Microsoft.SqlServer.Server Namespace

Microsoft.SqlServer.Server 名前空間には、Microsoft .NET Framework 共通言語ランタイム (CLR: Common Language Runtime) を Microsoft SQL Server および SQL Server データベース エンジン プロセスの実行環境に統合するために特有のクラス、インターフェイス、および列挙体が含まれています。 The Microsoft.SqlServer.Server namespace contains classes, interfaces, and enumerations that are specific to the integration of the Microsoft .NET Framework common language runtime (CLR) into Microsoft SQL Server, and the SQL Server database engine process execution environment.

クラス

InvalidUdtException

SQL Server または ADO.NET の System.Data.SqlClient プロバイダーが、無効なユーザー定義型 (UDT) を検出した場合にスローされます。Thrown when SQL Server or the ADO.NET System.Data.SqlClient provider detects an invalid user-defined type (UDT).

SqlContext

呼び出し元のコンテキストを抽象化し、SqlPipeSqlTriggerContextWindowsIdentity の各オブジェクトへのアクセスを提供します。Represents an abstraction of the caller's context, which provides access to the SqlPipe, SqlTriggerContext, and WindowsIdentity objects. このクラスは継承できません。This class cannot be inherited.

SqlDataRecord

単一行のデータおよびそのメタデータを表します。Represents a single row of data and its metadata. このクラスは継承できません。This class cannot be inherited.

SqlFacetAttribute

結果として返されるユーザー定義型 (UDT) に、Transact-SQL で使用可能な補足情報を含む注釈を付けます。Annotates the returned result of a user-defined type (UDT) with additional information that can be used in Transact-SQL.

SqlFunctionAttribute

ユーザー定義集計のメソッド定義を SQL Server の関数として宣言する場合に使用します。Used to mark a method definition of a user-defined aggregate as a function in SQL Server. この属性には、型を SQL Server に登録する際に使用される物理的な特性を反映した、いくつかのプロパティが格納されます。The properties on the attribute reflect the physical characteristics used when the type is registered with SQL Server.

SqlMetaData

SqlDataRecord オブジェクトのパラメーターおよび列からメタデータ情報を指定して取得します。Specifies and retrieves metadata information from parameters and columns of SqlDataRecord objects. このクラスは継承できません。This class cannot be inherited.

SqlMethodAttribute

ユーザー定義型 (UDT) が持つメソッドまたはプロパティの決定論とデータ アクセス プロパティを示します。Indicates the determinism and data access properties of a method or property on a user-defined type (UDT). この属性には、型を SQL Server に登録する際に使用される物理的な特性を反映した、いくつかのプロパティが格納されます。The properties on the attribute reflect the physical characteristics that are used when the type is registered with SQL Server.

SqlPipe

このクラスを使用すると、SQL Server データベース上でインプロセスで実行されるマネージド ストアド プロシージャから、呼び出し元に結果を返すことができます。Allows managed stored procedures running in-process on a SQL Server database to return results back to the caller. このクラスは継承できません。This class cannot be inherited.

SqlProcedureAttribute

アセンブリ内のメソッド定義をストアド プロシージャとして宣言する場合に使用します。Used to mark a method definition in an assembly as a stored procedure. この属性には、型を SQL Server に登録する際に使用される物理的な特性を反映した、いくつかのプロパティが格納されます。The properties on the attribute reflect the physical characteristics used when the type is registered with SQL Server. このクラスは継承できません。This class cannot be inherited.

SqlTriggerAttribute

アセンブリ内のメソッド定義をトリガーとして宣言して、SQL Server に登録する場合に使用します。Used to mark a method definition in an assembly as a trigger in SQL Server. この属性には、型を SQL Server に登録する際に使用される物理的な属性を反映した、いくつかのプロパティが格納されます。The properties on the attribute reflect the physical attributes used when the type is registered with SQL Server. このクラスは継承できません。This class cannot be inherited.

SqlTriggerContext

発生したトリガーに関する文脈情報を提供します。Provides contextual information about the trigger that was fired.

SqlUserDefinedAggregateAttribute

型をユーザー定義集計として登録する必要があることを示します。Indicates that the type should be registered as a user-defined aggregate. この属性には、型を SQL Server に登録する際に使用される物理的な属性を反映した、いくつかのプロパティが格納されます。The properties on the attribute reflect the physical attributes used when the type is registered with SQL Server. このクラスは継承できません。This class cannot be inherited.

SqlUserDefinedTypeAttribute

アセンブリ内の型定義をユーザー定義型 (UDT) として宣言して、SQL Server に登録する場合に使用します。Used to mark a type definition in an assembly as a user-defined type (UDT) in SQL Server. この属性には、型を SQL Server に登録する際に使用される物理的な特性を反映した、いくつかのプロパティが格納されます。The properties on the attribute reflect the physical characteristics used when the type is registered with SQL Server. このクラスは継承できません。This class cannot be inherited.

インターフェイス

IBinarySerialize

ユーザー定義型 (UDT) およびユーザー定義集計のシリアル化と逆シリアル化に対し、カスタム実装を提供します。Provides custom implementation for user-defined type (UDT) and user-defined aggregate serialization and deserialization.

列挙型

DataAccessKind

ユーザー データに対するユーザー定義のメソッドまたは関数のアクセスの種類を表します。Describes the type of access to user data for a user-defined method or function.

Format

SqlUserDefinedTypeAttribute および SqlUserDefinedAggregateAttribute がユーザー定義型 (UDT) または集計のシリアル化形式を指定するときに使用します。Used by SqlUserDefinedTypeAttribute and SqlUserDefinedAggregateAttribute to indicate the serialization format of a user-defined type (UDT) or aggregate.

SystemDataAccessKind

システム データに対するユーザー定義のメソッドまたは関数のアクセスの種類を表します。Describes the type of access to system data for a user-defined method or function.

TriggerAction

TriggerAction 列挙体は、トリガーの発生源となったアクションを示す際に、SqlTriggerContext クラスによって使用されます。The TriggerAction enumeration is used by the SqlTriggerContext class to indicate what action fired the trigger.

注釈

クラス属性を使用して、Microsoft.SqlServer.Server名前空間を作成できますストアド プロシージャ、トリガー、ユーザー定義型、ユーザー定義関数 (スカラーおよびテーブル値)、およびユーザー定義集計関数でサポートされている任意の .NET Framework言語。Using the attribute classes in the Microsoft.SqlServer.Server namespace, you can create stored procedures, triggers, user-defined types, user-defined functions (both scalar and table-valued), and user-defined aggregate functions in any supported .NET Framework language. SQL Server にも登録できます。You can also register them in SQL Server.

クエリ、SqlContextクラスを現在実行中のコードが、SQL Server データベース エンジン プロセスで実行されているかどうかを判断します。Query the SqlContext class to determine whether the currently executing code is running in the SQL Server database engine process. これは、ユーザーがサーバーで、マネージ ストアド プロシージャまたは関数を呼び出すときに、またはユーザーの操作には、マネージ コードのトリガーが起動されたときに、呼び出し元のコンテキストも提供します。This also provides the caller's context when a user calls a managed stored procedure or function on the server, or when a user's action fires a managed code trigger.

SqlContextクラスには、 SqlPipe 、使用される結果はから返されるオブジェクトをクライアントにストアド プロシージャをSqlTriggerContext、トリガーの発生の原因となった操作に関する情報を提供するオブジェクトとWindowsIdentityオブジェクトは、クライアントが認証に統合セキュリティを使用する場合は、呼び出し元のクライアントの id を特定するために使用できます。The SqlContext class provides a SqlPipe object, through which results are returned to the client from a stored procedure, a SqlTriggerContext object, which provides information about the operation that caused a trigger to be fired, and a WindowsIdentity object, which can be used to determine the identity of the calling client when the client used integrated security for authentication.

SQL Server の CLR 統合と、Api の詳細については、Microsoft.SqlServer.Server名前空間を参照してくださいSQL Server のドキュメントします。For more information about SQL Server CLR integration and the APIs in the Microsoft.SqlServer.Server namespace, see SQL Server Documentation.