PolicyExtender.RootName PolicyExtender.RootName PolicyExtender.RootName Property

定義

ルート レベルの名前を取得、ObjectSetです。 Gets the name of the root level of the ObjectSet.

public:
 property System::String ^ RootName { System::String ^ get(); };
[Microsoft.SqlServer.Management.Sdk.Sfc.ExtendedProperty("Condition")]
public string RootName { get; }
Public ReadOnly Property RootName As String
プロパティ値

ルート レベルの名前を格納する文字列値、ObjectSetです。 A string value that contains the name of the root level of the ObjectSet.

注釈

ObjectSet のルート レベルの名前は、ポリシーの適用先のドメインを推測するために使用されます。The name of the root level of the ObjectSet is used to infer the domain the policy applies to. この名前は、オブジェクトの取得元の階層のルート型を参照します。It points to the root type of the hierarchy where objects come from. たとえば、標準的な SQL Server ポリシーでは SMO オブジェクトを使用します。For example, regular SQL Server policies work with SMO objects. そのパスは、Server/Database[@Name='msdb'] のようにサーバーから始まります。Their paths start with server, such as, Server/Database[@Name='msdb']. "Server" がルート名です。"Server" is the root name. これは SqlServer リレーショナル ドメインを示します。It indicates a SqlServer relational domain. ユーティリティ オブジェクトのパスは、Utility/Server[@Name='myserver']/Database[@Name='msdb'] のように異なります。A utility object would have a different path, such as, Utility/Server[@Name='myserver']/Database[@Name='msdb']. この場合、"Utility" がルート名です。In this case, "Utility" is the root name.

適用対象