ForEachLoopClass クラス

定義

Foreach 反復ステートメントを使用して、パッケージ内の反復ワークフローを定義するコンテナーを提供します。

public ref class ForEachLoopClass : Microsoft::SqlServer::Dts::Runtime::Wrapper::ForEachLoop, Microsoft::SqlServer::Dts::Runtime::Wrapper::IDTSBreakpointSite100, Microsoft::SqlServer::Dts::Runtime::Wrapper::IDTSContainer100, Microsoft::SqlServer::Dts::Runtime::Wrapper::IDTSEventsProvider100, Microsoft::SqlServer::Dts::Runtime::Wrapper::IDTSExecutionMetrics100, Microsoft::SqlServer::Dts::Runtime::Wrapper::IDTSForEachLoop100, Microsoft::SqlServer::Dts::Runtime::Wrapper::IDTSName100, Microsoft::SqlServer::Dts::Runtime::Wrapper::IDTSPersist100, Microsoft::SqlServer::Dts::Runtime::Wrapper::IDTSPropertiesProvider100, Microsoft::SqlServer::Dts::Runtime::Wrapper::IDTSRuntimeObject100, Microsoft::SqlServer::Dts::Runtime::Wrapper::IDTSSequence100
[System.Runtime.InteropServices.ClassInterface(System.Runtime.InteropServices.ClassInterfaceType.None)]
[System.Runtime.InteropServices.Guid("C2DA94B4-782A-4F02-8532-B79F2F17EF2C")]
[System.Runtime.InteropServices.TypeLibType(System.Runtime.InteropServices.TypeLibTypeFlags.FCanCreate)]
public class ForEachLoopClass : Microsoft.SqlServer.Dts.Runtime.Wrapper.ForEachLoop, Microsoft.SqlServer.Dts.Runtime.Wrapper.IDTSBreakpointSite100, Microsoft.SqlServer.Dts.Runtime.Wrapper.IDTSContainer100, Microsoft.SqlServer.Dts.Runtime.Wrapper.IDTSEventsProvider100, Microsoft.SqlServer.Dts.Runtime.Wrapper.IDTSExecutionMetrics100, Microsoft.SqlServer.Dts.Runtime.Wrapper.IDTSForEachLoop100, Microsoft.SqlServer.Dts.Runtime.Wrapper.IDTSName100, Microsoft.SqlServer.Dts.Runtime.Wrapper.IDTSPersist100, Microsoft.SqlServer.Dts.Runtime.Wrapper.IDTSPropertiesProvider100, Microsoft.SqlServer.Dts.Runtime.Wrapper.IDTSRuntimeObject100, Microsoft.SqlServer.Dts.Runtime.Wrapper.IDTSSequence100
[System.Runtime.InteropServices.ClassInterface(System.Runtime.InteropServices.ClassInterfaceType.None)]
[System.Runtime.InteropServices.TypeLibType(System.Runtime.InteropServices.TypeLibTypeFlags.FCanCreate)]
[System.Runtime.InteropServices.Guid("8D9B72A5-CF6C-43F6-810D-BA54BE7CDF5A")]
public class ForEachLoopClass : Microsoft.SqlServer.Dts.Runtime.Wrapper.ForEachLoop, Microsoft.SqlServer.Dts.Runtime.Wrapper.IDTSBreakpointSite100, Microsoft.SqlServer.Dts.Runtime.Wrapper.IDTSContainer100, Microsoft.SqlServer.Dts.Runtime.Wrapper.IDTSEventsProvider100, Microsoft.SqlServer.Dts.Runtime.Wrapper.IDTSExecutionMetrics100, Microsoft.SqlServer.Dts.Runtime.Wrapper.IDTSForEachLoop100, Microsoft.SqlServer.Dts.Runtime.Wrapper.IDTSName100, Microsoft.SqlServer.Dts.Runtime.Wrapper.IDTSPersist100, Microsoft.SqlServer.Dts.Runtime.Wrapper.IDTSPropertiesProvider100, Microsoft.SqlServer.Dts.Runtime.Wrapper.IDTSRuntimeObject100, Microsoft.SqlServer.Dts.Runtime.Wrapper.IDTSSequence100
[System.Runtime.InteropServices.ClassInterface(System.Runtime.InteropServices.ClassInterfaceType.None)]
[System.Runtime.InteropServices.TypeLibType(System.Runtime.InteropServices.TypeLibTypeFlags.FCanCreate)]
[System.Runtime.InteropServices.Guid("B4239650-285C-4F45-8F7B-759C3009A565")]
public class ForEachLoopClass : Microsoft.SqlServer.Dts.Runtime.Wrapper.ForEachLoop, Microsoft.SqlServer.Dts.Runtime.Wrapper.IDTSBreakpointSite100, Microsoft.SqlServer.Dts.Runtime.Wrapper.IDTSContainer100, Microsoft.SqlServer.Dts.Runtime.Wrapper.IDTSEventsProvider100, Microsoft.SqlServer.Dts.Runtime.Wrapper.IDTSExecutionMetrics100, Microsoft.SqlServer.Dts.Runtime.Wrapper.IDTSForEachLoop100, Microsoft.SqlServer.Dts.Runtime.Wrapper.IDTSName100, Microsoft.SqlServer.Dts.Runtime.Wrapper.IDTSPersist100, Microsoft.SqlServer.Dts.Runtime.Wrapper.IDTSPropertiesProvider100, Microsoft.SqlServer.Dts.Runtime.Wrapper.IDTSRuntimeObject100, Microsoft.SqlServer.Dts.Runtime.Wrapper.IDTSSequence100
[<System.Runtime.InteropServices.ClassInterface(System.Runtime.InteropServices.ClassInterfaceType.None)>]
[<System.Runtime.InteropServices.Guid("C2DA94B4-782A-4F02-8532-B79F2F17EF2C")>]
[<System.Runtime.InteropServices.TypeLibType(System.Runtime.InteropServices.TypeLibTypeFlags.FCanCreate)>]
type ForEachLoopClass = class
    interface IDTSExecutable100
    interface ForEachLoop
    interface IDTSForEachLoop100
    interface IDTSContainer100
    interface IDTSSequence100
    interface IDTSEventsProvider100
    interface IDTSExecutionMetrics100
    interface IDTSPropertiesProvider100
    interface IDTSBreakpointSite100
    interface IDTSSuspend100
    interface IDTSPersist100
    interface IDTSRuntimeObject100
    interface IDTSName100
[<System.Runtime.InteropServices.ClassInterface(System.Runtime.InteropServices.ClassInterfaceType.None)>]
[<System.Runtime.InteropServices.TypeLibType(System.Runtime.InteropServices.TypeLibTypeFlags.FCanCreate)>]
[<System.Runtime.InteropServices.Guid("8D9B72A5-CF6C-43F6-810D-BA54BE7CDF5A")>]
type ForEachLoopClass = class
    interface IDTSExecutable100
    interface ForEachLoop
    interface IDTSForEachLoop100
    interface IDTSContainer100
    interface IDTSSequence100
    interface IDTSEventsProvider100
    interface IDTSExecutionMetrics100
    interface IDTSPropertiesProvider100
    interface IDTSBreakpointSite100
    interface IDTSSuspend100
    interface IDTSPersist100
    interface IDTSRuntimeObject100
    interface IDTSName100
[<System.Runtime.InteropServices.ClassInterface(System.Runtime.InteropServices.ClassInterfaceType.None)>]
[<System.Runtime.InteropServices.TypeLibType(System.Runtime.InteropServices.TypeLibTypeFlags.FCanCreate)>]
[<System.Runtime.InteropServices.Guid("B4239650-285C-4F45-8F7B-759C3009A565")>]
type ForEachLoopClass = class
    interface IDTSExecutable100
    interface ForEachLoop
    interface IDTSForEachLoop100
    interface IDTSContainer100
    interface IDTSSequence100
    interface IDTSEventsProvider100
    interface IDTSExecutionMetrics100
    interface IDTSPropertiesProvider100
    interface IDTSBreakpointSite100
    interface IDTSSuspend100
    interface IDTSPersist100
    interface IDTSRuntimeObject100
    interface IDTSName100
Public Class ForEachLoopClass
Implements ForEachLoop, IDTSBreakpointSite100, IDTSContainer100, IDTSEventsProvider100, IDTSExecutionMetrics100, IDTSForEachLoop100, IDTSName100, IDTSPersist100, IDTSPropertiesProvider100, IDTSRuntimeObject100, IDTSSequence100
継承
ForEachLoopClass
属性
実装

コンストラクター

ForEachLoopClass()

ForEachLoopClass クラスの新しいインスタンスを初期化します。

プロパティ

CreationName

ForEachLoopClass オブジェクトのインスタンスを作成するために使用される文字列を返します。 このプロパティは読み取り専用です。

DebugMode

ForEachLoopClassオブジェクトがデバッグモードであるかどうか、および実行中にイベントを発生させるかどうかを示すブール値を取得または設定し OnBreakpointHit(IDTSBreakpointSite100, IDTSBreakpointTarget100) ます。

DelayValidation

実行時までタスクの検証が遅延されるかどうかを示すブール値を取得または設定します。 既定値は false です。

Description

ForEachLoopClass オブジェクトの説明を取得します。値の設定も可能です。

Disable

オブジェクトが無効かどうかを示すブール値を取得し ForEachLoopClass ます。

DisableEventHandlers

タスクのイベントハンドラーが無効かどうかを示すブール値を取得します。

EventHandlers

イベント ハンドラー オブジェクトのコレクションを取得します。 このフィールドは読み取り専用です。

EventInfos

IDTSEventInfo100 オブジェクトのコレクションを取得します。 このフィールドは読み取り専用です。

Executables

実行可能オブジェクトのコレクションを取得します。

ExecutionDuration

コンテナーが実行中に費やした時間をミリ秒単位で示す値を返します。 このプロパティは読み取り専用です。

ExecutionResult

ForEachLoopClass オブジェクトの実行が成功したかどうかを示す値を返します。

ExecutionStatus

呼び出し時における ForEachLoopClass オブジェクトの実行の現在の状態を示す値を返します。

FailPackageOnFailure

子コンテナーが失敗した場合にパッケージが失敗するかどうかを示すブール値を取得または設定します。

FailParentOnFailure

子コンテナーが失敗したときに親コンテナーが失敗するかどうかを定義するブール値を取得または設定します。

ForcedExecutionValue

ForceExecutionValueプロパティが true に設定されている場合、パッケージが返すオプションの実行値を示す値を取得または設定します。

ForceExecutionResult

コンテナーの強制実行結果を指定する DTSExecResult 列挙値を取得または設定します。

ForceExecutionValue

コンテナーの実行値に特定の値を強制的に含めるかどうかを示すブール値を取得または設定します。

ForEachEnumerator

IDTSForEachEnumerator100 のホストを取得します。値の設定も可能です。

ID

ForEachLoopClass の GUID を取得します。 この値は読み取り専用です。

IDTSSuspend100_SuspendRequired

ブレークポイントに到達したときにタスクを中断するかどうかを示すブール値を取得または設定します。 この値は、ブレークポイントに到達したときにタスクおよびコンテナーに対してランタイム エンジンで設定されます。

IsDefaultLocaleID

コンテナーが既定のロケールを使用するかどうかを示すブール値。 このプロパティは読み取り専用です。

IsolationLevel

ForEachLoopClass オブジェクト内のトランザクションの分離レベルを取得または設定します。

LocaleID

オブジェクトの実行時に使用する Microsoft Win32® localeID を示す整数を取得または設定し ForEachLoopClass ます。

LogEntryInfos

コンテナーの IDTSLogEntryInfos100 オブジェクトを取得します。 このプロパティは読み取り専用です。

LoggingMode

コンテナーのログ モードを示す有効な値を DTSLoggingMode 列挙から取得または設定します。

LoggingOptions

コンテナーのフィルターおよびログ記録のリソースを示すプロパティを表すオブジェクトを取得します。 このプロパティは読み取り専用です。

MaximumErrorCount

オブジェクトが実行を停止する前に発生する可能性があるエラーの最大数を示す整数値を取得または設定し ForEachLoopClass ます。

Name

ForEachLoopClass の名前を取得または設定します。

Parent

親コンテナーを取得します。 この値は読み取り専用です。

PrecedenceConstraints

IDTSPrecedenceConstraints100 に関連付けられたすべての優先順位制約を含む ForEachLoop コレクションを取得します。

Properties

IDTSProperty100 に関連付けられた ForEachLoop オブジェクトのコレクションを返します。

StartTime

コンテナーが実行を開始した時刻を取得します。 このプロパティは読み取り専用です。

StopTime

コンテナーが実行を終了した時刻を取得します。 このプロパティは読み取り専用です。

SuspendRequired

ブレークポイントに到達したときにタスクを中断するかどうかを示すブール値を取得または設定します。 この値は、ブレークポイントに到達したときにタスクおよびコンテナーに対してランタイム エンジンで設定されます。

TransactionOption

コンテナーがトランザクションに参加するかどうかを示す DTSTransactionOption 列挙値を取得または設定します。

VariableDispenser

IDTSVariableDispenser100 オブジェクトを取得します。これにより、コンテナーに関連付けられた変数をロックできます。

VariableMappings

IDTSForEachVariableMappings100 の変数のマッピングを含む ForEachLoop コレクションを取得します。

Variables

このコンテナーに関連付けられた変数を含むコレクションを返します。 このプロパティは読み取り専用です。

メソッド

AcceptBreakpointManager(IDTSBreakpointManager100)

タスクまたはコンテナーの作成時にランタイム エンジンによって呼び出される IDTSBreakpointManager100 マネージャーを受け取ります。これによりタスクは、ブレークポイントを作成または削除したり、ブレークポイントの状態を確認することができます。 このメソッドはランタイムから呼び出されるメソッドであり、コードでは使用されません。

ComputeExpressions(Boolean)

プロパティ コレクションの式を計算します。

Execute(IDTSConnections100, IDTSVariables100, IDTSEvents100, IDTSLogging100, Object)

実行可能ファイルを実行します。

GetExpression(String)

指定されたプロパティの式を含む文字列を返します。 Null は、式が割り当てられていないことを意味します。

GetParentID()

親コンテナーの ID を取得します。

IDTSForEachLoop100_Execute(IDTSConnections100, IDTSVariables100, IDTSEvents100, IDTSLogging100, Object)

実行可能ファイルを実行します。

IDTSForEachLoop100_Validate(IDTSConnections100, IDTSVariables100, IDTSEvents100, IDTSLogging100)

実行可能ファイルを実行する前に、すべての依存関係とその他の項目を検証することにより、オブジェクトが正常に実行されることを確認します。

IDTSSuspend100_get_SuspendRequired()
IDTSSuspend100_ResumeExecution()

一時停止したタスクの実行を再開します。 タスクまたはコンテナーは、ランタイム エンジンによって再開されます。

IDTSSuspend100_set_SuspendRequired(Boolean)
IDTSSuspend100_SuspendExecution()

実行可能ファイルを中断する必要があることを示します。 このメソッドはランタイム エンジンから呼び出されます。

LoadFromXML(Object, IDTSEvents100)

XML 形式で格納されたデータを読み込みます。

RegenerateID()

詳細については、「ForEachLoop」を参照してください。

ResumeExecution()

一時停止したタスクの実行を再開します。 タスクまたはコンテナーは、ランタイム エンジンによって再開されます。

SaveToXML(Object, Object, IDTSEvents100)

XML ドキュメントに情報を保存します。

SetExpression(String, String)

指定した式をプロパティに割り当てます。 Null を指定すると、プロパティから既存の式が削除されます。

SuspendExecution()

実行可能ファイルを中断する必要があることを示します。 このメソッドはランタイム エンジンから呼び出されます。

Validate(IDTSConnections100, IDTSVariables100, IDTSEvents100, IDTSLogging100)

実行可能ファイルを実行する前に、すべての依存関係とその他の項目を検証することにより、オブジェクトが正常に実行されることを確認します。

適用対象