ScriptingOptions.ScriptDrops ScriptingOptions.ScriptDrops ScriptingOptions.ScriptDrops Property

定義

取得または設定、Booleanスクリプト操作は、Transact を生成するかどうかを指定するプロパティ値-参照先コンポーネントを削除する SQL スクリプト。 Gets or sets the Boolean property value that specifies whether the script operation generates a Transact-SQL script to remove the referenced component.

public:
 property bool ScriptDrops { bool get(); void set(bool value); };
public bool ScriptDrops { get; set; }
Public Property ScriptDrops As Boolean
プロパティ値

オブジェクトを削除する削除句を、生成されるスクリプトに含めるかどうかを示す Boolean 値です。 A Boolean value that specifies whether to include drop clauses to remove objects in the generated script. 場合True、スクリプト操作を生成する Transact-参照先コンポーネントを削除する SQL スクリプト。 If True, the script operation generates a Transact-SQL script to remove the referenced component. 場合False(既定)、スクリプト操作を生成する Transact-参照するコンポーネントを作成する SQL スクリプト。 If False (default), the script operation generates a Transact-SQL script to create the referenced component.

次のコード例では、参照されたコンポーネントをスクリプトの実行後に削除するように指定します。The following code example specifies that the referenced component will be dropped after the script is run.

Visual BasicVisual Basic

Dim scOps As New ScriptingOptions()  
scOps.ScriptDrops = true  

PowerShellPowerShell

$scOps = New-Object Microsoft.SqlServer.Management.Smo.ScriptingOptions  
$scOps.ScriptDrops = $TRUE  

注釈

このオプションを True に設定した場合は、オブジェクトを削除する前にその存在が確認されます。If the option is set to True, the script tests for existence before attempting to remove an object.

この表には、ScriptSchema、ScriptData、および ScriptDrops のプロパティ値の組み合わせに基づいたスクリプト作成時の動作が示されています。The table indicates the scripting behavior based on the combination of ScriptSchema, ScriptData, and ScriptDrops property values.

プロパティ値Property Values スクリプト作成時の動作Scripting Behavior
ScriptSchema = TrueScriptSchema = True

ScriptData = FalseScriptData = False

ScriptDrops = FalseScriptDrops = False
スキーマのみがスクリプト化されます。Only the schema will be scripted. 既定値です。This is the default.
ScriptSchema = TrueScriptSchema = True

ScriptData = TrueScriptData = True

ScriptDrops = FalseScriptDrops = False
スキーマとデータの両方がスクリプト化されます。Both the schema and the data will be scripted. 生成されたスクリプトはまずテーブルを作成してからデータを挿入するため、既存のデータに対する DROP ステートメントはスクリプト化されません。The Drop statement for existing data will not be scripted because the script generated will first create the table and then insert the data. 最初は、テーブルにデータが存在しません。Data does not exist in the tables to begin with.
ScriptSchema = TrueScriptSchema = True

ScriptData = FalseScriptData = False

ScriptDrops = TrueScriptDrops = True
オブジェクトを削除するステートメントだけがスクリプト化されます。Only statements for objects to be dropped will be scripted.
ScriptSchema = TrueScriptSchema = True

ScriptData = TrueScriptData = True

ScriptDrops = TrueScriptDrops = True
スクリプトには、オブジェクトに対する DROP ステートメントが含まれます。The script will contain Drop statement for objects. オブジェクトが削除されるときにデータも削除されるため、DELETE ステートメントはスクリプト化されません。Because data will be deleted when the objects are dropped, Delete statements will not be scripted.
ScriptSchema = FalseScriptSchema = False

ScriptData = FalseScriptData = False

ScriptDrops = 任意の値ScriptDrops = any value
少なくとも ScriptSchema プロパティと ScriptData プロパティのどちらかを True に設定する必要があることをユーザーに通知するエラーが発生します。An error will be raised informing the user that at least one of ScriptSchema and ScriptData properties must be set to true.
ScriptSchema = FalseScriptSchema = False

ScriptData = TrueScriptData = True

ScriptDrops = FalseScriptDrops = False
データのみがスクリプト化されます。Only the data will be scripted. 新しいデータを挿入する前に既存のデータを削除するための DELETE ステートメントはスクリプト化されません。Delete statements for removing existing data before inserting new data will not be scripted.
ScriptSchema = FalseScriptSchema = False

ScriptData = TrueScriptData = True

ScriptDrops = TrueScriptDrops = True
データを削除するスクリプトのみが生成されます。Only the script for dropping data will be generated. この動作は、スキーマの処理方法と同じになります。This behavior is consistent with how the schema is handled.

適用対象