Catalog Class

Definition

Integration Services データベースを表します。 Represents an Integration Services database.

[Microsoft.SqlServer.Management.Sdk.Sfc.LocalizedPropertyResources("Microsoft.SqlServer.Management.IntegrationServices.LocalizableResources")]
[System.ComponentModel.TypeConverter(typeof(Microsoft.SqlServer.Management.Sdk.Sfc.LocalizableTypeConverter))]
public sealed class Catalog : Microsoft.SqlServer.Management.Sdk.Sfc.SfcInstance, Microsoft.SqlServer.Management.Common.IAlterable, Microsoft.SqlServer.Management.Common.ICreatable, Microsoft.SqlServer.Management.Common.IDroppable, Microsoft.SqlServer.Management.Sdk.Sfc.ISfcAlterable, Microsoft.SqlServer.Management.Sdk.Sfc.ISfcCreatable, Microsoft.SqlServer.Management.Sdk.Sfc.ISfcDroppable
Inheritance
Microsoft.SqlServer.Management.Sdk.Sfc.SfcInstance
Catalog
Attributes
Microsoft.SqlServer.Management.Sdk.Sfc.LocalizedPropertyResourcesAttribute TypeConverterAttribute
Implements
Microsoft.SqlServer.Management.Common.IAlterable Microsoft.SqlServer.Management.Common.ICreatable Microsoft.SqlServer.Management.Common.IDroppable Microsoft.SqlServer.Management.Sdk.Sfc.ISfcAlterable Microsoft.SqlServer.Management.Sdk.Sfc.ISfcCreatable Microsoft.SqlServer.Management.Sdk.Sfc.ISfcDroppable

Constructors

Catalog(IntegrationServices)
Catalog(IntegrationServices, String, String)

新しいインスタンスを初期化、Catalog指定した親、名前とパスワードを持つクラス。 Initializes a new instance of the Catalog class with the specified parent, name and password.

Properties

CustomizedLoggingLevels

カスタマイズされたログ記録レベルのコレクション The customized logging level collection

DefaultExecutionMode

既定ではスケール アウトで実行します。 Execute in scale out by default

EncryptionAlgorithm

カタログで使用する暗号化アルゴリズムを取得します。 Gets the encryption algorithm used in a catalog.

Executions

実行コレクションを取得します。 Gets the execution collection.

Folders

フォルダー コレクションを取得します。 Gets the folder collection.

IdentityKey

ID キーを取得します。 Gets the identity key.

MaxProjectVersions

プロジェクトごとに格納されるバージョンの最大数を取得または設定します。 Gets or sets the maximum number of stored versions per project.

Name

カタログの名前を取得または設定します。 Gets or sets the name of the catalog.

OperationCleanupEnabled

操作のクリーンアップを有効にするかどうかを示す値を取得または設定します。 Gets or sets a value that indicates whether the operation cleanup is enabled.

OperationLogNumberOfRecords

レコードの操作ログの数を取得します。 Gets the operation log number of records.

OperationLogRetentionTime

操作ログの保有期間を取得または設定します。 Gets or sets the retention period for the operation logs.

OperationLogSize

操作ログのサイズを取得します。 Gets the size of the operation log.

Operations

操作コレクションを取得します。 Gets the operation collection.

Parent

親を取得または設定します。 Gets or sets the parent.

ScaleOutEnabled

カタログのスケール アウトを有効にします。 Enable scale out for the catalog

SchemaBuild

カタログのスキーマ ビルドを取得します。 Gets the schema build of the catalog.

SchemaVersion

カタログのスキーマ バージョンを取得します。 Gets the schema version of the catalog.

ServerCustomizedLoggingLevel

パッケージの実行中にキャプチャされている詳細のサーバー全体の既定のレベル。 The server-wide default level of details that are captured during package execution.

ServerLoggingLevel

カタログで使用されるログ記録レベルの種類を取得します。値の設定も可能です。 Gets or sets the logging level type used in the catalog.

Validations

検証コレクションを取得します。 Gets the validation collection.

VersionCleanupEnabled

バージョンのクリーンアップを有効にするかどうかを示す値を取得または設定します。 Gets or sets a value that indicates whether the version cleanup is enabled.

VersionLogNumberOfRecords

レコードのバージョン ログの数を取得します。 Gets the version log number of records.

VersionLogSize

カタログのバージョン ログのサイズを取得します。 Gets the size of the version log of the catalog.

Methods

Alter()

バックエンド サーバーでカタログを変更します。 Alters the catalog in the back-end server.

ChangeEncryptionAlgorithm(Catalog+Encryption)

暗号化アルゴリズムを変更します。 Changes the encryption algorithm.

ConfigureAlwaysOnSupport(List<ReplicaDataInfo>)

メイン fucntion alwayson の SSIS サポートを構成するには Main fucntion to configure SSIS support for alwayson

Create()

バックエンド サーバーでカタログを作成します。 Creates the catalog in the back-end server.

Create(Boolean)

バックエンド サーバーでカタログを作成します。 Creates the catalog in the back-end server.

Drop()

バックエンド サーバーでカタログを削除します。 Indicates the drop in the back-end server.

EnableScaleout()

複数のパッケージ実行の SSIS のスケール アウトを有効にします。 Enable SSIS Scale Out for multiple package executions.

GetObjectFactory()

新しいインスタンスを作成するファクトリを取得します。 Gets the factory to create a new instance.

InitialSupportForAlwaysOnPrimary()

この関数は、プライマリ ノードとして準備ができているインスタンスの一部の初期化に使用します。 This function is used to do some initialization for an instance prepared as a primary node

InitialSupportForAlwaysOnSecondary(String)

この関数は、セカンダリ ノードとして現在のインスタンスを準備するときに呼び出されます。 This function is called when current instance is prepared as secondary node. ドロップ場合を除き、SSISDB カタログ SSIS のすべてのものでは、alwayson セカンダリ関数が例外をスローするためにサポートが有効にします。 Drop everything of SSIS catalog except SSISDB if enable support for alwayson secondary functions throw exception.

ScriptAlter()

カタログを変更するスクリプトを示します。 Determines the script to alter the catalog.

ScriptCreate()

カタログを作成するスクリプトを示します。 Determines the script to create the catalog.

ScriptDrop()

カタログを削除するスクリプトを示します。 Determines the script to drop the catalog.

Explicit Interface Implementations

ISfcDiscoverObject.Discover(ISfcDependencyDiscoveryObjectSink)

子を IsCrudActionHandledByParent が検出するかどうかを示す false (既定値) をアクション スクリプトに CRUD スクリプトを蓄積します。 Specifies whether to discover children and if their IsCrudActionHandledByParent is false (default), accumulate their CRUD scripts to the action script.

Applies to