NativeSqlConnectionException クラス

定義

一括コピー操作の間に ODBC ドライバーまたは OLEDB プロバイダーでエラーが発生するとスローされる例外です。

public ref class NativeSqlConnectionException : Microsoft::SqlServer::Replication::ReplicationAgentException
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(false)]
[System.Serializable]
public class NativeSqlConnectionException : Microsoft.SqlServer.Replication.ReplicationAgentException
[<System.Runtime.InteropServices.ComVisible(false)>]
[<System.Serializable>]
type NativeSqlConnectionException = class
    inherit ReplicationAgentException
Public Class NativeSqlConnectionException
Inherits ReplicationAgentException
継承
NativeSqlConnectionException
属性

注釈

ODBC と OLEDB は、データを一括コピーして初期スナップショットを生成するときに使用されます。

コンストラクター

NativeSqlConnectionException()

NativeSqlConnectionException クラスの新しいインスタンスを作成します。

NativeSqlConnectionException(SerializationInfo, StreamingContext)

シリアル化されたデータを使用して NativeSqlConnectionException クラスの新しいインスタンスを作成します。

NativeSqlConnectionException(String)

指定したエラー メッセージを使用して NativeSqlConnectionException クラスの新しいインスタンスを作成します。

NativeSqlConnectionException(String, Exception)

指定したエラー メッセージとこの例外の原因になった内部例外への参照を使用して、NativeSqlConnectionException クラスの新しいインスタンスを作成します。

プロパティ

ErrorSource

エラーのソースです。

MessageCode

基になるエラーのエラー コードを取得します。

(継承元 ReplicationAgentException)
SqlState

エラーの Microsoft SQL Server SQL 状態を示します。

メソッド

GetObjectData(SerializationInfo, StreamingContext)

例外に関する情報で指定した SerializationInfo を設定します。

適用対象