Microsoft.SqlServer.Dts.Runtime.Wrapper 名前空間

Microsoft.SqlServer.Dts.Runtime.Wrapper名前空間には、クラスとインターフェイスが、ランタイムにおいて制御フロー コンポーネントを作成するために使用します。 このアセンブリは、名前空間のプライマリ相互運用機能アセンブリ (PIA) Microsoft.SqlServer.Dts.Runtime、これは、アセンブリ Microsoft.SqlServer.ManagedDTS (microsoft.sqlserver.manageddts.dll 内)。 この名前空間のクラスは、インスタンス化することはできません。 代わりにあるクラスを使用して、Microsoft.SqlServer.Dts.Runtimeです。

クラス

ApplicationClass

パッケージ オブジェクトを検出し、アクセスします。

ConnectionManagerAdoClass

データ ソースの接続情報を提供します。

ConnectionManagerAdoNetClass

データ接続に .Net プロバイダーを使用する接続マネージャーを表します。

ConnectionManagerCacheClass

データ接続にキャッシュ変換またはキャッシュ ファイルを使用する接続マネージャーを表します。

ConnectionManagerExcelClass

Excel ブック ファイルに接続する接続マネージャーを表します。

ConnectionManagerFileClass

接続マネージャー クラスを表します。

ConnectionManagerFlatFileClass

接続マネージャーのフラット ファイル クラスを表します。

ConnectionManagerFtpClass

接続マネージャー FTP クラスを表します。

ConnectionManagerHostClass

タスク ホストに接続する接続マネージャーを表します。

ConnectionManagerHttpClass

接続マネージャー http クラスを表します。

ConnectionManagerMultiFileClass

接続マネージャーのマルチ ファイル クラスを表します。

ConnectionManagerMultiFlatFileClass

複数フラット ファイルにアクセスするための接続マネージャーを表します。

ConnectionManagerOdbcClass

ODBC を使用してデータ ソースに接続する接続マネージャーを表します。

ConnectionManagerOLAPClass

接続マネージャー OLAP クラスを表します。

ConnectionManagerOleDbClass

OLE DB プロバイダーを使用してデータ ソースに接続する接続マネージャーを表します。

ConnectionManagerSqlMobileClass

接続マネージャーの sql モバイル クラスを表します。

EventHandlerClass

特定のイベントが発生したときに実行される実行可能オブジェクトを保持するパッケージまたは他のコンテナーのコンテナーです。

ExpressionEvaluatorClass

IDTSExpressionEvaluator100 インターフェイスの仮想プロパティおよびメソッドを提供します。

ForEachEnumeratorHostClass

ForEachItemEnumeratorClass のホスト クラスを定義します。 このクラスは継承できません。

ForEachItemEnumeratorClass

IDTSForEachItem100 コレクションに対する列挙子を実装します。

ForEachLoopClass

Foreach 反復ステートメントを使用して、パッケージ内の反復ワークフローを定義するコンテナーを提供します。

ForLoopClass

For iteration ステートメントを使用して、パッケージ内の反復ワークフローを定義するコンテナーを提供します。

FTPClientConnection100Class

FTP クライアント タスク用のプロパティとメソッドを提供します。

HttpClientConnection100Class

パッケージが HTTP プロトコルを使用して Web サーバーにアクセスし、ファイルを送信または受信できるようにするプロパティおよびメソッドが含まれます。 このクラスは継承できません。

LogProviderEventLogClass

LogProviderEventLog インターフェイスのクラスを表します。

LogProviderHostClass

LogProviderHost インターフェイスのクラスを表します。

LogProviderSQLProfilerClass

LogProviderSQLProfiler インターフェイスのクラスを表します。

LogProviderSQLServerClass

LogProviderSQLServer インターフェイスのクラスを表します。

LogProviderTextFileClass

LogProviderTextFile インターフェイスのクラスを表します。

LogProviderXMLFileClass

LogProviderXMLFile インターフェイスのクラスを表します。

PackageClass

Package インターフェイスのクラスを表します。

PackageNeutralClass

ニュートラル パッケージのクラスを表します。

PackageRemote32Class

リモート 32 ビット パッケージのクラスを表します。

PackageRemote64Class

リモート 64 ビット パッケージのクラスを表します。

ParameterClass

パラメーター クラスを表します。

PrecedenceConstraintClass

詳細については、「PrecedenceConstraint」を参照してください。

ProjectConnectionsCreatorClass

プロジェクト接続クリエーター クラスを表します。

ProjectConnectionsCreatorNeutralClass

プロジェクト接続クリエーターのニュートラル クラスを表します。

PropertiesClass
ReplacementTaskClass

置換タスク クラスを表します。

SequenceClass

シーケンス クラスを表します。

TaskCreator32Class

32 ビット タスク クリエーター クラスを表します。

TaskCreator64Class

タスク クリエーター クラスを表します。

TaskHostClass

詳細については、「TaskHost」を参照してください。

VariableClass

変数クラスを表します。

VariableCreatorClass

変数クリエーター クラスを表します。

VariableDispenserClass

変数ディスペンサー クラスを表します。

構造体

_FILETIME

ランタイムのファイル時刻を指定します。

_LARGE_INTEGER

ランタイム ラッパーの長精度整数を指定します。

_ULARGE_INTEGER

2 つの DWORD または 1 つの DWORDLONG としてアクセスできる 64 ビット データ型を提供します。

DTP_DATA_UNION

union データ型を指定します。

DTP_DBDATE

データ構造の列挙を指定します。

DTP_DBTIME

データ型の時間構造を指定します。

DTP_DBTIME2

時間、分、秒、および秒未満の時間で構成される時間の構造体を指定します。

DTP_DBTIMESTAMP

年、月、日、時間、分、秒、および秒未満の時間で構成されるタイムスタンプの構造体です。 秒未満の最大小数点以下桁数は 3 です。

DTP_DBTIMESTAMP2

年、月、日、時間、分、秒、および秒未満の時間で構成されるタイムスタンプの構造体です。 秒未満の最大小数点以下桁数は 7 です。

DTP_DBTIMESTAMPOFFSET

年、月、日、時間、分、秒、および秒未満の時間で構成され、ローカル時刻を取得するために使用される協定世界時 (UTC) からのタイム ゾーン オフセットを持つタイムスタンプの構造体です。 秒未満の最大小数点以下桁数は 7 です。

DTP_FILETIME

データのファイル時刻構造の列挙を指定します。

DTP_NUMERIC

データの数値構造の列挙を指定します。

DTP_VARIANT

列のデータ型を指定します。 これは DataType 列挙の値であり、この列の各セルに格納される DTP_VARIANT 構造体の型を決定します。

DTS_CLASS_INFO
DTS_EVENT_COLUMN_FILTER

詳細については、「DTSEventColumnFilter」を参照してください。

DTS_EXTENSION_MAPPING_INFO

拡張子マッピングの情報を列挙します。

DTS_MANAGED_INFO

データ管理情報の構造を指定します。

DTS_MANAGED_PROPERTY

データのマネージド プロパティの列挙を指定します。

DTS_PACKAGE_UPGRADE_OPTIONS

パッケージのアップグレード中にオプションを指定するために使用する構造体。

tagSTATSTG

開いているストレージ オブジェクト、ストリーム オブジェクト、またはバイト配列オブジェクトに関する統計情報を指定します。

インターフェイス

Application

詳細については、「ApplicationClass」を参照してください。

ConnectionManagerAdo

詳細については、「ConnectionManagerAdoClass」を参照してください。

ConnectionManagerAdoNet

詳細については、「ConnectionManagerAdoNetClass」を参照してください。

ConnectionManagerCache

詳細については、「ConnectionManagerCacheClass」を参照してください。

ConnectionManagerExcel

詳細については、「ConnectionManagerExcelClass」を参照してください。

ConnectionManagerFile

詳細については、「ConnectionManagerFileClass」を参照してください。

ConnectionManagerFlatFile

詳細については、「ConnectionManager」を参照してください。

ConnectionManagerFtp

詳細については、「ConnectionManagerFtpClass」を参照してください。

ConnectionManagerHost

詳細については、「ConnectionManagerHostClass」を参照してください。

ConnectionManagerHttp

詳細については、「ConnectionManagerHttpClass」を参照してください。

ConnectionManagerMultiFile

詳細については、「ConnectionManagerMultiFileClass」を参照してください。

ConnectionManagerMultiFlatFile

詳細については、「ConnectionManagerMultiFlatFileClass」を参照してください。

ConnectionManagerOdbc

詳細については、「ConnectionManagerOdbcClass」を参照してください。

ConnectionManagerOLAP

詳細については、「ConnectionManagerOLAPClass」を参照してください。

ConnectionManagerOleDb

詳細については、「ConnectionManagerOleDbClass」を参照してください。

ConnectionManagerSqlMobile

詳細については、「ConnectionManagerSqlMobileClass」を参照してください。

EventHandler

詳細については、「EventHandlerClass」を参照してください。

ExpressionEvaluator

詳細については、「ExpressionEvaluatorClass」を参照してください。

ForEachEnumeratorHost

詳細については、「ForEachEnumeratorHostClass」を参照してください。

ForEachItemEnumerator

詳細については、「ForEachItemEnumeratorClass」を参照してください。

ForEachLoop

詳細については、「ForEachLoopClass」を参照してください。

ForLoop

詳細については、「ForLoopClass」を参照してください。

FTPClientConnection100

詳細については、「IDTSFtpClientConnection100」を参照してください。

HttpClientConnection100

詳細については、「HttpClientConnection100Class」を参照してください。

IDTSAccessTokenProvider140
IDTSApplication100

Package オブジェクトを検出し、アクセスするために使用されるメソッドとプロパティを提供します。

IDTSApplication130
IDTSApplication150
IDTSBreakpointManager100

タスクに設定されたすべてのブレークポイントを管理するためのメソッドを提供します。

IDTSBreakpointSite100

Integration Services ランタイムエンジンと、ブレークポイントを公開し、カスタムブレークポイントを作成および管理するためのタスクとの間の相互作用を定義します。

IDTSBreakpointTarget100

詳細については、「BreakpointTarget」を参照してください。

IDTSBreakpointTargets100

IDTSBreakpointTarget100 オブジェクトのコレクションを操作するためのプロパティとメソッドを提供します。

IDTSCloneVariableDispenser100

オリジナルの変数ディスペンサー オブジェクトのクローン コピーを表します。

IDTSComponentEvents100

イベントの発生に使用されるメソッドを備えたインターフェイスを定義します。

IDTSComponentPersist100

コンポーネントやタスクのプロパティと設定を保存して、パッケージ XML から読み込めるようにします。

IDTSComponentPersist130
IDTSConfiguration100

詳細については、「Configuration」を参照してください。

IDTSConfigurationControl100

パッケージが構成を読み込む方法を制御するプロパティを提供します。

IDTSConfigurations100

IDTSConfiguration100 オブジェクトのコレクションを表します。

IDTSConnectionInfo100

詳細については、「ConnectionInfo」を参照してください。

IDTSConnectionInfos100

コンピューターのすべての接続に関する情報が含まれます。 このコレクションには、各接続の詳細を提供する IDTSConnectionInfo100 オブジェクトが含まれます。 このコレクションは、ApplicationClass クラスを使用して利用できます。

IDTSConnectionManager100

データ ソースへの接続を管理するときに使用されるプロパティとメソッドを提供します。

IDTSConnectionManagerCache100

データ接続にキャッシュ変換またはキャッシュ ファイルを使用する接続の管理に関連するプロパティとメソッドを提供します。

IDTSConnectionManagerCacheColumn100

詳細については、「ConnectionManager」を参照してください。

IDTSConnectionManagerCacheColumns100

IDTSConnectionManagerCacheColumn100 オブジェクトのコレクションを操作するためのプロパティとメソッドを提供します。

IDTSConnectionManagerDatabaseParameters100

詳細については、「ConnectionManager」を参照してください。

IDTSConnectionManagerEnableStaging140
IDTSConnectionManagerExcel100

詳細については、「ConnectionManagerExcelClass」を参照してください。

IDTSConnectionManagerFile100

詳細については、「ConnectionManagerFileClass」を参照してください。

IDTSConnectionManagerFlatFile100

このインターフェイスは、ネイティブ接続マネージャーによって使用されます。 詳細については、次のトピックを参照してください。 ConnectionManagerFlatFileClass および ConnectionManagerMultiFlatFileClass

IDTSConnectionManagerFlatFileColumn100

詳細については、「FlatFileColumn」を参照してください。

IDTSConnectionManagerFlatFileColumns100

IDTSConnectionManagerFlatFileColumn100 オブジェクトのコレクションを表します。

IDTSConnectionManagerFtp100

詳細については、「ConnectionManagerFtpClass」を参照してください。

IDTSConnectionManagerHttp100

HTTP 接続の接続マネージャーを表します。

IDTSConnectionManagerInit100

接続マネージャーのプロパティを初期化するためのメソッドを提供します。

IDTSConnectionManagerManagedIdentity140
IDTSConnectionManagerMarshalControl100

マーシャリング制御をサポートしている接続マネージャーにプロパティとメソッドを提供します。

IDTSConnectionManagerVariables100

接続マネージャーに変数と変数ディスペンサーを提供します。

IDTSConnections100

接続マネージャーのコレクションを操作するためのプロパティとメソッドを提供します。

IDTSContainer100

すべてのコンテナーおよびパッケージで使用されるプロパティとメソッドを定義します。

IDTSDataTapConfiguration100

データ タップ構成を操作するためのメソッドを提供します。

IDTSDataTypeInfo100

詳細については、「DataTypeInfo」を参照してください。

IDTSDataTypeInfos100

IDTSDataTypeInfo100 オブジェクトのコレクションを含んでいます。

IDTSDBProviderInfo100

詳細については、「DBProviderInfo」を参照してください。

IDTSDBProviderInfos100

IDTSDBProviderInfo100 オブジェクトのコレクションを含んでいます。

IDTSDowngradableObject100

DTS ダウングレード可能オブジェクトのインターフェイスを表します。

IDTSDowngradeSettings100

ダウングレード設定を表します。

IDTSDumpConfiguration100

DTS のダンプ構成を表します。

IDTSDynamicName100

DTS の動的な名前を表します。

IDTSEnumReferencedObjects100

詳細については、「EnumReferencedObjects」を参照してください。

IDTSError100

詳細については、「DtsError」を参照してください。

IDTSErrors100

IDTSError100 オブジェクトのコレクションを表します。

IDTSEvaluatorContext100

DTS エバリュエーター コンテキストのインターフェイスを表します。

IDTSEventHandler100

詳細については、「EventHandler」を参照してください。

IDTSEventHandlers100

IDTSEventHandler100 オブジェクトのコレクションを表します。

IDTSEventInfo100

詳細については、「EventInfo」を参照してください。

IDTSEventInfos100

IDTSEventInfo100 オブジェクトのコレクションを表します。

IDTSEvents100

イベントのメソッドを定義します。

IDTSEventsProvider100

詳細については、「EventsProvider」を参照してください。

IDTSExecutable100

ランタイム エンジンによって実行されるすべてのオブジェクトが継承および実装する必要のあるメソッドを提供するインターフェイスを表します。

IDTSExecutables100

IDTSExecutable100 オブジェクトのコレクションを表します。

IDTSExecutionLocation100

詳細については、「TaskHost」を参照してください。

IDTSExecutionMetrics100

詳細については、「IDTSExecutionMetrics」を参照してください。

IDTSExecutionPath100

詳細については、「IDTSExecutionPath」を参照してください。

IDTSExpression100

式のインターフェイスを表します。

IDTSExpressionEvaluator100

ExpressionEvaluator オブジェクトのプロパティとメソッドを定義します。

IDTSExtendedProperties100

IDTSExtendedProperty100 オブジェクトのコレクションを表します。

IDTSExtendedProperty100

詳細については、「ExtendedProperty」を参照してください。

IDTSForEachEnumerator100

ForEachEnumerator のプロパティとメソッドを定義します。

IDTSForEachEnumeratorInfo100

詳細については、「ForEachEnumeratorInfo」を参照してください。

IDTSForEachEnumeratorInfos100

ForEachEnumeratorInfo オブジェクトのコレクションのインターフェイスを表します。

IDTSForEachItem100

ForEachItem オブジェクトのインターフェイスを表します。

IDTSForEachItemEnumerator100

ForEachItemEnumerator オブジェクトのインターフェイスを表します。

IDTSForEachItems100

ForEachItems オブジェクトのインターフェイスを表します。

IDTSForEachItemsProvider100

詳細については、「ForEachItemValueEnumerator」を参照してください。

IDTSForEachItemValue100

詳細については、「ForEachItemValue」を参照してください。

IDTSForEachLoop100

ForEach ループ プロセスを定義するインターフェイスを表します。

IDTSForEachVariableMapping100

詳細については、「ForEachVariableMapping」を参照してください。

IDTSForEachVariableMappings100

ForEachVariableMappings オブジェクトのインターフェイスを表します。

IDTSForLoop100

ForLoop プロセスのインターフェイスを表します。

IDTSFtpClientConnection100

FTP クライアント接続のインターフェイスを表します。

IDTSHasInternalProperties100

DTS の内部プロパティを表します。

IDTSHttpClientConnection100

詳細については、「HttpClientConnection100Class」を参照してください。

IDTSInfoEvents100

情報イベント、警告イベント、およびエラー イベントの起動に使用するインターフェイスを定義します。

IDTSLogEntryInfo100

詳細については、「LogEntryInfo」を参照してください。

IDTSLogEntryInfos100

詳細については、「LogEntryInfos」を参照してください。

IDTSLogging100

コンテナーのログ オプションを定義します。

IDTSLoggingOptions100

DTS ログ オプションのインターフェイスを表します。

IDTSLogProvider100

ログ プロバイダーのインターフェイスを実装します。

IDTSLogProviderInfo100

詳細については、「LogProviderInfo」を参照してください。

IDTSLogProviderInfos100

詳細については、「LogProviderInfos」を参照してください。

IDTSLogProviderInit100

初期化されたログ プロバイダーを表します。

IDTSLogProviders100

ログ プロバイダーのインターフェイスを表します。

IDTSManagedForEachEnumeratorWrapper100

ForEach 列挙子のラッパーのインターフェイスを記述します。

IDTSManagedHelper100

マネージド ヘルパーのインターフェイスを指定します。

IDTSManagedHelper140
IDTSManagedHelper150
IDTSManagedPropertyHelper100

マネージド プロパティ ヘルパーを表します。

IDTSManagedSerializer100

マネージド シリアライザーのインターフェイスを記述します。

IDTSManagedTask100

詳細については、「IDTSManagedTask」を参照してください。

IDTSManagedWrapper100

DTS マネージド ラッパーを表します。

IDTSManagedXmlSerializationHelper100

XML シリアル化ヘルパーのインターフェイスを記述します。

IDTSName100

詳細については、「IDTSName」を参照してください。

IDTSObjectHost100

詳細については、「TaskHost」を参照してください。

IDTSObjectReferenceTracker100

変数および接続をパッケージから削除することの影響および結果に関する分析のためのインターフェイスを提供します。

IDTSObjectVersionUpdate100

データ変換サービス オブジェクトのバージョン更新のインターフェイスを表します。

IDTSODBCHandles100

ODBC 接続のネイティブ インターフェイスを定義します。 AcquireConnection(Object) の種類が ODBC である場合、このインターフェイスへの参照が ConnectionManager メソッドから返されます。

IDTSODBCHandles130
IDTSPackage100

Package インターフェイスおよび PackageNeutral インターフェイスによって実装されるインターフェイスを表します。

IDTSPackageInfo100

詳細については、「PackageInfo」を参照してください。

IDTSPackageInfos100

IDTSPackageInfo100 オブジェクトのコレクションを操作するためのプロパティとメソッドを提供します。

IDTSPackageInternal100

内部プロパティを持つ必要のある IDTSPackageInternal100 コンテナーのコレクションによって実装されるインターフェイスを表します。

IDTSPackagePath100

詳細については、「IDTSPackagePath」を参照してください。

IDTSPackagePersist100

パッケージの保存方法を定義します。

IDTSPackagePersist130
IDTSPackageSigning100

パッケージ署名のインターフェイスを表します。

IDTSPackageVersionUpdate100

パッケージのバージョンを更新するメソッドを定義します。

IDTSPackageVersionUpdate130
IDTSParameter100

パッケージ パラメーターとプロジェクト パラメーターの両方で使用される抽象基本クラスのインターフェイスを表します。

IDTSParameters100

パッケージ パラメーターとプロジェクト パラメーター コレクションの両方で使用されるクラスを表します。

IDTSPerfRecorder100

パフォーマンス レコーダーのインターフェイスを表します。

IDTSPersist100

IDTSPersist100 のデータの保存および読み込みを可能にするインターフェイスを定義します。 詳細については、「IDTSPersist」を参照してください。

IDTSPersist130
IDTSPipelineComponentInfo100

詳細については、「PipelineComponentInfo」を参照してください。

IDTSPipelineComponentInfos100

IDTSPipelineComponentInfo100 オブジェクトのコレクションを操作するためのプロパティとメソッドを提供します。

IDTSPrecedenceConstraint100

詳細については、「PrecedenceConstraintClass」を参照してください。

IDTSPrecedenceConstraints100

IDTSPrecedenceConstraint100 オブジェクトのコレクションを操作するためのプロパティとメソッドを提供します。

IDTSProductLevel100

詳細については、「DTSProductLevel」を参照してください。

IDTSProject100

パッケージおよびパラメーターを格納するインターフェイスを表します。

IDTSProjectAccessor100

DTS プロジェクト アクセサーのインターフェイスを表します。

IDTSProjectAccessor150
IDTSProjectConnectionsCreator100

DTS プロジェクトの接続クリエーターを表します。

IDTSProjectPackage100

パッケージを格納する DTS プロジェクトを表します。

IDTSProperties100

IDTSProperty100 オブジェクトのコレクションを含んでいます。

IDTSProperties130
IDTSPropertiesProvider100

式によるプロパティの設定、およびプロパティの列挙可能なコレクションとコンテナーの関連付けを行うための、コンテナーに継承されるインターフェイスを定義します。

IDTSPropertiesProviderEx100

DTS プロパティ プロバイダーの式を表します。

IDTSProperty100

DtsProperty オブジェクトのインターフェイスを表します。

IDTSRunningPackage100

詳細については、「RunningPackage」を参照してください。

IDTSRunningPackages100

IDTSRunningPackage100 オブジェクトのコレクションを含んでいます。

IDTSRuntimeObject100

このインターフェイスは、コンテナーであるネイティブ クラスによって継承され、Microsoft.SqlServer.Dts.Runtime 名前空間のすべてのオブジェクトで実装されます。 詳細については、「DtsObject」を参照してください。

IDTSSelectedLogProviders100

選択した IDTSLogProvider100 オブジェクトのコレクションのインターフェイスを定義します。

IDTSSequence100

詳細については、「Sequence」を参照してください。

IDTSServerExecution100

Integration Services カタログの実行のインスタンスを表します。

IDTSServerUsageControl100

DTS サーバーの使用を制御するためのプロパティを提供します。

IDTSSupportAccessTokenProvider140
IDTSSupportDataTapConfiguration100

データ タップ構成にアクセスするためのメソッドを提供します。

IDTSSupportOffline100

DTS 接続がオフライン モードをサポートしているかどうかを示すプロパティを提供します。

IDTSSupportParentExecutionPath100

親実行パスのサポートを表します。

IDTSSupportPerfRecorder100

パフォーマンス レコーダーのサポートのためのインターフェイスを表します。

IDTSSupportTargetServerVersion130
IDTSSupportVerboseLogging100

詳細ログにアクセスするためのメソッドを定義します。

IDTSSuspend100

詳細については、「IDTSSuspend」を参照してください。

IDTSTask100

Integration Services 内のすべてのタスクのプロパティとメソッドを定義します。

IDTSTaskCreator100

タスクのクリエーターのインターフェイスを表します。

IDTSTaskHost100

詳細については、「TaskHostClass」を参照してください。

IDTSTaskInfo100

詳細については、「TaskInfo」を参照してください。

IDTSTaskInfos100

IDTSTaskInfo100 オブジェクトのコレクションを含んでいます。

IDTSTaskInit100

初期化するタスクのメソッドを定義します。

IDTSTelemetry130
IDTSTelemetry140
IDTSUnsafeVariables100

安全でないすべての変数に対して使用するメソッドを定義します。

IDTSVariable100

パッケージ、タスク、またはコンテナーの変数のインターフェイスを表します。

IDTSVariableCreator100

変数のクリエーターのインターフェイスを表します。

IDTSVariableDispenser100

変数ディスペンサー クラスを表します。 詳細については、「VariableDispenserClass」を参照してください。

IDTSVariableLock100

変数のロックのメソッドを定義します。

IDTSVariables100

IDTSVariable100 オブジェクトのコレクションを操作するためのプロパティとメソッドを提供します。

IDTSWarning100

詳細については、「DtsWarning」を参照してください。

IDTSWarnings100

警告のコレクションのプロパティとメソッドを定義します。

ISequentialStream

ストリーム オブジェクトのメソッドを順に定義します。

IStream

ストリーム オブジェクトのデータの読み書きをサポートするインターフェイスを提供します。

ITaskSupportProject100

プロジェクトをサポートするタスクのメソッドを定義します。

LogProviderEventLog

詳細については、「LogProviderEventLogClass」を参照してください。

LogProviderHost

詳細については、「LogProviderHostClass」を参照してください。

LogProviderSQLProfiler

詳細については、「LogProviderSQLProfilerClass」を参照してください。

LogProviderSQLServer

詳細については、「LogProviderSQLServerClass」を参照してください。

LogProviderTextFile

詳細については、「LogProviderTextFileClass」を参照してください。

LogProviderXMLFile

詳細については、「LogProviderXMLFileClass」を参照してください。

Package

詳細については、「PackageClass」を参照してください。

PackageNeutral

詳細については、「PackageNeutralClass」を参照してください。

PackageRemote32

リモート 32 ビット パッケージのインターフェイスを表します。

PackageRemote64

リモート 64 ビット パッケージのインターフェイスを表します。

Parameter

詳細については、「ParameterClass」を参照してください。

PrecedenceConstraint

詳細については、「PrecedenceConstraintClass」を参照してください。

ProjectConnectionsCreator

詳細については、「ProjectConnectionsCreatorClass」を参照してください。

ProjectConnectionsCreatorNeutral

詳細については、「ProjectConnectionsCreatorNeutralClass」を参照してください。

Properties
ReplacementTask

詳細については、「ReplacementTaskClass」を参照してください。

Sequence

詳細については、「SequenceClass」を参照してください。

TaskCreator32

32 ビット タスク クリエーターを表します。

TaskCreator64

タスク クリエーター クラスを表します。

TaskHost

詳細については、「TaskHostClass」を参照してください。

Variable

詳細については、「VariableClass」を参照してください。

VariableCreator

変数のクリエーターを表します。

VariableDispenser

詳細については、「VariableDispenserClass」を参照してください。

列挙型

DataType

データ フロー コンポーネントおよびデータ フロー バッファーの列のデータ型を示します。

DTS_MANAGED_INFO_TYPE

マネージド データ型の情報を指定する列挙です。

DTSBreakpointHitTest

ヒット カウントの種類に対して値を列挙します。

DTSCheckpointUsage

パッケージが再起動される条件とタイミングを示す値を指定します。

DTSConfigurationType

パッケージの構成の保存方法を指定します。

DTSConnectionManagerScope

詳細については、「DTSConnectionManagerScope」を参照してください。 接続マネージャーのスコープ レベルを指定します。

DTSEvaluatorContextOption

エバリュエーター コンテキストのオプションを指定します。

DTSEventFilterKind

ログ記録に設定されたイベント フィルターの種類を表します。

DTSExcelVersion

この列挙は、OLEDB プロバイダーの接続文字列から、Excel 接続マネージャーの正しいバージョンに、拡張プロパティをマップします。 詳細については、「ConnectionManagerExcelClass」を参照してください。

DTSExecResult

タスクの実行結果を示す値を提供します。

DTSExecStatus

呼び出し時におけるタスクの実行またはコンテナー オブジェクトの現在の状態を示す値を格納します。

DTSExecutionLocation

DTS の実行場所を指定します。

DTSFileConnectionUsageType

コンポーネント クライアントによる接続の使用方法に関する情報を提供します。

DTSForcedExecResult

コンテナーの ForceExecutionValue が true に設定されている場合に、コンテナーの実行結果を指定します。

DTSLogEntryFrequency

ログ プランニングを支援するために使用されるログ スキームに対応する値を提供します。

DTSLoggingMode

コンテナーのログ記録動作を指定します。 コンテナーでは、ログ記録を有効または無効にすることも、使用する設定として親コンテナーの設定を指定することもできます。

DTSObjectHostType

他のタスクまたはコンテナーをホストしているコンテナーの種類を表します。

DTSObjectReferenceType

ObjectReferenceTracker クラスが影響分析を提供するオブジェクトの種類を指定します。 この列挙は、EnumReferencedObjects クラスで使用されます。このクラスは、Package メソッド内の FindReferencedObjects(Object) クラスで使用されます。

DTSPackageInformationFlags

パッケージがフォルダーであるかパッケージであるかを表します。 これは、Flags プロパティに有効な値を設定するために使用されます。

DTSPackageType

パッケージを作成したツールを識別します。

DTSPipelineComponentType

パイプライン コンポーネントをカテゴリで分類します。

DTSPrecedenceEvalOp

優先順位制約が使用する評価演算を表します。

DTSPriorityClass

クラス内のスレッドの優先度を表します。

DTSProductLevel

SQL Server 製品のエディションを指定します。

DTSPropertyKind

プロパティの種類を表す値を格納します。

DTSProtectionLevel

パッケージ内の機密情報の扱いを制御します。

DTSProviderSubType

特定の OLE DB プロバイダーを識別します。 ProviderType が OLE DB である場合、列挙値は、そのプロバイダーによって使用されるデータ型の形式も識別します。

DTSProviderType

格納されているプロバイダーの種類を表します。

DTSServerParameterType

DTS サーバーのパラメーターの型を指定します。

DTSSignatureStatus

デジタル署名の状態を示します。

DTSTargetServerVersion
DTSTransactionOption

トランザクションをサポート可能かどうかと、コンテナーがトランザクションに参加するかどうかを表します。

注釈

プライマリ相互運用機能アセンブリについて、およびマネージ クラスがラッパー クラスと連携する方法については、MSDN ライブラリにある『.NET Framework 開発者ガイド』の、「COM ラッパー」および「COM への .NET Framework コンポーネントの公開」を参照してください。