコレクションを取得します。 このフィールドは読み取り専用です。

Project

パッケージに関連付けられている指定されたプロジェクトを取得します。値の設定も可能です。

Properties

パッケージの DtsProperties オブジェクトのコレクションを取得します。

ProtectionLevel

パッケージの保護レベルを取得します。

SafeRecursiveProjectPackageExecution

パッケージの再帰実行が安全かどうかを示す値を取得します。値の設定も可能です。

SaveCheckpoints

パッケージの実行中にパッケージがチェックポイントを使用するかどうかを示す値を取得します。値の設定も可能です。

Site

コンテナーのサイトを取得します。値の設定も可能です。

(継承元 DtsContainer)
StartTime

コンテナーが実行を開始した時刻を返します。 このプロパティは読み取り専用です。

(継承元 DtsContainer)
StopTime

コンテナーが実行を終了した時刻を返します。 このプロパティは読み取り専用です。

(継承元 DtsContainer)
SuppressConfigurationWarnings

構成によって生成された警告が非表示になるかどうかを示す値を取得します。値の設定も可能です。

SuspendRequired

ブレークポイントに到達したときにタスクを中断するかどうかを示すブール値を取得または設定します。 この値は、ブレークポイントに到達したときにタスクおよびコンテナーに対してランタイム エンジンで設定されます。

(継承元 DtsContainer)
TransactionOption

コンテナーがトランザクションに参加するかどうかを示す DTSTransactionOption 列挙値を取得または設定します。

(継承元 DtsContainer)
UpdateObjects

*_  メンバーは非推奨です。「解説」を参照してください。 _ _ 更新バージョンが検出された場合に、パッケージの読み込み時に拡張可能なオブジェクトを更新できるかどうかを示す値を取得または設定します。

VariableDispenser

VariableDispenser オブジェクトを返します。これにより、コンテナーに関連付けられた変数をロックできます。

(継承元 DtsContainer)
Variables

このコンテナーに関連付けられた変数を含むコレクションを返します。 このプロパティは読み取り専用です。

(継承元 DtsContainer)
VersionBuild

パッケージのビルド バージョンを取得します。

VersionComments

パッケージに関連付けられているバージョンを取得します。値の設定も可能です。

VersionGUID

パッケージが最初に作成されるときに生成されるバージョン GUID を取得します。 このフィールドは読み取り専用です。

VersionMajor

パッケージのメジャー ビルド バージョンを取得します。

VersionMinor

パッケージのマイナー ビルド バージョンを取得します。

Warnings

パッケージに設定された警告のコレクションを取得します。 このフィールドは読み取り専用です。

メソッド

AcceptBreakpointManager(BreakpointManager)

このメソッドは、タスクまたはコンテナーの作成時にランタイム エンジンによって呼び出され、そのタスクまたはコンテナーを BreakpointManager マネージャーに渡します。これによりタスクは、ブレークポイントを作成または削除したり、ブレークポイントの状態を確認することができます。 このメソッドはランタイムから呼び出されるメソッドであり、コードでは使用されません。

(継承元 DtsContainer)
AddDataTapPoint(String, String, Int32, String)

指定されたデータフローおよび指定されたデータフローパスにデータタップポイントを追加します。

CheckSignature()

パッケージのデジタル署名の状態を確認します。

ComputeExpressions(Boolean)

パッケージ オブジェクトの計算式です。

Dispose()

アンマネージ リソースの解放またはリセットに関連付けられているアプリケーション定義のタスクを実行します。

(継承元 DtsContainer)
Equals(Object)

2 つのオブジェクト インスタンスが等しいかどうかを判断します。

(継承元 DtsObject)
Execute()

パッケージの実行が成功したかどうかの情報を含む DTSExecResult 列挙を返します。

Execute(Connections, Variables, IDTSEvents, IDTSLogging, Object)

パッケージ ワークフローの一部として、アプリケーション、コンテナー、またはパッケージを実行します。

(継承元 DtsContainer)
ExportConfigurationFile(String)

パッケージ内の配置可能なすべての変数を含む XML ファイルを作成します。

FindReferencedObjects(Object)

参照オブジェクトの列挙を返します。

GetBreakpointTargets(IDTSBreakpointSite, Boolean)

BreakpointTargets コレクションを返します。 onlyEnabled パラメーターの設定により、コレクションには、パッケージ内のすべてのブレークポイント ターゲットが含まる場合と、有効なブレークポイント ターゲットのみが含まれる場合があります。

GetExecutionPath()

現在のパッケージの実行パスを返します。

GetExpression(String)

指定したプロパティの式を表す値を返します。 Null は、式が割り当てられていないことを意味します。

GetHashCode()

このインスタンスのハッシュ コードを返します。

(継承元 DtsObject)
GetObjectFromPackagePath(String, DtsProperty)

パッケージ プロパティとオブジェクトを指定されたパッケージ パスから返します。

GetPackagePath()

パッケージの場所の相対パスを表す値を返します。

ImportConfigurationFile(String)

パッケージに関連付けられた構成ファイルを読み込みます。

LoadFromXML(String, IDTSEvents)

XML 形式でメモリに保存されている、パッケージとそのすべてのオブジェクトを読み込みます。 ハード ドライブに保存されているパッケージを読み込むには、LoadPackage(String, IDTSEvents) メソッドを使用します。

LoadFromXML(XmlNode, IDTSEvents)

このメソッドをアプリケーション コードから呼び出すことはできません。 .xml として保存されたパッケージを読み込むには、LoadPackage(String, IDTSEvents) メソッドを使用します。

(継承元 DtsContainer)
LoadUserCertificateByHash(Byte[])

証明書ハッシュに従ってパッケージの証明書を読み込みます。

LoadUserCertificateByName(String)

証明書名に従ってパッケージの証明書を読み込みます。

ProcessConfiguration(String, Object)

パッケージとそのオブジェクトの構成情報を指定します。

RegenerateID()

パッケージの新しい GUID を作成し、パッケージの ID プロパティを更新します。

ResumeExecution()

一時停止したタスクの実行を再開します。 タスクまたはコンテナーは、ランタイム エンジンによって再開されます。

(継承元 DtsContainer)
SaveToXML(String, IDTSEvents)

XML 形式でパッケージをメモリに保存します。 パッケージを *.xml ファイルとしてハード ディスクに保存するには、SaveToXml(String, Package, IDTSEvents) メソッドを使用します。

SaveToXML(XmlDocument, XmlNode, IDTSEvents)

このメソッドをアプリケーション コードから呼び出すことはできません。 パッケージを .xml として保存するには、SaveToXml(String, Package, IDTSEvents) メソッドを使用します。

(継承元 DtsContainer)
SetExpression(String, String)

指定した式をプロパティに割り当てます。 Null を指定すると、プロパティから既存の式が削除されます。

SetWrappedExecutable(IDTSExecutable100)

ラップされた実行可能オブジェクトを返します。

(継承元 EventsProvider)
SuspendExecution()

実行可能ファイルを中断する必要がある場合に呼び出されます。 このメソッドはランタイム エンジンから呼び出されます。

(継承元 DtsContainer)
Validate(Connections, Variables, IDTSEvents, IDTSLogging)

コンテナーの正常実行を妨げる無効な設定が含まれていないかどうかを確認できます。

(継承元 DtsContainer)

イベント

Disposed

コンポーネントの Disposed イベントを待機するイベント ハンドラーを追加します。

(継承元 DtsContainer)

適用対象