FileSystemTask.DebugMode プロパティ

定義

ブレークポイントが有効かどうかをタスクで確認する必要があるかどうかを示すブール値。

public:
 property bool DebugMode { bool get(); void set(bool value); };
public bool DebugMode { get; set; }
member this.DebugMode : bool with get, set
Public Property DebugMode As Boolean

プロパティ値

Boolean

タスクが有効なブレークポイントを確認する必要がある場合は true。それ以外の場合は false。

実装

注釈

IsBreakpointTargetEnabled 関数は、タスクがコード内のブレークポイントに到達するたびに呼び出されます。 関数を呼び出して IsBreakpointTargetEnabled ブレークポイントターゲットが有効になっているかどうかを確認すると、繰り返し呼び出された場合、 DebugMode 実行可能ファイルがデバッグされるかどうかを示すフラグが使用されます。 このフラグを false に設定すると、タスクはブレークポイントが有効かどうかを確認する呼び出しを行いません。 値が true の場合、タスクが有効なブレークポイントを確認する必要があることを示し、IsBreakpointTargetEnabled を呼び出します。

適用対象